Word2016で画像を自由に移動するには文字列の折り返しを使おう

この記事は約5分で読めます。

Word2016で挿入した画像を好きなところに移動したいのに移動させられないと相談されることがよくあります。

Word2016で画像を挿入するときに大切なのはカーソルの位置です。カーソルがあるところに画像が挿入されるので、挿入したい位置にカーソルを置いておくのが基本操作になります。

ですが、文書の中にワンポイントとして画像を挿入したいときがありますよね。ワンポイントとしての画像を挿入するためにカーソルの位置を調整するのは、なかなか手間がかかります。

そんなときに使ってほしいのがWord2016の図の書式にある「文字列の折り返し」です。
※Word2016より前のバージョンの場合は「テキストの折り返し」です。

では、実際に操作をしながら、Word2016の文字列の折り返しについて説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

Wordで画像を自由に移動させられるようにするには

Wordで画像を挿入するとカーソルがある場所か文字があるところ以外には移動させることができないようになっている

例として、文章が入っている1行目の先頭にカーソルを置いた状態で「挿入」タブをクリック→「画像」ボタンをクリック→挿入したい画像を選択し、「挿入」ボタンをクリックすると下の画像のようになります。

 

1行目の先頭に画像が挿入され、1行目の行の高さが画像の高さになっていることを確認してください。

Wordで画像を挿入すると、画像の文字列の折り返しは「行内」が規定値になっています。

画像を移動させてみます。文字列の折り返しが行内になっている画像をドラッグで移動させるとカーソルが移動してくるので任意のところまでドラッグします。

カーソルの移動した位置に画像が移動しました。

この画像を文章の最後の行まで移動させてみますが、カーソルも文字もないところには移動させることができません。

 

では、この画像を文章の下側に移動させたいときはどうすればいいのでしょうか。

Wordで画像を好きな場所(カーソルや文字がないところ)に移動させるには「文字列の折り返し」を「前面」にする

Word2016で画像をカーソルや文字の入っていない場所に移動させるには、文字列の折り返しを「行内」以外の設定に変更すれば画像を移動させられるようになります。

文字列の折り返しを前面に変更してカーソルや文字が入っていないところに移動させるには、画像をクリック(選択)→「図の書式」タブをクリック→「文字列の折り返し」ボタンをクリック→「前面」をクリック

画像にマウスポインタを合わせてドラッグしてみます。

文字もカーソルもないところにも画像を移動させることができました。

Word2016では画像を選択したときに表示される「レイアウトオプション」から「前面」を選択することができます。

Word2016の文字列の折り返し、前面以外に使える設定は?

画像を選択した状態で選択できる「文字列の折り返し」には他にも、四角形や内部、狭く、上下、背面があります。

画像の横に文章を配置するには文字列の折り返しを「四角形」または「内部」にする

たとえば、画像の横に文字を配置できるようにする周り込みを設定するには「四角形」もしくは「内部」を使います。

画像の横に文字を配置できるようにするには、画像を選択した状態で「図の書式」タブをクリック→「文字列の折り返し」ボタンをクリック→「四角形」をクリック

画像を文章の中に移動させてみると、画像を避けるように文字が周り込む設定ができます。

背景が白い画像の回り込みは「狭く」を使うと輪郭を避けて文字が周り込むようになる

この状態のまま、文字列の折り返しを「狭く」に変更してみると、画像の輪郭を避けて文字が周り込むようになります。

今回、例として使用している画像は、イラストの周りが白くなっています。イラストの周りが白い画像ではなく、写真などを使うと下のような状態になり、「四角形」と変わらない状態になります。

文字列の「上下」は文章を上下に避けるように周り込む

画像の「文字列の折り返し」を「上下」に変更してみます。

画像を文章の中に移動させてみると、画像を文字が上下に避けるように周り込むようになります。

文字の下に画像を回り込ませる「背面」

最後に、「文字列の折り返し」を「背面」に変更してみます。

文字列の折り返しを「背面」に変更すると文字の下に画像が移動します。

画像を文章の中に移動させてみると、画像が文字の下に周り込むようになりました。

文字列の折り返しを「背面」に変更すると画像を選択しづらくなります。

文字列の折り返しを「背面」に変更したあと、画像を選択しづらいときは、「ホーム」タブをクリック→「選択」ボタンをクリック→「オブジェクトの選択」をクリックすると、画像(オブジェクト)だけを選択できる状態になります。

※文字を選択する前にはキーボードのESCキーを押して、オブジェクトの選択を解除しておきましょう。

文字の下に画像を回り込ませると文字が読みづらくなります。画像の「文字列の折り返し」を「背面」にしたときには画像の色を変更すると文字の読みづらさを軽減することができます。

文字の下に画像を回り込ませる「背面」を使用したときに画像の色を変えて読みづらさを軽減するには、「図の書式」タブをクリック→「色の変更」ボタンをクリック→「ウォッシュアウト」をクリック

Wordに挿入した画像を自由に移動させたいなら文字列の折り返しを「前面」にしよう

Wordに挿入した画像は、はじめは行内に配置されます。行内に配置された画像はカーソルの移動できる範囲だけ移動させることができます。

Wordに挿入した画像を自由に移動させられるようにするには、文字列の折り返しの「前面」を使います。文字列の折り返しを前面に変えれば用紙内のどこにでも移動させられるようになります。

Wordの文字列の折り返しには他にもいろいろあるので使い方を工夫するとより見栄えのいいものが作成できるようになりますよ。いろいろ試してみてくださいね。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのワード教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました