【Word2016】文中の全角英数字を半角英数字に変換する方法

Word2016ですべて選択を使用する方法

Word2016で文字入力をし終わったあと、よく見ると全角英数字と半角英数字が入り混じって入力されてしまい、ひとつひとつ手直しをした経験を持つ方がいらっしゃると思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

Word2016で入力後の全角英数字を半角英数字に変換する方法

該当する文章すべてを選択します。文書中すべてを対象とする場合は、すべて選択する必要がある場合は、「ホーム」タブの中にある選択→すべて選択かショートカットキーのCtrlキーを押しながらAキーを押します。

Word2016ですべて選択を使用する方法
Word2016ですべて選択を使用する方法

次に「ホーム」タブの中にある文字種の変換ボタンをクリック→半角をクリック

文中に含まれている全角英数字がすべて半角英数字に変換されます。

Word2016で入力後の半角英数字を全角英数字に変換する方法

これは、先ほどと同じ操作で最後の選択肢を「全角」にすれば変換されます。

Word2016の文字種の変換とは

Word2016の文字種の変換には、いくつかの選択肢があります。

  • 文の先頭文字を大文字にする
  • すべて小文字にする
  • すべて大文字にする
  • 各単語の先頭文字を大文字にする
  • 大文字と小文字を入れ替える
  • 半角
  • 全角
  • カタカナ
  • ひらがな

大文字と小文字に関しては英字つまりアルファベットに対しての変換です。

半角と全角は、英数字とカタカナが文字種の変換対象となります。

カタカナを選択すれば文中で選択された範囲内に含まれているひらがなが文字種の変換対象となります。

反対に、ひらがなを選択すれば文中で選択された範囲内に含まれているカタカナが文字種の変換対象となります。

文字入力中の英数字の入力について

文字種の変換を使うのは最終手段として入力中に間違いなく英数字を半角または全角で入力する方法についておさらいしておきましょう。

例えば、ABCと半角英数字のすべて大文字で入力したい場合は、キーボードで該当するキー、ABCをそのまま入力します。

すると、画面上ではあbcとなりますが、そのままEnterキーを押さずにキーボードの上のほうに並んでいるFが付いたキーの中にあるF10キーを2回押します。

ちなみにF10キーは1回押すと、全部が半角英数字で小文字になりますし、2回押すと半角英数字で大文字になります。3回押すと半角英数字で先頭文字が大文字であとの文字が小文字で入力できます。

全角英数字に変換したい場合は、F9キーを同じように使います。

入力後の再変換について

例えば、上に示したように半角・全角やひらがな・カタカナなどは文字種の変換で対応できますが、漢字の再変換はこのようにはできません。

ただし、再変換したい漢字の部分にカーソルを移動させ、変換キーを押すと再度変換候補を表示させることができるので、変換候補の中から変換したかった候補を選択しEnterキーを押して再確定させます。




記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする