Wordで表を作成。セルの中で中央揃えにしても文字が真ん中に配置されない原因は?

高齢者のためのワード教室
この記事は約4分で読めます。
生徒さん
生徒さん

先生、表に中央揃えを設定したのに文字が真ん中にいかないんや

Wordの画面を指差しながら生徒さんがおっしゃいます。画面を見せていただくと、確かにセル内で中央揃えの設定がされているのに、文字の配置が微妙に右にずれていました。

スポンサーリンク

Wordの表でセルに中央揃えを設定したのに文字が真ん中に揃わないのは、インデントが設定されているから

Wordの表でセルに中央揃えを設定したのに文字が真ん中に揃わない状況を再現してみました。

セルにカーソルを表示させると、ホームタブの中にある中央揃えが設定されているのが分かる

2行目の「氏名」に入力されているセルは間違いなく中央に配置されていますが、1行目の「住所」が中央から少し右にずれています。

Wordの表。セルに中央揃えを設定したのに真ん中に配置されないときは「ルーラー」を確認しよう

Wordで作成した表のセルの配置が思うようにならないときは「ルーラー」でその原因が分かります。

セルの配置を中央に揃えたのに右側に文字がずれているセルの中でクリックした状態で、ルーターを見てみると「1行目のインデント」の位置が右にずれているのが分かります。

Wordの表でセルに中央揃えを設定したのに文字が真ん中に揃わない原因は、1行目のインデントの位置が右側にずれているから、でした。

この右側にずれてしまったインデントを元に戻すには、入力されている文字の左側にカーソルを置いてキーボードのBackSpaceキーを2回押します。

先ほど右側にずれていた1行目のインデントの位置が元に戻りました。

この状態で「ホーム」タブをクリック→「中央揃え」ボタンをクリックすると、2行目のセルと同じように中央揃えが反映されるようになります。

Wordで作成した表のセル。1行目のインデントが右側にずれた原因は?

生徒さん
生徒さん

先生、こんなとこ(ルーラー)触ってないで。そんな設定してないのに何でこんなふうになったんや?

そうですよね、ルーラーを操作してまで1行目のインデントを右側にずらす理由がありませんね。でも、Wordで作成した表のセルにインデント設定がかかることはよくあることなのです。

では、なぜ1行目のインデントが右側にずれてしまったのでしょうか。

もしかして、キーボードのSpaceキーを何回か押して文字を真ん中にしようとしたんじゃないかな?

ハッとした顔をして思い出してくれました。

Wordで作成した表のセルの1行目のインデントが右側にずれてしまった理由は、文字をセルの真ん中に寄せようと入力した文字の先頭にカーソルを置いて数回キーボードのSpaceキーを押したから、なんです。

Wordでは、文字の先頭でキーボードのSpaceキーを押すと「インデント」がかかります。インデントがかかっているのが分かる場所は先ほども書いた「ルーラー」という画面上部にある目盛りのようなところです。

Wordのルーラーが表示されていない場合は、「表示」タブをクリック→「ルーラー」にチェックを入れればルーラーを表示することができます。

ちなみに、キーボードのSpaceキーを押してインデントがかかってしまうのは、Wordの「オートコレクト」の設定にあります。

インデント設定に使われるキーボードのキーは他にもTabキーやBackSpaceキーがあります。インデント設定がかかってしまっても、BackSpaceキーを数回押せば解除できます。

Wordの表でセルに中央揃えを設定したのに文字が真ん中に揃わないのは、Spaceキーで文字の位置を調整したことでインデント設定がかかってしまったから

今回は、Wordの表の話でしたが、表の中だけじゃなくインデント設定がかかることがあります。そんなときは、ルーラーを見て1行目のインデントの位置がずれていないかを確認しましょう。

インデントの位置がずれているのを修正するには、インデントがかかっている先頭の文字の左側にカーソルを置いてBackSpaceキーでインデントを解除しましょう。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのワード教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました