【Word】文字と文字の間に点線を引くにはTabキーと「リーダー」を使う

高齢者のためのワード教室
この記事は約4分で読めます。

Wordで文字と文字の間に点線を引きたいときは、キーボードのTabキーとWordの「タブとリーダー」という機能を使います。

文字と文字の間を空けるときに使うのがキーボードのTabキー、

日付や時間などの開始位置が揃っている

Tabキーを使って調整した文字と文字の間に点線を引くのは「タブとリーダー」、

項目と内容の間に点線が引かれている

このふたつの設定を合わせて使うことで、文字と文字の間に点線を引くことができます。

スポンサーリンク

内容と項目など、文字と文字の間に空白を空けるときはキーボードのTabキーを使おう

文字と文字の間(内容と項目など)を空けるときは、キーボードのSpaceキーを使わず、Tabキーを使います。

文字と文字の間を空けながら他の行にある右側の文字の開始位置を揃えるのは面倒

キーボードのSpaceキーで文字と文字の間(1マスくらいならSpaceキーのほうが扱いやすい)を空けると右側の文字の開始位置を合わせるのが難しいときがあります。

Spaceキーをそのまま押すと全角のスペース、Shiftキーを押しながらSpaceキーを押すと半角のスペースが入力できますが、それで調整している人も多いのではないでしょうか。

文字を入力し、空白を空けてまた文字を入力するときは、Tabキーを使ったほうが操作しやすいのでぜひ覚えていただければと思います。

キーボードのTabキーとルーラーを使って右側の文字の開始位置を揃える方法

サンプルとして下の画像のように文字を入力します。

実施日と日付の間でキーボードのTabキーを使うと小さな矢印が表示されます。これは「Tabキーで空けているよ」という印です。

Wordで編集記号を表示していると上の図のようにどのキーを使って文字と文字の間を空けているのかが分かります。
Wordで編集記号を表示するかしないかを設定するには、「ホーム」タブにある「編集記号の表示/非表示」ボタンで切り替えます。

次に、Tabキーを使って文字を空けた行、右側に入っている文字の開始位置を揃えたい行を選択します。

試しに、ルーラーの6と8の間にマウスポインタを合わせてクリックしてみましょう。

ルーラーにカギ括弧の反対のようなマークが付きましたね。これを「左揃えタブ」と呼んでいます。

ルーラーの上に表示された「左揃えタブ」にマウスポインタを合わせてドラッグすれば、右側の文字列の開始位置を揃えた状態で移動させることができます。

ルーラーを表示するには、「表示」タブをクリックし、「ルーラー」にチェックを入れます。

これで、右側の文字の開始位置をルーラーで調整することができるようになりました。

ルーラーに設定した左揃えタブが不要になったときはマウスポインタを合わせて用紙の上にドラッグすれば削除できます。

キーボードのTabキーを使って空けた文字と文字の間を線でつなぐには「タブとリーダー」を使う

では次に、キーボードのTabキーを使って空けたところに点線を引く「タブとリーダー」を設定してみましょう。

まず、タブとリーダーを設定したいところを選択した状態にし、「ホーム」タブの中にある「段落の設定」をクリックします。

「段落」の画面が表示されたら、画面左下にある「タブ設定」ボタンをクリックします。

「リーダー」の欄にある種類の中で任意のものの〇をクリックしてOKボタンをクリックします。

文字と文字の間が「タブとリーダー」の設定で選んだものでつながれているのを確認してください。

文字と文字の間をドットや点線、破線でつなぐ「タブとリーダー」の使い方について

文字と文字の間をSpaceキーを複数回押して空けるよりも、Tabキーで空けてルーラーの上をクリックして左揃えタブを表示させた操作のほうがピッタリ揃います。

さらにTabキーで空けておくと、ルーラーで位置を調整できるだけでなく、リーダーというものを使って文字と文字の間をドットや点線、破線でつなぐこともできます。

今回は使いませんでしたが、箇条書きや段落番号と一緒に使うとより伝わりやすい書式を設定できるようになりますよ(⌒∇⌒)

Wordの箇条書きと段落番号の使い方と間隔の開け方・狭め方。
Wordの箇条書きや段落番号。長文にすると読みづらい場合は箇条書き。流れを表したいときは段落番号。使い分けのコツを料理レシピづくりを見本に書いています。

また、文字の位置を揃える方法には他にも「均等割り付け」というのがあります。Wordの均等割り付けについては別の記事にまとめてあります。

【Word】均等割り付けで文字数を設定する画面が表示されないのは文字の選択方法が違っているから、かも
Wordで均等割り付けがうまくいかない原因と対処法、均等割り付けが文字数ではなくmm指定になっているときの対処法をご紹介しています。
スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのワード教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました