Word2016で文字列の下に表示される赤い波線や青い二重線はなに?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Word2016で文章を入力しているとき、文字の下に赤い波線や青の二重線が表示されたことがありませんか?

初めてこの波線を見た人は、自分が波線を表示する設定をしてしまったのかと思うかもしれませんが、これは自動的に表示されるもの。そして、文字の下に赤い波線や二重線が表示されることにもちゃんと理由があるのです。

スポンサーリンク

Wordで赤い波線や二重線が文字の下に表示される理由

Word2016には、文章を校正する機能が付いているのはご存知でしょうか。

わたしたちが何気なく入力している文章を陰ながら校正してくれる機能が動作しているため、この波線が表示されるのです。

ちなみに、この赤い波線や二重線(Wordのバージョンによって色や形状は変わってしまいますが)にはそれぞれ意味があります。

赤の波線はスペルミスや誤字

Word2016で文字入力中に文字列の下に表示された赤い波線は、誤字やスペルミスを指摘しています。

例として「Japae」と入力してみます。

本当はJapanと入力したかったのに
本当はJapanと入力したかったのに

入力した文字列の下に赤い波線が表示されました。

Word2016で文字入力中に、文字列の下に赤い波線が表示されましたが、なぜ表示されたのかはこの時点では分かりません。

赤い波線が表示された理由を知りたいときは、赤い波線が表示された文字列の上にマウスポインタを合わせて右クリックすると、その理由が分かります。

例の場合、いくつか修正候補が表示されていますね。その中に入力しようとしていた文字が表示されていたら、マウスポインタを合わせてクリックすれば入力し直さずに修正できます。

修正候補が表示されます
修正候補が表示されます

Word2016で文字入力中に青い二重線が表示されたら

文章の校正を行ってくれている

例として「取り組んでます」と入力してみると、今度は文字列の下に青い二重線が表示されました。

先ほどと同じように青い二重線が表示された文字列の上にマウスポインタを合わせて右クリックしてみます。

「い」抜きだと教えてくれています。
「い」抜きだと教えてくれています。

青い二重線は、「い」抜きだよと教えてくれたのです。

修正したいときは「い」抜き 取り組んでいますにマウスポインタを合わせてクリックすると修正できます。

修正したいなら候補のなかの該当文字をマウスで選択する
修正したいなら候補のなかの該当文字をマウスで選択する

表記の揺れもチェックしてくれる

では、今度は「コンピュータ」と「コンピューター」と入力してみましょう。

上の例と同じように青い二重線が表示されましたね。なぜ青い二重線が表示されたのかを見るには青い二重線が表示された文字列にマウスポインタを合わせて右クリック、でしたね。

ひとつの文書のなかにある表記の揺れもチェックしてくれる
ひとつの文書のなかにある表記の揺れもチェックしてくれる

同一文書の中に同じ言葉なのに入力が違っている表記の揺れを見つけてくれたのです。修正候補のどちらかを選択すれば修正できます。

誤用が多い「~たり」も校正してくれる

ではもうひとつ。休みの日は本を読んだり買い物に行きますと入力してみましょう。

また文字列の下に青い二重線が表示されましたね。もうお分かりだと思いますが、マウスポインタを合わせて右クリックしてみると、表現の推敲と表示され、「~たり」は繰り返して使いますと修正候補に表示されています。

「~たり」は繰り返し使うのが基本
「~たり」は繰り返し使うのが基本
「~たり~たり」 | ことば(放送用語) - 放送現場の疑問・視聴者の疑問 | NHK放送文化研究所
Q:「(休みの日には)本を読んだり音楽を聴いて過ごしています」などという言い方を、放送でも耳にすることがあります。この言い方は間違っているのではないでしょうか。A:「(休みの日には)本を読んだり音楽を聴いたりして過ごしています」と、「たり」を繰り返す形にするのが本来の言い方・用法です。解説:この場合の「たり」について国...

Word2016で文字入力中に赤い波線や青い二重線が表示されていたとしても、印刷はされません。あくまでも画面上で文章を校正・スペルチェックをしているだけです。

Word2016で文字入力中に赤い波線や青い二重線を表示したくない

Word2016で文字入力中に赤い波線や青い二重線が表示されないようにすることができます。

ちなみにその文書だけ、文章の一部だけというのであれば赤い波線や青い二重線が表示されている文字列の上にマウスポインタを合わせて右クリックしたあと、「無視」をクリックしてもらえれば赤い波線や青い二重線の表示は消えます。

ですが、根本的に赤い波線や青い二重線が表示されないようにしたいのであれば以下の設定を行うことでWord2016の校正やスペルチェックを自動的に行わないようにすることができます。

Word2016のファイルをクリック→オプションをクリック。文章校正をクリックし、Wordのスペルチェックと文章校正の中にある「入力時にスペルチェックを行う」と「自動文章校正」のチェックを外すと、自動的に校正やスペルチェックを行わなくなるので、赤い波線や青い二重線が表示されないようになります。

赤い波線や青い二重線が表示されないようにすることもできる
赤い波線や青い二重線が表示されないようにすることもできる

と書きましたが、個人的にはあまりお勧めはしません。

赤い波線や青い二重線が表示されたとしても印刷はされないわけですし、校正やスペルチェックはWordにお任せしたほうが読みやすい、間違いのない文章が入力できるので、わたし個人としては自動校正やスペルチェック機能はオンにしておいた方がいいと思います。

Word2016で文字入力中に赤い波線や青い二重線が表示されるわけのまとめ。

Word2016で文字入力中に赤い波線や青い二重線が表示される理由は

  • 赤い波線…誤字(誤変換)やスペルミス
  • 青い二重線…文章の校正

でした。赤い波線や青い二重線が表示されていても印刷には影響がありませんので、そのままにしておいてもいいですし、気になるなら文字列にマウスポインタを合わせて右クリックして表示される修正候補から適切なものを選択します。

赤い波線や青い二重線が気になるなら「無視」を選択すれば線の表示は消えます。

Word2016のオプションで変更すれば、自動的に校正やスペルチェックを行わなくなりますが、あまりお勧めはしないということを書かせていただきました。

著者情報
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています