【Word】均等割り付けで文字数を設定する画面が表示されないのは文字の選択方法が違っているから、かも

高齢者のためのワード教室
この記事は約5分で読めます。

Wordで文字列の幅を揃えるときに使うのが「均等割り付け」

Wordの均等割り付けがうまくいかないと質問されることが多いのですが、ほとんどが均等割り付けを設定したい文字列の選択方法が違っていることが原因。

そして、もうひとつは均等割り付けで文字数を指定したいのにmm(ミリメートル)指定しかできないという質問。

Wordの均等割り付けがうまくいかない原因と、文字数指定したいのにmm(ミリメートル)指定しかできないときの対処法について書いています。

スポンサーリンク

Wordの均等割り付けとは

Wordの均等割り付けとは、指定した文字数または行内で文字を均等に割り付けることを言います。

特によく使うのが下の画像のようなとき。日時の行にある日付の始まり位置を揃えるときに使用します。

今回の例だと一番長い文字列だと「お申し込み」の5文字。他の文字は2文字、3文字ですので「日」と「時」の間にキーボードのSpaceキーを3回押せば5文字に揃えることはできますが、少し面倒です。

Wordで均等割り付けを設定する方法

Wordで行内の一部の文字列に均等割り付けを設定する方法

行内の一部の文字列(日時)に対して均等割り付けを設定するには、均等割り付けを設定したい文字列(日時)を選択した状態で

「ホーム」タブをクリック→「均等割り付け」ボタンをクリック

文字の均等割り付け画面で「新しい文字列の幅」を▲または▼を使って設定したい文字数(今回は、一番長い「お申し込み」に合わせるため5字に)してOKボタンをクリック

これで均等割り付けが設定できました。

Wordの均等割り付けを使うと行内で均等に割られてしまったときは

では、サンプルを変えて別の事例を。

1行目に入力されている文字すべてに均等割り付けを設定したいと思います。

先ほどと同じように均等割り付けを設定したい文字列を選択し、「ホーム」タブをクリック→「均等割り付け」ボタンをクリックしてみましょう。

先ほど表示された「文字の均等割り付け」画面が表示されずにいきなり均等割り付けが行われてしまいました。

1行選択した文字に均等割り付けを設定すると行幅いっぱいに均等に割りつけられる

行内の幅いっぱいに均等割り付けがしたかったのならこれでいいのですが、文字数を指定してその範囲内で均等割り付けを設定したいとなれば、先ほど表示された「文字の均等割り付け」画面を表示する必要があります。

ところが、文字を選択して均等割り付けボタンをクリックしても「文字の均等割り付け」画面は表示されません。

実は、文字を選択して均等割り付けボタンをクリックしても「文字の均等割り付け」画面が表示されなかったのには理由があります。それは、文字の選択が「1行選択」になっていたからです。

行選択?文字選択?の見分け方は改行マークを含んでいるかいないか

文字選択と行選択、ぱっと見分かりづらいかもしれませんが、行末にある改行マークを含んでいるか含んでいないかで見分けることができます。

では、先ほどの操作画面をもう一度確認してみると、「均等割り付けを設定したい文字」の右側にある改行マークが選択範囲に含まれています。

これは1行選択、この状態で均等割り付けを設定すると1行の幅すべての幅で均等に割り付けてね、ということになるので「文字の均等割り付け」画面が表示されなかったのです。

行内の文字を文字数を指定して均等割り付けを設定するには改行マークを含まずに選択してから

では、「文字の均等割り付け」画面を表示させるには文字選択、つまり行末にある改行マークを含まずに選択すればいいということなのですが、行末にある改行マークを含まずに文字を選択するにはちょっとしたコツが必要です。

行末の改行マークを含まずに文字を選択するには、いつも通りに文字をドラッグで選択した状態にし、キーボードのShiftキーを押しながらキーを1回押します。

行末の改行マークを含まずに文字を選択することができたら、「ホーム」タブをクリック→「均等割り付け」ボタンをクリックしてみてください。「文字の均等割り付け」画面が表示され、文字数の指定が可能になります。

Wordの均等割り付けで「新しい文字列の幅」が文字数じゃなくてmm指定になっているときは?

一部のWordで「新しい文字列の幅」がmmになっていて文字数で指定できないことがあります。

Wordの均等割り付けで新しい文字列の幅がmm指定になっていて文字数で設定できないときは、「ファイル」をクリック→「オプション」をクリック。

Wordのオプション画面で左側から「詳細設定」をクリック→「表示」の中にある「単位に文字幅を使用する」にチェックを入れてOKボタンをクリックします。

これで、「新しい文字列の幅」の単位がmmではなく、文字数になります。

Wordの均等割り付けを解除するには

均等割り付けが設定されているのが分かる方法

均等割り付けを設定していることは見た目では分かりませんが、均等割り付けを設定している文字の上にマウスポインタを合わせてクリックして文字の下に水色の太い下線が表示されたら均等割り付けが設定されていると分かります。

均等割り付けが設定されているところをクリックしたときに表示される水色の太い下線は印刷されることはありません。

均等割り付けを解除するには

均等割り付けが設定されている文字の中でクリックしてカーソルを置いた状態にし、「ホーム」タブをクリック→「均等割り付け」ボタンをクリック
文字の均等割り付け画面で「解除」ボタンをクリック

Wordの均等割り付けの設定方法とうまくいかないときにチェックするところ、まとめ。

Wordの均等割り付けについてまとめてみました。

Wordの均等割り付けは文字列選択なら「文字の均等割り付け」画面が表示され、文字数で割り付けることができますが、1行選択(行末の改行マークを含んだ範囲選択)だと「文字の均等割り付け」画面が表示されずに行幅いっぱいに均等割り付けが設定されます。

また、Wordの均等割り付けは基本「文字数」で指定できるようになっていますが、一部のWordでは文字数で指定するのではなく、mmで指定するようになっていることがあります。

Wordの均等割り付けをmm指定ではなく文字数で指定したい場合はWordのオプションを変更します。

今回は文字の均等割り付けで文字の頭を揃える方法をご紹介しましたが、Wordのタブとルーラーを使って文字の始まり位置を揃える方法もあります。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのワード教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました