Wordの箇条書きや段落番号。よくある質問をまとめてみた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Wordの機能には箇条書きや段落番号というのがありますが、箇条書きや段落番号についてよくある質問をまとめてみました。

例題として、Wordを使ってお料理レシピを作りながら箇条書きや段落番号の使い方についても併せて説明していきます。

スポンサーリンク

Wordの箇条書きや段落番号を設定する方法

とはいえ、料理があまり得意ではないので、キッコーマンのレシピサイトを参考にさせていただきました。

肉じゃが | キッコーマン ホームページ
肉じゃがのレシピをご紹介。じゃがいもと玉ねぎを使って簡単お手軽に調理できます。炒め物や煮物から揚げ物まで様々な献立レシピを簡単検索!お弁当や健康(ダイエット)レシピもご用意しています。キッコーマンのレシピサイト【ホームクッキング】

Wordを使ったレシピ作成、完成すればこんな感じになります。

ちなみに、材料に使用しているのが「箇条書き」、作り方に使用しているのが「段落番号」です。

箇条書きは箇条書きにしている事柄に順位がないときに使い、段落番号は順位や流れがあるときに使います。

ではさっそく、材料から入力していきます。

箇条書きの設定は材料を入力する前に設定しておいてもいいですし、すべての材料を入力し終わってから設定しても構いません。

ワンポイント:材料と分量の間を空けるにはTabキーを使う

野菜や調味料の量を入力するときには、そのものから少し文字を空けた方がいいのですが、スペースキーを使わずに、Tabキーを使うと分量の頭を揃える設定をすればピタッと揃えられます。

箇条書きにしたい部分は先に入力しておくといい
箇条書きにしたい部分は先に入力しておくといい

箇条書きにしたい部分は先に入力しておくといい

文中の「ねぎ」に赤い波線が表示されています。Wordで文字の下に赤い波線が表示される理由については別記事にまとめました。

材料と分量の入力が完了したら、箇条書きを設定してみましょう。

箇条書きを設定してみよう

まず、材料と分量すべてを選択します。

次に、「ホーム」タブの中にある「箇条書き」ボタンをクリックします。

箇条書きに設定したい部分を選択して「箇条書き」ボタンをクリック
箇条書きに設定したい部分を選択して「箇条書き」ボタンをクリック

箇条書きを設定することができましたね。

箇条書きの記号を変更する方法

箇条書きの初期設定の記号は●ですが、他の種類に変更することもできます。

先ほどは「箇条書き」ボタンをクリックしましたが、「箇条書き」ボタンの横にある▼をクリックすればいくつかの箇条書きの記号を選択できるようになっています。

箇条書きに設定したい記号は自分で選べる
箇条書きに設定したい記号は自分で選べる

箇条書きを終わろうとしても記号が入力されてしまうときは

箇条書きのあとに通常の文字を入力しようと改行すると、不必要な箇条書きの記号が入力されますが、このままEnterキーを押せば箇条書きの記号は無くなります。

段落番号を設定してみよう

では、次に材料を入力していきます。今度は最初に段落番号を設定してから入力してみましょう。

作り方を入力し始める行にカーソルを置いた状態にして、「ホーム」タブの中にある段落番号ボタン右横の▼をクリックし、丸付き数字を選択します。

段落番号も自分で選べる
段落番号も自分で選べる

あとは、作り方を入力していきます。改行すれば次の段落番号が自動的に割り振られて入力されます。

箇条書きや段落番号を付けずに「改行」するには

箇条書きや段落番号をつけている行で改行すると、自動的に段落番号や箇条書きの記号がつきますが、段落内で改行したい、改行した頭に箇条書きや段落番号を設定したくないときは、普通にEnterキーを押さずに、Shiftキーを押しながらEnterキーを押してみてください。

頭に箇条書きの段落番号や新しく段落番号を付けずに改行することができます。

箇条書きや段落番号を設定しているところで改行すると新しい番号が振られてしまうけれど
箇条書きや段落番号を設定しているところで改行すると新しい番号が振られてしまうけれど

Wordの改行、改段については別記事にまとめてあります。

おまけ:ルーラーを使って分量の始まり位置を揃える方法

先ほど材料を入力しているときに材料と分量の間をTabキーを使って空けましたね。

Tabキーを使って文字の間をあけておくと、ルーラーを使って分量の開始位置を揃えることができます。

ルーラーを使って分量の始まり位置を揃える方法

まず、材料の箇条書きを設定した部分を選択した状態にします。

次に、ルーラー(目盛りのようなもの)の上にマウスポインタを合わせて、材料の始まり位置をクリックしてみてください。

タブとルーラーを使えば文字の位置を揃えられる
タブとルーラーを使えば文字の位置を揃えられる

どうですか?材料の分量の始まり位置が、ルーラーをクリックしたところにピタッと揃えることができましたか?

今回は材料に入力した分量の始まり位置をピタッと揃えましたが、反対に終了位置を揃えることもできます。

ルーラーを使って分量の終了位置を揃える方法

別のサンプルを使って説明すると

画面左側にあるカッコを左右逆にしたようなマーク(マウスを乗せると「左揃えタブ」と吹き出しが出る)を2回クリックして終わりカッコ(」。右揃えタブと吹き出しが出る)にしてから、

ルーラーの任意の位置をクリックしてみましょう。行末の文字がピタッと揃いましたね。

Wordのルーラーが表示されていないときは

ルーラーが表示されていない場合は、「表示」タブをクリックし、「ルーラー」の前にある□をクリックしチェックを入れましょう。

Wordの箇条書きと段落番号についてのまとめ。

いかがでしたか、同じように料理レシピを完成させることができましたか?

箇条書きや段落番号という設定を使えばその事柄の端的に表現することができたり、順序を表現することができたりします。

また、箇条書きや段落番号は最初に設定しておいても後から設定しても構いません。

箇条書きや段落番号は、読み手に伝えたい情報を読みやすく、見やすくするには有効な書式ですので、文書づくりにぜひ使ってみてくださいね。

著者情報
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています