Wordの箇条書きと段落番号の使い方と間隔の開け方・狭め方。

高齢者のためのワード教室
この記事は約5分で読めます。

Wordの書式設定にある「箇条書き」と「段落番号」の使い分けとそれぞれの使い方、応用方法についてまとめます。

スポンサーリンク

Wordの箇条書きと段落番号を使って料理レシピを作る

Wordの書式設定にある「箇条書き」と「段落番号」の使い方を説明するのにお料理のレシピを作ります。作るレシピは「肉じゃが」です。

参考 キッコーマン「肉じゃがのレシピ・作り方」

Wordの箇条書きと段落番号はどう使い分ける?

Wordの書式設定にある箇条書きと段落番号はどう使い分けるといいのか。

箇条書きはそこに示す事柄に順位や流れがないものを表すときに、段落番号はそこに示す事柄に順位や流れがあるものを表すときに使います。

料理レシピだと、材料はそれらに順位や流れがないので箇条書き、作り方は流れがあるので段落番号を用います。

Wordで箇条書きや段落番号を設定するには、材料や作り方を入力してから設定してもいいですし、入力する前に設定しておいても構いません。

今回は、材料(箇条書き)は入力したあとで、作り方(段落番号)は入力する前に設定してみます。

Wordで箇条書きを設定する方法

まず、材料をすべて入力します。

材料をすべて入力したら、次の行に改行を入れておきましょう

次に箇条書きに設定したい範囲を選択します。

「ホーム」タブの中にある「箇条書き」ボタンをクリック

箇条書きボタンをクリックすると●以外の記号が設定されるときがあります。●以外の記号を使いたい場合は「箇条書き」ボタンの右側にある▼をクリックし、一覧から任意の記号を選択します。

Wordで段落番号を設定する方法

段落番号を設定し、料理の作り方を入力していきます。今回の段落番号は丸付き数字を使っていこうと思います。

段落番号を設定したい行にカーソルを置いて、「ホーム」タブの中にある「段落番号」ボタン横にある▼をクリックし、丸付き数字をクリックします。

カーソルを置いていた行に丸付き数字の「1」が入力されていることを確認しましょう。

後は、作り方を入力していきます。

「2」の手順を入力するまで改行をせずに入力します。「2」の手順を入力するところでEnterキーで改行すると、段落番号の丸付き数字「2」が自動的に入力されます。

作り方がすべて入力できました。

Wordで文章を入力していると文字の下に赤い波線が表示されることがありますが、赤い波線は漢字じゃないの?間違っていない?という確認のために表示されているだけです。印刷されることはありませんのでそのまま放置しておいて構いません。
参考 文字列の下に表示される赤い波線や青い二重線はなに?

段落番号が設定してある行で改行したらどうなる?

丸付き数字「1」の作り方の途中で改行をしたらどうなるのかを試してみます。例として、『玉ねぎはくし形切り~』の前、「玉」という漢字の前(左側)にカーソルを置いて改行してみます。

『玉ねぎ』の前に丸付き数字の「2」が入り、作り方の手順が1つ増えましたね。

段落番号は、新しい行が追加(改行)するたびに番号がひとつずつ増えていきます。また、上の例のように段落の途中で改行すると、段落番号が振り直されるようになっています。

例として今回は丸付き数字「1」の工程の中で段落を追加(改行)しましたが、段落番号を新しく追加する気がないのに改行してしまって段落番号が振り直されてしまったときは、該当する行の先頭にカーソルを置き、BackSpaceキーを3回押せば元の状態に戻すことができます。

段落番号を新しく追加せずに同じ段落番号の中で改行したい場合は、改行したい位置にカーソルを置いて、Shiftキーを押しながらEnterキーを押します。

段落番号は、段落番号が設定してある行で改行すると新しい番号が振られる

丸付き数字「3」の最後で改行してみましょう。すると、必要のない丸付き数字「4」が自動的に入力されてしまいます。

入力された丸付き数字が不要なら、Enterキーをもう1回押すと段落番号が解除(段落番号が削除される)できます。

入力された箇条書きの記号が不要な場合も上の操作と同じようにEnterキーをもう1回押せば箇条書きを解除できます。

これで箇条書きを使って材料、段落番号を使って作り方をまとめることができました。

箇条書きや段落番号と文章の間隔を広げたり狭めたりする方法

ところで、箇条書きや段落番号を設定すると文字と記号や数字の隙間が空きすぎていたり逆に狭すぎたりすることはありませんか。

この隙間を調整したいという話があったので方法をまとめておきます。

実はこの隙間の正体は「ぶら下げインデント」というもの。ぶら下げインデントを調整するには方法は2つ。ルーラーを使うか数値設定を使うか、です。

ルーラーでぶら下げインデントを調整する方法

箇条書きや段落番号が設定されているところを範囲選択→ルーラーのぶら下げインデント(ホームベースの形)にマウスポインタを合わせて左にドラッグすれば間隔が狭くなり、右にドラッグすれば間隔が広くなります。

数値でぶら下げインデントを調整する方法

「ホーム」タブの中にある「段落の設定」ボタンをクリック

「インデントと行間」タブの「インデント」の最初の行が「ぶら下げ」になっていることを確認し、「幅」の数値を変更して「OK」ボタンをクリック

Wordの箇条書きと段落番号の使い方のまとめ

Wordで箇条書きと段落番号を設定する方法をご紹介しました。今回は料理レシピの作り方を紹介しながらでしたが、箇条書きや段落番号は文章を見やすく、相手に伝わりやすくするためには使ったほうがいい書式の設定です。

ただ、自動的に振られる箇条書きの記号や段落番号の番号が思うようにならなかったり、改行してしまうと次の番号が振り直されてしまったりと使いづらいと感じる人も多いようです。

箇条書きや段落番号は、初めに設定しておいた方が使いやすい人と後から設定したほうが使いやすい人がいます。どちらか使いやすい方法で覚えておくといい書式設定になります。

スポンサーリンク
お問い合わせ・ご質問はこちらから
投稿に関するお問い合わせやご質問はメールフォームからお願いいたします。
高齢者のためのワード教室
スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました