Wordで表を作成。セルの中で中央揃えにしても文字が真ん中に配置されない原因は?

高齢者のためのワード教室
この記事は約7分で読めます。
生徒さん
生徒さん

先生、表に中央揃えを設定したのに文字が真ん中にいかないんや

Wordの画面を指差しながら生徒さんがおっしゃいます。画面を見せていただくと、確かにセル内で中央揃えの設定がされているのに、文字の配置が微妙に右にずれていました。

スポンサーリンク

Wordで作った表に入った文字が、中央揃えにしても真ん中に揃わない

Wordの表でセルに中央揃えを設定したのに文字が真ん中に揃わない状況を再現してみました。

セルにカーソルを表示させると、ホームタブの中にある中央揃えが設定されているのが分かる

2行目の「氏名」に入力されているセルは間違いなく中央に配置されていますが、1行目の「住所」が中央から少し右にずれています。

Wordで作った表で、中央揃えがうまくいかないときは「ルーラー」を見てみよう

Wordで作った表、文字の揃えを中央揃えに変えても真ん中に揃わないとき。その原因を知るにはWordの「ルーラー」をチェックします。

Wordのルーラーとは、Wordの用紙画面の上に表示されている目盛りの部分です。
Wordのルーラーが表示されていない場合は、「表示」タブをクリック→「ルーラー」にチェックを入れればルーラーを表示することができます。

1行目のインデントが右に6文字分ずれていた?!

Wordの表の中で文字を中央揃えにしても真ん中に揃わず、右に寄ってしまったところにマウスポインタを合わせてクリックし、カーソルを表示させてからルーラーの位置を確認してみます。

下の図の赤枠で囲ったところにホームベースのような形をしたスライダーがありますが、数字の「6」の辺りにあるのが確認できました。

ホームベースのような形をしたスライダーは「1行目のインデント」が設定できるものなのですが、これが表の左端から6文字分ずれている、ということがわかりました。

1行目のインデントが右側にずれているのを解消するには

1行目のインデントが右側にずれてしまったセルに入っている文字の一番左側でクリックし、文字の頭にカーソルを表示させてから、キーボードのBackSpaceキーを1行目のインデントが左端に戻るまで数回押します。

文字がセルの左側に戻り、ルーラーも0の位置に戻った

1行目のインデントを正常な位置に戻せたら、再度中央揃えを設定してみると、ちゃんとセルの中で真ん中に文字が配置されました。

Wordで作成した表のセル。1行目のインデントが右側にずれた原因は?

生徒さん
生徒さん

先生、こんなとこ(ルーラー)触ってないで。そんな設定してないのに何でこんなふうになったんや?

そうですよね、ルーラーを操作してまで1行目のインデントを右側にずらす理由がありませんね。でも、Wordで作成した表のセルにインデント設定がかかることはよくあることなのです。

では、なぜ1行目のインデントが右側にずれてしまったのでしょうか。

文字の位置を揃えるためにキーボードのスペースキーを押したから

もしかして、キーボードのSpaceキーを何回か押して文字を真ん中にしようとしたんじゃないかな?

ハッとした顔をして思い出してくれました。

セルの中に文字を入力し、文字の位置を真ん中に寄せようとするとき、入力された文字の文頭にカーソルを置いた状態でキーボードのSpaceキーを押すと、1行目のインデントが右にずれます(正確には1行目のインデントが1文字分入る)。

これは、Wordの「オートコレクト」という機能が働き、Spaceキーを押すごとに1行目のインデントが設定される(押した分だけ)ようになっているからです。

もし、思わぬところでインデントが設定されても、文頭にカーソルを置いてキーボードのBackSpaceキーを左に戻るまで数回押せば解除できます。

Wordの「インデント」って何?

「インデント」とは文字の位置を揃える機能のこと

WordでキーボードのSpaceキーを押して文字の位置を揃える人は意外と多く、上の事例のように思わぬところでインデントが設定され、文字の位置がずれることがよくある事柄です。

文字の揃いを確認するのに利用するのは「ルーラー」だと書きましたが、ルーラーにはホームページみたいな形をしたものが2つと四角形のものが1つあります。

これらにはそれぞれ名前が付いていて、その役割が違っています。

では、この3つのインデントの違いと使い方についてサンプル文章(この文章には段落が3つ入っています)を用いて説明してみたいと思います。

Wordの「1行目のインデント」とは

段落の1行目が始まる位置を下げる「字下げ」を、この「1行目のインデント」にマウスポインタを合わせてドラッグすることで設定できます。

カーソルを1つ目の段落に置いた状態で、ルーラーにある「1行目のインデント」を右側にドラッグしてみたのが下の図です。

1つめの段落の1行目の位置が右側にずれましたね。これが字下げです。

Wordの「ぶら下げインデント」とは

次に、ひとつ下の「ぶら下げインデント」にマウスポインタを合わせてドラッグしてみました。

1つ目の段落の2行目の始まり位置が右にずれました。

「ぶら下げインデント」とは段落内の2行目以降の始まり位置を調整するときに使います(が、滅多に使うことはないかもしれません)。

Wordの「左インデント」とは

最後に、「左インデント」にマウスポインタを合わせて右側にドラッグしてみました。

カーソルがある段落すべての始まり位置が右側にずれましたね。左インデントとは段落に含まれる行すべての始まり位置を調整するときに使います。

複数の段落にも同じインデント設定ができる

複数の段落に同じインデントを設定したいときは、設定したい段落すべてを範囲選択してから、ルーラーのインデントにマウスポインタを合わせてドラッグします。

1行目を字下げ(1行目のインデント)を複数の段落に設定したいなら、範囲選択をしてから1行目のインデントをドラッグしよう

 

文字の数を指定してインデントを設定したいときは?

生徒さん
生徒さん

先生、ルーラーのドラッグが難しいわ、何文字分て設定できんのか?

ルーラーでインデントを設定することはできるのですが、ルーラーの細かいところにマウスポインタを合わせるのは慣れるまで難しいかもしれません。また、ルーラーをドラッグしてインデントを設定したとき、文字の始まり位置が微妙にずれているように感じるかもしれません。

そういうときは、ルーラーを使わずに段落の設定を使えば、字下げ・ぶら下がり・左インデントを何文字分と文字数で指定できます。

段落の始まり位置を調整するとき、文字数で設定したいときは、ホームタブをクリック→「段落の設定」をクリックし、段落の画面を表示させます。

段落画面の「インデントと行間隔」タブが開いていることを確認し、「インデント」で字下げ、ぶら下がり、左インデント(右インデントも設定できる)を設定します。

段落の1行目を1文字分下げたいなら、「最初の行」を「字下げ」、「幅」を「1字」に設定してOKボタンをクリックします。

Wordの表でセルに中央揃えを設定したのに文字が真ん中に揃わないのは、Spaceキーで文字の位置を調整したことでインデント設定がかかってしまったから

今回は、Wordの表の話でしたが、表の中だけじゃなくインデント設定がかかることがあります。そんなときは、ルーラーを見て1行目のインデントの位置がずれていないかを確認しましょう。

インデントの位置がずれているのを修正するには、インデントがかかっている先頭の文字の左側にカーソルを置いてBackSpaceキーでインデントを解除しましょう。

高齢者のためのワード教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました