Word2016の「文字列の折り返し」を使えば画像を思うように配置できる

Wordにイラストや写真(以下、画像でまとめます)を挿入した後、自由に動かしたり配置することができないという相談がありました。これは文字と画像の関係を知っておくと使い分けできる機能があります。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

Wordに画像を挿入した直後は、Wordは文字と一緒のように扱おうとしている

下の図がWordに画像を配置した直後の図です。注目してもらいたいのは画像が入っている行です。配置された画像のことをWord自体は文字だと認識している状態でこれを「行内」と呼んでいます。

01
01

画像の横に空きがありますが、Wordに画像を配置した直後はこの空きに文字を入れることができません。

行内として配置された画像は文字と同じ扱いとなるため、そのままではカーソルのある位置にしか移動できず、また段落操作の左揃え、中央揃え、右揃えしか設定することができません。

カーソルが無い位置に画像を配置したい場合は、Wordの図ツール→書式→文字列の折り返しまたはテキストの折り返しを使って、Wordに「この画像は文字じゃないよ」ということを伝える必要があります。

Wordに配置した画像の折り返し操作でできること

配置した直後の画像は「行内」という設定になっています。この設定を変更するとどういう動きになるかひとつずつ見ていきましょう。

文字列の折り返しの「四角」とは

3
3

写真の右側に文字が回り込んでいますね。この状態で画像を移動させると画像を避けて文字が配置されます。

文字列の折り返しの「背面」とは

4
4

文字の下に画像が移動しましたね。画像の上に文字が配置されているように見えます。

文字列の折り返しの「前面」とは

5
5

文字の上に画像が配置されていますね。画像の下に文字が隠れて読めないと思われるかもしれませんが、ワンポイントで使用するときはこの「前面」を使うと自由に配置することができます。

文字列の折り返しの「外周」とは

写真だと分かりにくいので、丸いイラストを外周で配置してみました。

6
6

丸いイラストを基準に文字が回り込んでいますね。写真だと四角いので文字列の折り返しと同じように見えてしまいますが、丸いイラストなどを使うと効果の違いが分かりやすいのではないかと思います。

文字列の折り返しの「内部」とは

続いて「内部」ですが、これは単独で設定すると、「外周」との差が分かりにくいのですが、「折り返し点の編集」を合わせて使うとこんなことができます。

7
7

イラストの周りにある黒い点が「折り返し点」です。これを内側に移動させる移動させると…

8
8

イラストの上に文字が流れ込んでいるのが分かりますか?

Wordで画像を貼り付けたときに変更できる「上下」とは

9
9

「あれ?行内と変わらない?」と思われますよね。でもよく見ると、画像の横に文字が配置されていないんです。文字と画像が別物として扱われる…といっても、改行して挿入したのとあまり変わらない…かもしれませんね。

Wordで画像を挿入した後に操作できる折り返しについてまとめ。

いろいろと文字と画像の関係を見てきましたが、一番よく使われるというか、便利だと喜んでもらえるのが「前面」と「四角」かな。こういったことからも画像は文字入力がすべて完了した状態で挿入してもらえると、この関係性を変更することで思うように画像が配置できるようになるかと思います。

パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ




スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする