Wordで文章入力中に勝手に赤い波線が入る

Wordで文章を入力しているとき、文字の下に赤い波線や青の二重線が表示されたことがありませんか?初めてこの波線を見た人は、自分が波線を表示する設定をしてしまったのかと思うかもしれませんが、これは自動的に表示されてしまうものなのです。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

Wordで文章入力中に表示される波線や二重線、どんな時に表示されるのか?

文章を入力しているときに、Enterキーを押して改行するとこの赤の波線や青の二重線(Word2016の場合)が表示されるのではないでしょうか?

波線の色を見れば、何が原因で波線が表示されてしまったのかというのが分かるようになっています。

波線や二重線が表示される意味は

Wordには、文章を校正する機能が付いているのはご存知でしょうか?わたしたちが何気なく入力している文章を陰ながら校正してくれる機能が動作しているため、この波線が表示されるのです。

赤の波線はスペルミスや誤字

たとえば赤の波線の場合、これはスペルミスや誤字だと判断されたときに表示されます。スペルミスとは英文を入力したときに打ち間違えていると赤い波線で教えてくれます。

青の二重線の場合は「い抜き」や表記ゆれ

青い二重線の場合は、「い抜き」言葉(例:〇している、×してる)や同一文章の中で同じ言葉なのに入力が異なっている(例:コンピュータとコンピューターが混在)のを教えてくれている表示です。

波線や二重線の入ったところを修正するには

赤い波線や青い二重線が表示されたとしても、この線自体は印刷されません。が、間違っているのでは?と言われているのにそのままというわけにもいきませんよね。

じゃあ、直せばいいのですが、どう直せばいいのか何を指摘されているのかが分からないことがあるかもしれません。

そんなときは赤い波線や青い二重線が示している文字列にマウスポインタを合わせて右クリックすると、何が原因で赤い波線や青い二重線が表示されてしまったのかを教えてくれます。

右クリックをすれば原因が分かりますが、そのまま正しい表現を採用することもできます。

指摘された部分にマウスポインタを合わせてクリックするだけで正しい言い回しに直してくれます。

方言や独特の言い回しの場合は無視しても構わない

とはいえ、方言であったり独特の言い回しをそのまま使いたいときもありますよね。そんなときは、青い二重線が表示されていても無視してもらって大丈夫です。

先ほども書きましたが、赤い波線や青い二重線は表示されているだけで印刷されるわけではないからです。

ただ、赤い波線の場合は右クリックして修正したほうがいい場合が多いです。

Wordの「スペルチェックと文章校正」の使い方

ちなみに、Wordには文章校正機能が付いているというのは書きましたが、Word自体に文章校正をお任せする機能というのも実はあります。

あくまでも機械による校正なので、完璧というわけではありませんが、念のため文章を入力し終えたら、「スペルチェックと文章校正」という機能を使ってみるというのも手かもしれません。

Wordの文章校正機能を使うときは、「校閲」タブをクリック→「スペルチェックと文章校正」ボタンをクリックします。

すると、文章校正が自動的に始まって、Word的に間違いかもと思われる場所に赤い波線や青い二重線が表示されます。さらに、画面右側にその理由も表示してくれます。

たまにですが、さきほどのコンピュータとコンピューターというように同じ文章の中に同じ言葉であるにもかかわらず2つ以上の表記を入力してしまっている(表記ゆれといいます)ときには、「表記ゆれチェック」の画面が表示されることもあります。

もうひとつ、たまに表示されるのが緑の波線。これは、「~たり」という言い回しを使っているときに表示されることが多いのですが、「~たり」というのは誤用が多い言い回しになります。「~たり」の使い方がおかしいときは、緑の波線で教えてくれるので、すべての文章の入力が完了したらチェックしてみることをお勧めします。

パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ




スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする