【Word2016】文字にふりがな(ルビ)を付けたい

高齢者のためのワード教室

読みづらい名前や住所などにつけるといいのが「ふりがな」。Excelでは「ふりがな」、Wordでは「ルビ」と呼んでいます。

先日、Excelのふりがなの表示方法についてご紹介したところ、Wordでふりがなを付けるにはどうすればいいのかと質問がありましたので、ご紹介します。

参照 【Excel2016】文字にルビ(ふりがな・よみがな)を表示させるには

スポンサーリンク

Word2016でルビ(ふりがな)をふる方法

ルビを振りたい文字を選択してルビボタン

ルビ(ふりがなのこと。以下はルビとします)を振りたい文字列を選択し、「ホーム」タブをクリック→「ルビ」ボタンをクリックします。

「ルビ」という画面が表示されたら、

  • 「対象文字列」にルビを振る文字列が反映されていること
  • 「ルビ」にルビとして振りたい文字列が入っていること

を確認してOKボタンをクリックします。

選択した文字列の上にルビが振られているのを確認しましょう。

ルビに入っている文字列が間違っていたら

万が一、ふりがな(ルビ)に表示されている文字が違う場合は、該当する文字枠に入っている文字を修正してください。

特に人名や地名など読み方が分からず思いつく読み方で入力、変換した時には修正が必要になります。

スポンサーリンク

Word2016のルビ設定でできることをまとめてみた

「ルビ」ボタンをクリックすると、「ルビ」画面が表示されます。ルビが間違いなく振られていればOKボタンをクリックすればルビが設定できますが、ルビの設定を変更するとより見やすく、読みやすくなることもあります。

ルビの設定画面をひとつずつ確認しながらその役割を見ていきましょう。

Word2016のルビの画面にある4つのボタンの役割とは

「ルビ」の画面の右側に4つのボタンが、上から

  • 文字列単位
  • 文字単位
  • ルビの解除
  • 変更を元に戻す

と並んでいます。

先ほどの例で挙げた「説明」の場合、4つのボタンのうち一番上にある「文字列全体」がグレーアウト(クリックできない)しています。これは、いま選択している文字列をひとつの単位としてルビを振っている状態です。

では、一つ下のボタン「文字単位」をクリックしてみます。

先ほどグレーアウトしていた「文字列単位」ボタンがクリックできるようになり、代わりに「文字単位」がグレーアウトしましたね。

それから、対象文字列が「説」と「明」に分かれ、ルビが「せつ」と「めい」に分かれました。

もうお分かりですね。文字1文字ごとにルビを振ることができる設定が「文字単位」、選択した文字列を1つの単位としてルビを振ることができる「文字列単位」が選べるようになっています。

極端な例として「天照大御神」という文字列にルビを振ってみると変化がよく分かるかもしれません。

まずは文字列単位。

次は文字単位。

プレビューを見ると変化が分かりやすいかと思います。特に「照」という1文字にルビが3つふられると「照」の漢字の両端にすこし空白が空きます。

このことから考えると、漢字1文字に対してルビが3文字以上振られる場合は、「文字列単位」を使ったほうが見栄えがよくなるということが分かりますね。

3つ目の「ルビの解除」ボタンはその名の通り、ルビを振るのをやめるときに使います。

また、4つ目の「変更を元に戻す」ボタンは、ルビのボタンをクリックしたあと、この「ルビ」の画面が表示されたときのルビにリセットするときに使います。

Word2016のルビの画面でできる「配置」とは

ルビの画面にある「配置」とは、選択した文字列のどこにルビを振るかが設定できるもの。

  • 中央揃え
  • 均等割り付け
  • 均等割り付け2
  • 左揃え
  • 右揃え

が選択できるようになっています。一番よく使われるルビの配置は均等割り付けです。いろいろ設定を変えてみて見やすい、読みやすいものを選択するといいと思います。

Word2016のルビの画面でできる「フォント」と「サイズ」とは

これは説明不要かもしれませんが、フォントは選択した文字列に設定されているフォントが反映されているので、選択した文字列とは違うフォントを使いたい場合はこちらからフォントを変えることができます。

Word2016のルビの画面でできる「オフセット」とは

Wordの「ルビ」の画面で設定できる「オフセット」を使えば、選択した文字列とルビの距離を設定することができます。通常は0ptが設定されていますが、数字を上げれば選択した文字列から離れ、数字を下げれば選択した文字列に近づきます。

オフセットとは、文字列とルビの距離と理解してもらえばよいかと思います。

通常、ルビのサイズを変更しない限り、オフセットを変更することは少ないと思いますが、ルビのサイズを変更したときは合わせてオフセットのpt数も変更されるとルビがつぶれることがないと思います。
スポンサーリンク

1つの文書にいくつも出てくる同じ文字列に一気にルビを振る方法は

1つの文書内に何度も同じ文字列があり、それらすべてにルビを振りたい場合、文字列をひとつずつ選択してルビを振るのではなく、文字列をひとつだけ選択し、ルビを振るときに「すべて適用」ボタンをクリックするだけでOKです。

ルビの画面で「すべて適用」ボタンをクリックすると、小窓で「ルビの変更確認」が開いてきます。すべて変更すればいいのであれば「すべて変更」ボタンをクリックします。

「次を検索」ボタンを使えばひとつずつ検索しながらルビを振るかを確認しながら設定できます。

スポンサーリンク

Word2016でふりがな(ルビ)を付ける方法のまとめ。

Excelと比べるとWordは一気にふりがな(ルビ)を付けることに制限がかかってしまいますが、より読みやすいふりがな(ルビ)を付けることができるし、書式の設定もいろいろと変更できます。

特に人名や地名などに関してはこのふりがな(ルビ)を付けてあげると読んでいる人にも正確に情報として伝わりますので、読み間違いやすいものなども含めて設定してもらえるといいなと思います。

【Excel2016】文字にルビ(ふりがな・よみがな)を表示させるには
文字の上に読み仮名(ふりがな、ルビともいう)を付けることがあります。Wordには「ルビ」という機能がありますが、Excelでの読み仮名(ふりがな・ルビ)を付ける方法はないのかとご相談がありました。 Excelでは文字の上にふりがなを振る方...
スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのワード教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室