【Word】保存すると重ねた画像の重なり順が入れ替わってしまう

Wordで図形や画像を重ねた文書を保存すると重なり順が入れ替わってしまう 高齢者のためのワード教室
この記事は約5分で読めます。

時々行く事務所の事務員さんから「保存するとイラストが消えるようになったんだけど」と画面を見せられました。

図形で描いた角丸四角形にイラストが重なっているのを確認して、上書き保存するとイラストが消えました(実際は角丸四角形の下に隠れている、角丸四角形とイラストの重なりが逆になっている)。

では、図形やイラスト(以下、画像とします)を重ねているときに保存すると重なりの順番が入れ替わってしまうときの対処法を、事象を再現しながらまとめていきます。

スポンサーリンク

Wordで図形や画像の重なり順を修正するには「背面へ移動」もしくは「前面へ移動」

まず、保存前の状態を図形の角丸四角形と画像を使って再現したのが下の図です。

Wordの図形や画像は先に挿入したほうが重なりが下になります。

この状態で保存してみると、下の図のように画像が消えた(実際は角丸四角形が画像の上に重なっている)状態になりました。

図形の角丸四角形を移動させてみると、画像が出てきましたね。このことから角丸四角形と画像の重なり順が逆になってしまったことがわかりました。

図形や画像の重なり順が逆になってしまったということなので、上になっている角丸四角形を画像の下になるように重なり順を変更したら解決するんじゃないかと。

図形や画像の重なり順を変更したい場合は

図形や画像を選択した状態で表示される「描画ツール」の「書式」タブをクリック→「背面へ移動」または「前面へ移動」

を使います。今回は、図形の角丸四角形を背面へ移動させれば解決しそうです。

重なり順を変更したい図形や画像をクリック→描画ツールの「書式」タブをクリック→「背面へ移動」をクリック→「最背面に移動」をクリック

今回、「背面へ移動」の「最背面に移動」を使いましたが、ひとつ下に変更したいのであれば「背面へ移動」を使います。
また、選んだ図形や画像を上に重ねたい場合は「前面へ移動」もしくは「最前面へ移動」を使います。

図形の角丸四角形の上に画像が重なっている状態になりました。

何度重なり順を変更しても保存すると入れ替わってしまうときは「ハードウェア グラフィックアクセラレータ」を無効にしてみる

しかし、この状態にしても保存するとまた重なり順が逆になってしまうのです。何度かやってみましたが、保存すると重なり順が逆になってしまいます。

こうなってくるとWordの設定自体に何かがあるんじゃないかという疑いが生じてきます。調べてみると「ハードウェア グラフィックアクセラレータを無効にする」とうまく保存できると書かれていました。

「ハードウェア グラフィックアクセラレータを無効にする」という設定自体はチェックボックスをオンにするだけらしいので何かあっても戻せると思い、やってみることにしました。

Wordでハードウェア グラフィックアクセラレータを無効にするには

Wordのハードウェア グラフィックアクセラレータを無効にするには、ファイルのオプションを操作します。

Wordの「ファイル」をクリック→「オプション」をクリック

Wordのオプション画面が表示されたら、

左側にある「詳細設定」をクリック→「表示」項目の中にある「ハードウェア グラフィックアクセラレータを無効にする」のチェックを入れる→「OK」ボタンをクリック

一旦、Wordを終了し、再度起動させる

図形や画像の重なり順を変更しても保存すると入れ替わってしまったファイルを開いて、重なり順を上の方法で修正して上書き保存してみました。

何度上書き保存をしても図形や画像の重なり順が入れ替わることはありませんでした。

ハードウェア グラフィックアクセラレータとは

それにしても、このハードウェア グラフィック アクセラレータとはいったい何の機能なんでしょう。そもそもこのハードウェア グラフィック アクセラレータを無効にしてしまってもいいのでしょうか。

聞き慣れない言葉だったので調べてみることにしました。

グラフィックアクセラレータとは画面表示の機能のこと、らしい

グラフィックアクセラレータというのは何かというと「グラフィック」、画面表示の機能のことを言っているようです。

図形や画像がたくさん入っているファイルを操作していると反応が悪くなることってありますよね。このことから、図形や画像の操作は文字データよりもパソコンに負担がかかるのは容易に想像できます。

Wordのハードウェア グラフィックアクセラレータを無効にしても問題はないのか

Wordのオプションでハードウェア グラフィックアクセラレータを無効にするということは、初期設定ではグラフィック、画面表示に関することは全部このグラフィックアクセラレータにお任せしているものをCPUにも作業を分担してグラフィックアクセラレータにかかる負担を軽くしようというもの。

CPUというのはパソコンの要となる装置。人間に例えると「頭脳」の役割。CPUはパソコンが動作するうえで必要な処理を行いつつ、パソコンのパーツひとつひとつの動きも見守っています。

パソコンを買うときにCPUを購入基準のひとつとして捉える人も多いですよね。それくらいパソコンが快適に動作するうえでとっても大事なパーツなんです。

このCPUに作業を分担してもらうというだけのようなので無効にしても大丈夫そうですね。

ただし、CPU自体の処理性能が低いと動作が不安定になるかもしれません。

Wordで図形や画像を重ねた状態で保存すると図形や画像の重なり順が入れ替わってしまう、のまとめ

Wordで図形や画像を重ねた状態で保存すると図形や画像の重なり順が入れ替わってしまうときは、Wordのオプションにある「詳細設定」の「表示」にある「ハードウェア グラフィックアクセラレータを無効にする」のチェックを入れる、つまりグラフィックアクセラレータを無効にすることで解決しました。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのワード教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました