【Word】文字を均等に割り付ける「均等割り付け」が思うようにならない

スポンサーリンク
高齢者のためのワード教室
この記事は約6分で読めます。

Wordで異なる文章の端と端を揃えて、文字を均等に配置(割り付ける)できるのが「均等割り付け」。たとえば、こんな感じで異なる文章(文字列)の両端の位置を揃えるだけで見栄えがよくなります。

均等割り付けを設定すると文字の始まりが揃うので読みやすく見やすくなります

ところが、Wordの均等割り付けですが、思ったようにならないとよく質問されるものでもあります。そこで、Wordの均等割り付けでよく質問されるケースをまとめてみました。

スポンサーリンク

Wordの均等割り付けの基本からおさらい

下の図は均等割り付けを設定する前のものです。日時や場所などの「項目」に入力している文字数が異なるため、日にちや時間、場所などの「内容」の始まりの位置が揃っておらず、見づらい状態になっています。

内容の始まり位置を揃えるには、項目に入力されている文字の後ろ(右側)に空白(文字を入力した後、spaceキーを複数回押す)を入れて調整するか

項目に入力されているそれぞれの文字の間に空白を入れて調整するかになるのですが、この例だと「持ち物」だけうまく調整できていませんね…。

空白を入れて調整する方法でも文字数によってはうまく収まることもありますが、手間がかかってしまいます。

そこで、使っていただきたいのが「均等割り付け」です。先ほどの例に均等割り付けを設定してみました。先ほどうまく収まっていなかった「持ち物」もちゃんと収まっていますね。

では、次の例です。

たとえば、文書のタイトルとして入力した文字を用紙幅いっぱいに、文字の間に適度な感覚を開けて配置したいとき、文字を入力したあと、文字と文字の間に空白(spaceキーを押す)を入力するのもひとつの方法ですが、

ここで、均等割り付けを使うとspaceキーで調整しなくても、こんな感じに用紙幅(余白の内側)いっぱいに文字を配置することができます。

スポンサーリンク

【Word】文字数を指定して均等割り付けを設定するには

Wordで文字数を指定した均等割り付けの設定方法

では、ひとつめの例、項目の日時や場所などに対して、項目の中で一番多い文字数(今回は「お申し込み方法」の6文字分)に合わせて均等に割り付ける方法からご紹介していきます。

まず、「日時」という文字列を範囲選択してから、「ホーム」タブの中にある「均等割り付け」のボタンをクリックします。

文字の均等割り付けの画面で、「新し文字列の幅」を文字数を上げるなら▲、文字数を減らすなら▼をクリックして、割り付けたい文字数にしてOKボタンをクリックします。

 

いま、均等割り付けを設定した「日時」と「お申し込み方法」の両端の位置が揃いましたね。

後の項目(場所と持ち物)にも、均等割り付けを設定してみましょう。

一度、均等割り付けを設定すると、直前に設定した文字数を記憶しているので、文字数が変わっていないかを確認できたらOKボタンをクリックするだけで均等割り付けを設定することができます。

均等割り付けの「新しい文字列の幅」で文字数の指定ができない(mm指定になっている)?!

「均等割り付けで設定する『新しい文字列の幅』が〇字という文字の数ではなく、mmと表示されていて文字数指定ができない」と質問いただくことがあります。

Wordで単位を使って設定を行う際、文字数を使うかmmを使うかという設定があるのですが、それがmmを使う設定になっているからなんです。このままで使用してもいいのですが、均等割り付けだと文字数を指定するほうが設定しやすいと思うので、文字数を単位として使う設定に変更する方法をご紹介しておきます。

Wordの「ファイル」をクリック→「オプション」(Wordのバージョンによっては「その他」をクリックしないと表示されないかも)をクリックし、Wordのオプション画面を開きます。

次に、Wordのオプション画面左側にある「詳細設定」をクリックし、右側の画面で「表示」という網掛けされた項目を探してください。「表示」という項目の中に「」というのがありますので、文字数で指定したい場合はチェックを入れて、mm指定がよければチェックを外してOKボタンをクリックします。

Wordで用紙の幅(余白の内側)いっぱいに文字を均等に割り付ける方法

次に、用紙の幅(余白の内側)いっぱいに文字を均等に割り付ける方法をご紹介します。

用紙の幅いっぱいに割り付けたい文字を選択した状態で、「ホーム」タブにある「均等割り付け」ボタンをクリックすると、

用紙の幅いっぱいに文字が均等に割り付けられます。

あれ?同じ「均等割り付け」のボタンをクリックしたのに、さっき出てきた「均等割り付け」で文字数を指定する画面が出なかったよ

そうですね、この方法だと「均等割り付け」の文字数を指定する画面は表示されません。

たとえば、この文字も何文字分と指定したいときはどうすればいい?なんどやっても、文字数を指定する画面が出てこないよ

そうなんです。実は、均等割り付けを指定するための画面が出るのと出ないのには理由があるんです。それは、均等に割り付けたいと文字を選択したときの選択範囲に原因があるんです。

先ほど、用紙幅いっぱいに文字を均等に割り付けたときの選択範囲を確認してみます。

次に、均等割り付けの文字数を指定する画面が出るときの選択範囲です。

違い、分かりますか?

均等割り付けの文字数指定ができる画面が出るときと出ないときの選択範囲、よく見てみると文字の最後にある「改行マーク」が選択範囲に入っているかいないかが違っています。

つまり、改行マークを含んだ状態で選択すると、用紙幅いっぱいに均等に割り付けられ、文字数指定の画面が出てきません。

逆に、下の図のように改行マークを含まずに選択すれば、均等割り付けの文字数を指定した画面を表示することができ、文字数を指定して均等に割り付けることができるのです。

うーん、どうやって選択(ドラッグ)しても改行マークが入ってしまう…

改行マークを選択範囲に入れないようにするには、ちょっとしたコツがあるんです。まずは、何も考えずドラッグで改行マークが入っても構わないので選択してみてください。

そのまま、マウスから手を離してキーボードのShiftキーを押したまま、矢印キーの←を1回押してみてください。

できましたか?

Wordの均等割り付けは文字列選択なら「文字の均等割り付け」画面が表示され、文字数で割り付けることができますが、1行選択(行末の改行マークを含んだ範囲選択)だと「文字の均等割り付け」画面が表示されずに行幅いっぱいに均等割り付けが設定されます。

また、Wordの均等割り付けは基本「文字数」で指定できるようになっていますが、一部のWordでは文字数で指定するのではなく、mmで指定するようになっていることがあります。

Wordの均等割り付けをmm指定ではなく文字数で指定したい場合はWordのオプションを変更します。

今回は文字の均等割り付けで文字の頭を揃える方法をご紹介しましたが、Wordのタブとルーラーを使って文字の始まり位置を揃える方法もあります。

タイトルとURLをコピーしました