Word2016で画像を入れたら「文字列の折り返し」を使ってみよう

Word2016にイラストや写真(以下、画像)を配置したあと、自分が思うところに配置できないというご相談がよくあります。

実は、Word2016で画像を配置した直後というのは、わたしたちの目には画像として見えていますが、Word2016からすれば文字と同じだと見えています。

この状態を「行内」と呼んでいるのですが、この「行内」というのは画像を選択した状態で操作できる「文字列の折り返し」で変更することができます。

このWord2016の文字列の折り返し(以前はテキストの折り返し)をマスターすれば、文字と画像を思うように配置できるようになります。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

Word2016で画像を配置した直後は文字列の折り返しが「行内」になっている

下の図が画像を配置した直後です。画像の横に文字が配置され、1行の高さが画像の高さになっています。

文字列の折り返しの種類と役割について

この文字列の折り返しを操作するには画像を選択した状態で表示される図ツール→書式→文字列の折り返しを使います。

画像の周りに回り込むように文字を配置させたいなら「四角」を使おう

Wordで画像を選択した状態で使用可能になる図ツール→書式→文字列の折り返し→四角にすると、画像を避けて文字が配置されるようになります。

画像を移動させると、こんな配置もできますよ。

ただ、こうなると、画像の周囲にある白い部分が少し気になりますよね。そういう時に使用するのが次の「狭く」または「内部」です。

画像の白い部分に文字を回り込ませたいなら「狭く」または「内部」を使おう

画像を選択した状態で使用可能になる図ツール→書式→文字列の折り返し→狭くを選択します。

白い部分に文字が回り込んできましたね。では、「内部」を使ってみましょう。

あんまり変化はありませんね、ぱっと見。これはサンプルとして使っているイラストによる操作結果なのですが、このイラストの場合、どちらでもOKということでしょうかね。

ただ、この「狭い」あるいは「内部」を使ったときに合わせて使ってほしいのが「折り返し点の編集」です。

画像を選択した状態で使用可能になる図ツール→書式→文字列の折り返し→折り返し点の編集をクリックすると、イラストの中に黒い点と赤い線が表示されます。

この赤い線は、配置したイラストの認識範囲を示しています。もう少し文字とイラストの距離を詰めたいあるいは広げたい場合は、この折り返し点の編集で表示された黒い点をドラッグで調整できるようになります。

文字の下に画像を配置するなら「背面」を使おう

文字の背面に画像を配置したいなら、画像を選択した状態で使用可能になる図ツール→書式→文字列の折り返し→背面を使います。

例として使っている画像の色が濃すぎるので、文字がちゃんと読めないですね…。こういう場合は、画像の色を薄く(明るく)してあげると文字が読みやすくなると思います。

透かしのような感じで使うことが出来そうですね。

文字とは関係なく画面上に自由に配置したいなら「前面」を使おう

通常、Wordではカーソルがないところに文字や画像を配置することはできません。

ただし、画像を選択した状態で使用可能になる図ツール→書式→文字列の折り返し→前面を使えば、カーソルがなくても画像を自由に移動させることができるようになります。

たとえば、作った文書の空きスペースにワンポイントで画像を配置したいときに使えるのが、この文字列の折り返し「前面」です。

カーソルの位置を見てもらうと最後の「あ」の文字の右側にありますね。

文字列の折り返しの上下はどんな時に使う?

文字列の折り返しの上下ですが、これが一番説明しづらいです

行と行の間に画像を配置したあとに、もう1行下に配置したほうがよかったと思うときにこの上下を設定しておくと、文字列を行で避けて画像を配置させることができるのです。

下の図では、文字列の2行目と3行目の間に「上下」を使ってイラストを配置してあります。

マウスポインタをイラストに合わせて上方向へドラッグしてみます。

どうですかね、この説明。動画にでもしないと動きが伝わりにくいですね…。文字列の折り返しを上下に設定しておけば、イラストをドラッグするだけで画像を行単位で文字列が避けてくれるようになります。

この上下を使わずに同じことを再現しようとすると、画像用に1行空行を入れ、その行に画像を配置することになります。途中で変更しようとすると、画像を移動させたいところに空行を入れ、画像を移動し、もともとあった画像用の空行を削除…という流れが必要になります。

Wordで画像を挿入した後に操作できる折り返しについてまとめ。

いろいろと文字と画像の関係を見てきましたが、一番よく使われるというか、便利だと喜んでもらえるのが「前面」と「四角」かな。こういったことからも画像は文字入力がすべて完了した状態で挿入してもらえると、この関係性を変更することで思うように画像が配置できるようになるかと思います。

パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします




スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする