【Word】写真を自由に移動するには「文字列の折り返し」を使おう

この記事は約6分で読めます。

先生、写真がうまいこと動かへんわ

Wordに写真を挿入したあと、思ったところに移動させられないという質問を多くいただきます。Wordの画面の中には文字を入力するときの目安となる「カーソル」がありますが、Wordの初期設定では、「カーソル」が移動できる範囲内だけが写真を移動できるところになります。

Wordに挿入した写真をカーソルが移動できる範囲以外の所に移動させたいときはどうすればいいのかをご紹介していきます。

スポンサーリンク

Wordの初期設定では、写真はカーソルが移動できるところ以外には移動させられない理由って?

Wordに挿入した写真は、カーソルがあるところに挿入されますね。反対に言えば、写真を挿入したいところにカーソルを置いてから写真を挿入するということになります。

実は、カーソルのあるところ、というのがミソで、カーソルがある=文字を入力することができる、カーソルがあるところに挿入した写真も、文字と同じ扱いになるのです。

スポンサーリンク

Wordの「文字列(テキスト)の折り返し」とは?

Wordのバージョンによっては「テキストの折り返し」となっていることがあります。

「文字列の折り返し」とは、挿入した画像と入力している文字との関係を設定できるもので、Wordの初期設定で「文字列の折り返し」は「行内」という設定になっています。

「文字列の折り返し」の「行内」とはどんな状態かというと、文字が入力されている行の中に画像が配置された、下の図のような状態です。

Wordの「文字列の折り返し」が行内になっていると、カーソルが移動できる範囲しか移動させられない

この画像を移動させてみます。画像を移動するにはマウスポインタを画像に合わせてドラッグします。

4行目の途中に画像を移動させてみると、4行目が画像の高さに広がりましたね。これが「文字列の折り返しが行内」になっている状態です。

この画像を文字が入力されていないところに移動させてみようとしたところ、下の図のように、カーソルが移動できる場所(下の図では最後の行の行末)にしかカーソルが移動できません。

つまり、「文字列の折り返しが行内」になっていると、カーソルが移動できる範囲でしか画像を移動させることができないというのが分かります。

カーソルが移動できる範囲でしか画像を移動させられないのを解除して、どこにでも画像を移動させられるようにすることはできるのでしょうか。

Wordの「文字列の折り返し」を「行内」以外に変更すれば画像は自由に移動できるようになる

カーソルが移動できる範囲でしか画像を移動させられないのは「文字列の折り返しが行内」になっているから。ということは、「文字列の折り返し」を「行内」以外に設定することができれば、カーソルが移動できる範囲以外にも、自由に画像を移動させられるということです。

Wordの「文字列の折り返し」には「行内」以外にもいくつかの選択肢がありますが、画像をカーソルが移動できる範囲以外に移動させたいときに一番よく使われる「文字列の折り返しの前面」からご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

Wordで挿入した画像を自由に移動するには、文字列の折り返しを前面にしてみよう

Wordの「文字列の折り返しの前面」を画像に対して設定すると、カーソルのあるなしに関わらず自由に移動させることができます。

Wordに挿入した画像を選択した状態で、「図の形式」タブをクリック→「文字列の折り返し」ボタンをクリック→「前面」をクリックします。

画像にマウスポインタを合わせてドラッグしてみましょう。

上の図のように、カーソルがないところにも自由に画像を移動させられるようになりました。

Word2016では画像を選択したときに表示される「レイアウトオプション」から文字列の折り返しの設定を変更することができます。

Wordの文字列の折り返しの種類について

Wordの「文字列の折り返し」には、行内・前面の他に

  • 四角形
  • 内部
  • 狭く
  • 上下
  • 背面

があります。

画像に文字を回り込ませたいなら、文字列の折り返しは「四角形」または「内部」に設定しよう

Wordに挿入した画像の「文字列の折り返し」が行内になっていると、1行の高さが画像の高さになりますが、画像の周囲に周り込ませるように文字を配置したいなら、文字列の折り返しを「四角形」または「内部」に設定します。

Wordの「文字列の折り返しを四角形」にすると、以下の図のようになります。

挿入した画像がイラストなら文字列の折り返しを「狭く」にすると、イラストの輪郭に合わせて文字が周り込むようになる

また、上の図のように挿入した画像の周囲が白い(実際は透過されている)ときだけ使用できるのが、「文字列の折り返しの狭く」です。

「文字列の折り返しの狭く」を使うと、画像の輪郭に合わせて文字が周り込みます。

「文字列の折り返しの狭く」はイラストによく使います。写真だと周囲に白い部分がないので輪郭に合わせられないので効果がありません。

画像の上下に文字を回り込ませるなら、文字列の折り返しは「上下」に設定しよう

次に、「文字列の折り返しを上下」にすると下の図のようになります。

 

行と行の間に画像が配置されていますが、これは行と行の間に1行空行を入れたらいいんじゃない?と言われますが、この「文字列の折り返しを上下」にすると、画像を移動させても文字が上下に周り込むようになります。

行と行の間に1行空行を入れて画像を挿入したとき、別の行と行の間に画像を移動させたいときは新たに1行空行を入れて画像を移動し、画像が元々あったところの行を削除するという手間がかかります。

文字の下に画像を挿入したいなら、文字列の折り返しは「背面」に設定しよう

「文字列の折り返しを背面」にすると、下の図のように入力された文字の背面に画像が周り込みます。

上の図を見てもらうと、画像の種類によっては文字が読みづらくなります。「文字列の折り返しを背面」にしたときは、画像の色を調整するか文字の色を変更する必要があります。

「文字列の折り返しを背面」にすると画像を選択しづらくなります。「文字列の折り返しを背面」にしたとき、画像を選択しづらいときは、「ホーム」タブをクリック→「選択」ボタンをクリック→「オブジェクトの選択」をクリックすると、画像だけを選択できるようになります。

Wordの文字列の折り返しで背面を使ったときは、画像の色を調整すれば文字が見やすくなります。

Wordで、画像を自由に移動させたいなら、文字列の折り返しを変更しよう

Wordに挿入した画像は、はじめは行内に配置されます。行内に配置された画像はカーソルの移動できる範囲だけ移動させることができます。

Wordに挿入した画像を自由に移動させられるようにするには、文字列の折り返しの「前面」を使います。文字列の折り返しを前面に変えれば用紙内のどこにでも移動させられるようになります。

Wordの文字列の折り返しには他にもいろいろあるので使い方を工夫するとより見栄えのいいものが作成できるようになりますよ。いろいろ試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました