PR

【Word】特定の文字を置き換える「置換」の使い方

Wordって入力しちゃったけどワードのほうがよかったかな?という時に使える置換の基本的な使い方 高齢者のためのワード教室
高齢者のためのワード教室
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

文章を入力した後、たとえばWordと入力したけれどカタカナでワードにしたほうが読みやすいかも…と思った時。それらを探し出して再変換または入力し直すのは面倒。そういうときには、指定した文字列を検索し、別の文字列に置き換えることができる「置換」を使えば、再変換したり入力し直したりする手間が省けます。

スポンサーリンク

特定の文字を置き換える「置換」を使ってみよう

この文章内には「Word」という文字がたくさん入力されています。これらをすべてカタカナのワードにしたいとすると、探し出して再変換したり入力し直したりするのは時間がかかりますし、変換し忘れることもあるかもしれません。

文章内の特定の文字列を別の文字列に置き換えることができる「置換」を使って、Wordをワードに置き換えてみます。

文書内の1行目の左にカーソルを置いた状態で、[ホーム]タブにある「編集」ボタンをクリック、「置換」をクリックします。

ひとつずつ確認しながら置き換えたいなら「置換」ボタンで置き換え

次を検索ボタンをクリックすると、文章内で「Word」の文字が反転表示されます。置き換えてもいいのであれば、「置換」ボタンをクリック、

仮に置き換えたくない文字列が反転表示されていれば、「次を検索」ボタンをクリックします。

念のため、1つの文字列ごとに確認していますが、確認せず、すべての文字列を置き換えたいなら「すべて置換」ボタンをクリックします。

スポンサーリンク

Wordで特定の文字列を別の文字列に置き換えることができる置換の基本的な使い方をご紹介しました。置換を使えば変換し直すこともありませんし、探す手間も省けます。

今回はWordをワードにしましたが、日付なんかも置き換えることができますので昨年作った案内文書を今年用に作り直すときなど便利に使えると思います。

タイトルとURLをコピーしました