PR

Word(ワード)で文章の途中に文字を追加すると、元々入っていた文字が消えてしまう

Wordで文章の途中に文字を追加したら元々あった文字が消えてしまった 高齢者のためのワード教室
高齢者のためのワード教室
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

Wordで入力した文章の途中に新しく文字を追加したら、元々あった文字が消えてしまうようになったと問い合わせがありました。

Wordで、入力してある文章の途中に新しく文字を追加すると

文章の途中に文字を追加すると、文字の分だけ元々あった文字が右にずれる

新しく追加した文字の分だけ、元々あった文字は右にずれていくのですが、

文章の途中に文字を追加すると、文字の分だけ元々あった文字が右にずれる

同じように文章の途中に新しく文字を追加すると、元々あった文字(例の場合だと「追加した文字の分」という文字)が消えてしまいました。

文章の途中に文字を追加すると、文字の分だけ元々あった文字が右にずれる

この記事では、Wordで文章の途中に新しく文字を追加したら元々あった文字が消えてしまった理由と対処法について紹介しています。

スポンサーリンク

Wordで文章の途中に文字を追加したら元々あった文字が消えてしまうのはなぜ?

入力モードが「上書きモード」になっているから

実は、文章の途中に文字を追加したら元々あった文字が消えてしまうとき、入力している画面に違いがあります。

通常は下の図のように文字を入力(変換確定していない状態でも)している状態で、元々あった文字は右にずれています。

文章の途中に文字を追加入力している時点で元々あった文字は右にずれています。

ところが、文字を追加すると元々あった文字が消えてしまうときは、下の図のように入力した文字が元々あった文字の上に重なるように表示されます。

文章の途中に文字を追加すると、文字の分だけ元々あった文字が右にずれる

これが元々の文字が消えてしまった理由、入力モードが「上書きモード」になっているから、でした。

入力モードが「上書きモード」になっているかはどこでわかる?

Wordの画面の下側に表示されているステータスバーを見れば、入力モードが「上書きモード」になっているかが分かります。

Wordのステータスバーで上書きモード/挿入モードを確認できる

ステータスバーに「上書きモード」または「挿入モード」と表示されていないときは、ステータスバーの何もないところで右クリック、「上書き入力」をクリックしてチェックを入れると表示されるようになります。ただし、チェックを入れると「上書きモード」に切り替わってしまうので、「挿入モード」に切り替える必要があります。

ステータスバーに上書きモード、挿入モードが表示されないときは、ステータスバーの何もないところで右クリック、上書き入力にチェックを入れます
スポンサーリンク

文章の途中に文字を入力しても元々あった文字が消えないようにするには?

入力モードを「挿入モード」にする

ステータスバーにある「上書きモード」をクリックすると、

上書きモードになっていると、入力した文字の分だけ追加した文字で上書きされます

「挿入モード」に切り替えることができます。

挿入モードになっていれば入力した文字の分だけ文字が右にずれます
スポンサーリンク

この記事では、Wordで文章の途中に新しく文字を追加したら元々あった文字が消えてしまった原因と対処法について書きました。

Wordは文字を追加すると元々あった文字を追加した文字の分だけずらしてくれる「挿入モード」になっているのですが、「上書きモード」になっていると元々あった文字が追加した文字の分だけ消える、上書きされます。

切り替えるにはステータスバーにある「挿入モード」「上書きモード」をクリックするのですが、キーボードのInsertキー(Insキーとなっている場合もある)を押すことでも挿入、上書きを切り替えることができます。

おそらく、このInsertキー(Insキー)を誤って押してしまったために上書きモードに切り替わったと思われます。

タイトルとURLをコピーしました