Wordの表。セルの中央揃えを使っても文字が右側にずれてしまう原因は

高齢者のためのワード教室

先日、Wordのファイルを開きながら、「真ん中に揃えたのに字が真ん中に揃わない」とおっしゃる方がいました。

スポンサーリンク

表のセル中央に文字を揃えても真ん中に揃わない原因は

見せていただくと、表の中のセルに中央揃えが設定されていましたが、文字が右側に寄ってしまっています。

セルにカーソルを表示させると、ホームタブの中にある中央揃えが設定されているのが分かる

2行目の「氏名」に入力されているセルは間違いなく中央に配置されていますが、1行目の「住所」が中央から少し右にずれています。

表内のセルの配置がうまくいかないときはルーラーを確認しよう

こうなってしまったとき、どこを見ればいいのかというと、「ルーラー」と呼ばれる目盛りの部分です。

1行目の「住所」という文字が入っているセルの中でクリックして、ルーラーを見てみると「1行目のインデント」の位置がおかしくなっているのが確認できます。

左端にあるはずのインデントが右側に数文字分ずれているのがルーラーで確認できる

ルーラーの上には3つのスライダーがついていますが、このうち、一番上にあるホームベースを逆さにしたようなスライダー「1行目のインデント」が左端からずれているのが、中央揃えボタンを使って文字を中央に配置しても文字が真ん中に揃わない原因です。

スポンサーリンク

1行目のインデントが右側にずれているときの対処法

セルの中の文字を中央揃えに配置しても真ん中に揃わないときの解決方法としては、この「1行目のインデント」を左端に戻します。

「1行目のインデント」を左端に戻す方法はいくつもあります。

「1行目のインデント」のスライダーを左側にドラッグする方法と、セル内に入力されている文字の左端にカーソルを表示させBackSpaceキーでインデントを削除する方法です。

1行目のインデントのスライダーをドラッグで移動させるには

ルーラー上にある「1行目のインデント」にマウスポインタを合わせます。

マウスポインタを合わせると「1行目のインデント」と吹き出しが表示されたのを確認して左側にドラッグします。

1行目のインデントをBackSpaceキーで削除する方法

もし、「1行目のインデント」にマウスポインタを合わせてドラッグしづらいのであれば、一旦、中央揃えの設定は解除されてしまいますが、文字の左側にカーソルを表示し、BackSpaceキーを使う方法でも「1行目のインデント」を本来あるべき位置に戻すことができます。

1行目のインデントを本来あるべき位置に戻すときにBackSpaceキーを使う方法だと、BackSpaceキーを1回使うだけでは元に戻らないことが多いです。1行目のインデントが元の位置に戻るまでBackSpaceキーを押してください。

1行目のインデントが元の位置に戻ったら、改めて「中央揃え」ボタンを使って文字を中央に揃えてください。

1行目のインデントがかかってしまったのはSpaceキーを使ったから

今回のようにWordの表内で「中央揃え」ボタンを使っても文字が右側にずれてしまうようになってしまったのはなぜでしょう。

実は、セル内で文字を中央に配置させようとするときに、文字の頭に空白(Spaceキー)を数回押して文字の位置を中央に寄せようとしたから、1行目のインデントが左端からずれてしまったのです。

行の頭でSpaceキーを打つとインデントがずれてしまう

今回は表内での話でしたが、表ではない段落でも同じ現象が起こることがあります。これが有効な場合も少しはありますが、文字を表内あるいはページ内で中央に揃えたい場合は、ホームタブにある「中央揃え」ボタンを使ったほうがいいです。

スポンサーリンク

Wordのルーラーにある3つのスライダーの名称と使い方

ちなみに、ルーラー上のインデントには3つのスライダーがあると書きましたが、それぞれ役割があります。

1行目のインデントは段落内の1行目にだけかかるインデント

今回の「1行目のインデント」は、段落内の1行目のみにかかるインデントになります。

段落内の1行目のみに1文字分のインデントがかかっている

ぶら下げインデントは段落内の2行目以降にかかるインデント

「1行目のインデント」の下にあるホームベースの形をしたスライダーは「ぶら下げインデント」。段落内の2行目以降にインデントをかけることができます。

左インデントは段落内すべての行にかかるインデント

最後の四角いスライダーは「左インデント」。段落内のすべての行に左インデントをかけることができます。

スポンサーリンク

文字の位置を調整するのにSpaceキーを使わないほうがいい

文字の配置を左揃え、中央揃え、右揃えボタンを使わずに調整したいときに使いがちなのがSpaceキーですが、Spaceキーを使って行内または段落内の始まりの位置を調整してしまうと後から修正を加えても思うように操作できないことが多くあります。

できれば、文字の配置を変えるには左揃え、中央揃え、右揃えボタンを使うか、ルーラーのスライダーを使ってインデントを調整するほうが後から修正しやすいと思います。

もし、このルーラーが画面上に表示されていないときは、表示タブをクリック→「ルーラー」にチェックを入れると表示できます。

今回は、表内のセルに中央揃えボタンで真ん中に揃うように設定しても文字が右側にずれてしまうときの原因と対処法についてご紹介しました。

行の始まり位置や行内の配置をSpaceキーで調整するとおもいがけずに「インデント」がかかってしまうことがあります。もし、思ったように文字が配置されないときは、ルーラーの各インデントのスライダーの位置がずれていないかを確認するようにしてみてくださいね。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのワード教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室