【Word】貼り付けオプションにある「リンク」とは?

高齢者のためのワード教室
高齢者のためのワード教室
この記事は約2分で読めます。

パソコン教室でExcelで作った表をコピーしてWordに貼り付ける操作をしたときに使用した「貼り付けオプション」にある「リンク」はどんな時に使うのと質問が出ました。

スポンサーリンク

Wordの貼り付けオプションにある「リンク」を使うと元の表に変更があったら自動反映させることができる

リンクとは「つなぐ」「結びつける」という意味なのですが、Wordの貼り付けオプションのリンクとは、コピーした元の表に変更があった場合、貼り付けた表にも反映させられるようにすることをいいます。

以前ご紹介した記事の方法で、Excelで作成した表を選択→コピー、

Wordを起動し、「ホーム」タブにある「貼り付け」ボタン下にある▼をクリックしたら、「リンク(貼り付け先のスタイルを使用)」をクリックしてみましょう。

今回、Excelの書式を含めずにWordに貼り付けたいので「リンク(貼り付け先のスタイルを使用)」を使いましたが、Excelの書式を含んだ状態でリンク貼り付けをしたいなら「リンク(元の書式を保持)」を使いましょう。

Excelで作成した表が貼り付けられましたが、文字に網掛けがかかっていますね。これは、元の表(今回はExcelで作成した)とリンクしていますよという印。

Excelの表もWordの表も開いている状態なのを確認して、Excelの表に変更を加えてみると、

Wordに貼り付けられた表に変更した内容が自動反映されました。

上の操作ではExcelの表もWordの表も開いている状態なので自動反映させられましたが、今度は、Wordの表を一旦閉じ、Excelの表だけが開いている状態で変更を加えてみます。

一旦閉じたWordの表を開いてみると「この文書には、他のファイルへのリンクが含まれています。リンクされたファイルのデータでこの文書を更新しますか?」とメッセージが表示されます。「はい」をクリックすると、先ほどExcelの表に加えた内容が反映されました。

Excelで作成した表のファイルもExcelで作成した表を貼り付けたWordのファイルも、リンクで貼り付けた時点で置かれている場所から移動させないようにしましょう。移動させてしまうとリンクが切れてしまい、変更内容を反映させられなくなりますので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました