Word2016の画面が横に広がってしまった!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のご相談は、Word2016で文書を作成していたら、Wordの画面が横に広がってしまって元に戻らない!というものでした。

Wordの画面が横に広がる?いったいどんな状態なのでしょう。

スポンサーリンク

「Wordの画面が横に広がってしまった」状態とは

通常、Word2016を起動すると、以下のような状態ですね。

ところが、相談者のWord2016の画面は

左右にあったグレーの部分が無くなっていますね。

Word2016の表示モードが原因だった

実は、Word2016の右下にある表示モードが「Webレイアウト」モードになっていたから、というのが原因でした。

では、普段のWord2016の表示モードはというと「印刷レイアウト」モードです。切り替えてみましょう。

Word2016を起動し、ウィンドウの右下を見てください。3つのボタンがありますね。このうちの真ん中のボタンにマウスポインタを合わせると「印刷レイアウト」と吹き出しが表示されますね。

この「印刷レイアウト」ボタンをクリックすれば、元の表示に戻ります。

Word2016の表示モードについて

Word2016の表示モードには、印刷レイアウトのほかにWebレイアウト、閲覧モードがあります。Word2016で作成する文書の多くは印刷目的ですので、通常は印刷レイアウトモードになっているのですが、間違って印刷レイアウト以外のボタンをクリックしてしまい、表示モードが切り替わってしまうことはよくあることです。

ちなみに、Word2016の3つの表示モードにはそれぞれ意味があります。

  • 印刷レイアウト・・・印刷した状態を確認しながら文書を作成できる
  • Webレイアウト・・・Word2016でウェブページ(ホームページ)をつくるときに使用する
  • 閲覧モード・・・Word2016で作成した文書を読むことに集中できる状態にする

とはいえ、先ほども書いたとおり、Word2016では文書を印刷する目的で作成することがほとんどなので、Webレイアウトや閲覧モードはあまり使うことはないので見た目の表示がおかしいなと思ったら、Word2016の画面右下にあるこの表示モードを確認してみてくださいね。

著者情報
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします

スポンサーリンク
こちらの記事も一緒に読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする