【Word】文字と文字をドットや線でつなぐ「タブとリーダー」

高齢者のためのワード教室
この記事は約5分で読めます。

Wordで文字と文字の間を空けるのに使うのは何かと聞かれると多くの方がSpaceキーを複数回押して文字と文字の間を空けると思います。

Wordで文字と文字の間をSpaceキーを何度か押して空けるのも間違いではないのですが、Spaceキーの代わりにTabキーを使うと書式の設定がしやすくなります。

また、文字と文字の間をTabキーで空けておくとドットや点線や破線で文字の間をつなぐこともできます。

Wordで文字と文字の間をTabキーで空ける操作とそれにあわせてリーダーという機能も紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Wordで文字と文字の間を空けるのはスペースキー?それともタブキー?

まず、文字と文字の間をSpaceキーで空けた時とTabキーで空けた時の違いを見てみましょう。

1行目が文字と文字の間をSpaceキーで空けたもの、2行目がTabキーで空けたものになります。

Wordで編集記号を表示していると上の図のようにどのキーを使って文字と文字の間を空けているのかが分かります。Wordで編集記号を表示するかしないかを設定するには、「ホーム」タブにある「編集記号の表示/非表示」ボタンで切り替えます。

Tabキーで文字と文字の間を空けておけばドラッグで文字の始まり位置を調整できる

文字と文字の間を後から縮めたり広げたりしたいとき、Spaceキーで空けたところを減らすか増やすかしなくてはいけませんが、Tabキーで空けておけばルーラーという目盛りにマウスポインタを合わせてドラッグするだけで文字と文字の間を縮めたり広げたりできます。

Tabキーを使って文字と文字の間を空けている「行」内にマウスポインタを合わせてクリックし、カーソルを置いておきます。

Wordの上のほうにある目盛り(ルーラー)内の任意の位置をクリックします。

クリックがうまくいくと鍵括弧のようなものがクリックした位置につきます。

鍵括弧のようなものにマウスポインタを合わせると「左揃えタブ」と表示されます。

この「左揃えタブ」にマウスポインタを合わせて文字と文字の間を縮めたければ左に、広げたければ右にドラッグすると「かきくけこ」の始まり位置を自由に設定できるようになります。

ルーラーを表示するには、「表示」タブをクリックし、「ルーラー」にチェックを入れます。

文字と文字の間はTabキーで空けてルーラーを使って位置を調整するのが効率的

では、実際の入力画面で操作方法を確認してみます。

サンプルとして以下のような文章を入力しておきます。文字と文字の間はTabキーで空けてあります。

実施時間と実施場所の詳細の始まる位置は揃っていますが、実施日の詳細だけ詰まっています。この位置を調整しながら文字と文字の間をもう少し縮めてみます。

文字と文字の間をTabキーで空けている行をすべて選択しておきます。

次に、ルーラーの任意の位置でクリックし、左揃えタブを表示させます。今回はルーラーの目盛りに表示されている「6」と「8」の間辺りをクリックしてみます。

ルーラーの「6」と「8」の間に鍵括弧のような「左揃えタブ」が表示され、実施日の詳細(日付)の位置と実施時間の時間、実施場所の中央センターの始まり位置が揃いました。

ルーラーの上にある左揃えタブにマウスポインタを合わせて用紙上(下方向)にドラッグすると左揃えタブを削除することができます。文字の終わり位置(行末)を揃えたいときはどうすればいいでしょうか。

タブキーで文字と文字の間を空けておけばルーラーを使って行末を揃えることもできる。

では、下の図のように文字の終わり(行末)の位置を揃えたいときはどうすればいいのでしょうか。

ルーラーを初めてクリックすると設定されるのは左揃えタブなのですが、それは画面左側に表示されている縦方向のルーラーの上にあるところが「左揃えタブ」になっているからなのです。

左揃えタブと表示されているボタンを2回クリックすると「右揃えタブ」に切り替わります。

縦方向のルーラーの上が「右揃えタブ」になったのを確認してから、文字の終わり(行末)を揃えたい行を選択し、ルーラー上で終わり位置にしたいところにマウスポインタを合わせてクリックすると、行末の文字の終わり位置を揃えることができます。

Wordで文字と文字の間をドットや点線・破線などでつなぐ「リーダー」の設定方法

Wordで文字と文字の間をドットや点線・破線などでつなぐ(タブとリーダーと言います)には、Tabキーを使って文字と文字の間を空けてあれば設定できます。

まず、タブとリーダーを設定したいところを選択した状態にし、「ホーム」タブの中にある「段落の設定」をクリックします。

「段落」の画面が表示されたら、画面左下にある「タブ設定」ボタンをクリックします。

「リーダー」の欄にある種類の中で任意のものの〇をクリックしてOKボタンをクリックします。

文字と文字の間が「タブとリーダー」の設定で選んだものでつながれているのを確認してください。

文字と文字の間をドットや点線、破線でつなぐ「タブとリーダー」の使い方について

文字と文字の間をSpaceキーを複数回押して空けるよりも、Tabキーで空けてルーラーで左揃えまたは右揃えをドラッグして調整するほうが効率的です。

さらにTabキーで空けておくと、ルーラーで位置を調整できるだけでなく、リーダーというものを使って文字と文字の間をドットや点線、破線でつなぐこともできます。

今回は使いませんでしたが、箇条書きや段落番号と一緒に使うとより伝わりやすい書式を設定できるようになりますよ(⌒∇⌒)

Wordの箇条書きと段落番号の使い方と間隔の開け方・狭め方。
Wordの箇条書きや段落番号。長文にすると読みづらい場合は箇条書き。流れを表したいときは段落番号。使い分けのコツを料理レシピづくりを見本に書いています。

また、文字の位置を揃える方法には他にも「均等割り付け」というのがあります。Wordの均等割り付けについては別の記事にまとめてあります。

Wordの均等割り付け。よくある質問をまとめてみました
Wordの機能のひとつである「均等割り付け」。たとえば、3字文字を入力したものを5文字分のスペースで均等に割り付けることなのですが、この「均等割り付け」がうまくいかないと言われることがよくあります。 Wordで均等割り付けを設定する方法 ...
スポンサーリンク
お問い合わせ・ご質問はこちらから
投稿に関するお問い合わせやご質問はメールフォームからお願いいたします。
高齢者のためのワード教室
スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました