【Word2016】文字入力中に文字の下に表示される赤い波線や青い二重線の正体は?対処法は?

高齢者のためのワード教室
この記事は約4分で読めます。

Wordで文字入力の練習をしているときのこと。生徒さんから

先生、文字の下に赤い線(波線)が出てるんやけど、そんな線引いた覚えがないんやけどどうなってるん?

と質問が上がりました。

Word2016で文章を入力しているときに赤い波線や青い二重線が表示される理由と対処法についてまとめていきます。

スポンサーリンク

Word2016で文章を入力しているときに赤い波線や青い二重線が表示されるのはなぜ?

Wordで文章を入力しているときに赤い波線や青い二重線が表示されたとしても、印刷されるわけではありませんので、そのままにしておいても大丈夫ですが、気になりますよね。

自分で波線や下線を引いた覚えがないのに線が引かれてしまう理由は、Word2016の文章校正機能が働いているから、です。

では、赤い波線、青い二重線それぞれの線が引かれる理由とその対処法についてまとめていきます。

Word2016で文章入力中に文字下に赤い波線が引かれる理由とその対処法

Word2016で文章入力中に文字下に赤い波線が引かれるのは、英単語のスペルにミスがあったり文章としておかしなところがあったりするときです。

たとえば、下の図のように「Japan」と入力したいのに「Japae」と誤って入力した場合。

赤い波線が引かれたところにマウスポインタを合わせて右クリックすると一番上に「スペル」とあり、修正候補が表示されます。修正候補の中に正しいスペルのものがあればクリック、この一覧の中にはない、あるいはこのままのスペルで構わないというのであれば無視をクリックします。

修正候補の中から、正しいスペルである「Japan」を選択(クリック)すれば修正することが可能です。

赤い波線は他にも、日本語を入力したときにも表示されることがありますが、これは、パソコンの中にある一般的な辞書にはない言葉、たとえば方言や略したような言葉などにも赤い波線が文字下に引かれることがあります。

これもマウスポインタを赤い波線が引かれているところに合わせて右クリックすれば何がおかしいのかを知ることができます。言葉によっては修正候補が出る場合もあります。

Word2016で文章入力中に文字下に青い二重線が引かれる理由とその対処法

続いて日本語で文章を入力しているときに文字下に青い二重線がひかれることがあります。文字下に引かれる青い二重線は、その部分を推敲した結果、言葉の使い方が間違っていたり表記に揺らぎがあったりしたときに引かれます。

Wordのバージョンによっては青い二重線ではなく緑の波線の場合があります。

青い二重線が表示される代表的な例としては、「い抜き」「ら抜き」です。

赤い波線が表示されたときと同じようにマウスポインタを合わせて右クリックすると、青い二重線が表示された理由が分かります。

他にも、文章全体の中に「プリンタ」と「プリンター」というように、同じものを表しているのに入力した文字が違っている(これを「表記の揺らぎ」といいます)ときにも青い二重線が表示されます。

最後に、青い二重線が表示される例としてもうひとつご紹介すると、言い回しがおかしなときにも推敲してくれます。

「~たり」という言い回しは繰り返して使うとされています。
参考 「~たり~たり」-NHK放送文化協会

Word2016の文章校正や推敲について設定できること

Word2016で文章を入力しているとき、文章校正や推敲が行われないパソコンもあります。それは、Word2016の文章校正や推敲が自動的に行われないようにしているからです。

つまり、文章校正や推敲を自動的に行うか行わないかは自分で設定できるということになります。

Word2016で文章入力中に赤い波線や青い二重線が引かれないようにする(自動的に文章校正や推敲を行わないようにする)

Word2016で文章入力中に赤い波線や青い二重線が引かれないようにする(文章校正や推敲を自動的に行わないようにするには、

「ファイル」タブをクリック→「オプション」をクリック

Wordのオプション画面で左側の一覧から「文章校正」をクリック→Wordのスペルチェックと文章校正の欄にある

  • 入力時にスペルチェックを行う
  • 自動文章校正
  • 文章校正とスペルチェックを一緒に行う

チェックを外してOKボタンをクリックします。

スポンサーリンク

Word2016で文章入力中、赤い波線や青い二重線が表示されるのは自動で文章校正が行われているから

Word2016で文章を入力しているときに赤い波線や青い二重線が表示されるのは、入力した文章に誤字脱字があったりスペルミスがあったりしたときや、い抜き言葉やら抜き言葉、表記の揺らぎがあったり、言葉の言い回しがおかしかったりするとき、でした。

赤い波線や青い二重線が表示されても印刷されることはありませんので、基本的には放置してもいいのですが、なぜ赤い波線や青い二重線が表示されたのかはその部分で右クリックすれば理由が分かりますし、修正候補も表示されるので修正するのは選択(クリック)すればいいです。

もちろん、その線を非表示にすることもできますが、人に読んでもらう、見せるために入力している文書であるなら、赤い波線や青い二重線が表示されたときはその理由を把握して修正したほうがいいと個人的には思います。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのワード教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました