【Word2016】文字にふりがな(ルビ)を付けたい

以前、【Excel2016】文字にルビ(ふりがな)を表示させるにはで、Excelでのふりがなの付け方を書いたところ、Wordでふりがなを付ける方法も教えてほしいとリクエストをいただいたので、Word2016で文字にふりがなを付ける方法について書きます。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

Word2016でのふりがな(ルビ)の付け方

まずふりがな(ルビ)を付けたい文字列を選択しておき、<ホーム>タブをクリックした中にある「ルビ」ボタンをクリックします。

ふりがな(ルビ)を設定する画面が表示されます。

ここで、ふりがな(ルビ)が間違っていなければOKボタンをクリックします。さきほど選択した文字の上にふりがな(ルビ)が表示されているのが確認できるでしょうか。

万が一、ふりがな(ルビ)に表示されている文字が違う場合は、該当する文字枠入っている文字を修正してください。特に人名や地名など読み方が分からず思いつく読み方で入力、変換した時には修正が必要になります。

Word2016のふりがな(ルビ)の設定について

さきほど登場したふりがな(ルビ)を設定する画面ではいくつかの設定項目があります。ひとつずつ見ていきましょう。

一般的にはこのいくつかの設定項目は使わなくてもふりがな(ルビ)を付けることはできますが、見た目など修正したいことがあれば設定項目を活用しましょう。

文字列全体と文字単位

これは、ふりがな(ルビ)を文字列全体でひとつのふりがな(ルビ)を設定するのか、それとも1文字ずつの上に相当するふりがな(ルビ)を設定するのかということを変更することができます。例として「天照大御神」という神様の名前をお借りしてみました。

<ホーム>タブの中にある「ルビ」ボタンを押した直後はこんな感じです。

では、文字列全体というボタンをクリックしてみます。

変化の違い、分かりますか?「てらす」というところに違いが出ているのですが…。

もうひとつの文字単位のボタンをクリックしてみます。

結果的には、どれを使うのが正しいという決まりは無いのでどれを選択してもらってもいいと思いますが、個人的な見解をいえば、「照」という文字の両端に若干の隙間が空いてしまうのが気になるので、わたしは「文字列全体」を使うようにしています。

配置とフォント、オフセット、サイズについて

配置とは選択している文字列のどこにふりがな(ルビ)を設定するかという設定です。中央揃え、均等割り付け、左揃え、右揃えが選択できます。

フォントは規定値として文中に使われているフォントが自動的に選択されています。他のフォントがよければこの時点で変更してみてください。

サイズは初期設定で5ptが採用されています。これは実際に印刷してみて読みづらければサイズを変更されるとよいのではないかと思います。

さて、最後にオフセットですが、オフセットとは何かというと本文とふりがな(ルビ)との間の距離を表しています。通常は「0」になっていると思いますがあまり変更することはないかと思います。

Word2016でふりがな(ルビ)を一気に付けることはできるのか

Excel2016なら該当するセルを範囲選択してふりがなを表示する設定ができました。ならば、Word2016ではどうかというと、例文で利用した2行程度の文章なら一気にふりがな(ルビ)を付けることができましたが、これ以上の文章量だとどうなのかというのは分かりません。

繰り返し出てくる文字列に同一のふりがな(ルビ)をつけるなら一気にできる

ただ、文章中に出てくる同じ文字列に同じふりがな(ルビ)を付けることはできます。まず文中でふりがな(ルビ)を付けたい文字列を選択し、<ホーム>タブの中にある「ルビ」ボタンをクリックします。ふりがな(ルビ)が間違っていないのを確認してからすべて適用ボタンをクリックします。

すると、文書内を同じ文字列がないかを検索する画面が出てくるので、すべて変更ボタンをクリックします。

すると、文書内にある同じ文字列が検索され、すべてにふりがな(ルビ)を付けることができます。

Word2016でふりがな(ルビ)を付ける方法のまとめ。

Excelと比べるとWordは一気にふりがな(ルビ)を付けることに制限がかかってしまいますが、より読みやすいふりがな(ルビ)を付けることができるし、書式の設定もいろいろと変更できます。

特に人名や地名などに関してはこのふりがな(ルビ)を付けてあげると読んでいる人にも性格に情報として伝わりますので、読み間違いやすいものなども含めて設定してもらえるといいなと思います。

Excelでふりがなを表示する方法はこちら。

【Excel2016】文字にルビ(ふりがな・よみがな)を表示させるには
文字の上に読み仮名(ふりがな、ルビともいう)を付けることがあります。Wordには「ルビ」という機能がありますが、Excelでの読み仮名(ふり...
パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします




スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする