【用語】アカウントって何?

インターネットに限らずですが、最近、パソコンやスマホ、タブレットを使っているときによく耳にしたり目にしたりする「アカウント」。アカウントについて今日は書いていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

アカウントとは

パソコンやスマホ、タブレットを使っているときによく耳したり、目にしたりする「アカウント」ですが、大まかな意味としては『あなたを特定するためのもの』です。

アカウントが必要な場面から考えてみよう

最近のパソコンは、起動時にMicrosoftアカウントというものが表示され、パスワードを入力しないと起動できない設定が推奨されています。

また、スマホやタブレットでアプリを購入・インストールする際もこのアカウントとパスワードが必要になります。

ネットショッピングをした経験がある人なら、商品の送り先を入力するときに住所や電話番号、氏名などの個人情報を入力されたことがあると思います。買い物のたびにこの個人情報を入力するというのは手間がかかりますよね。本人であるという確認も面倒です。

そこで登場するのが「会員登録」。会員登録をするときにあなたを特定するためのアカウントとパスワードを設定します。すると、次回からはこのアカウントとパスワードを入力すれば、登録されているデータからあなたを呼び出し、買い物ができて、送り先も自動的に表示される、というわけです。

ではなぜアカウントが分かりづらいのか

実は、生徒さんの中で一番多いのが、メールアドレスとアカウントがごちゃごちゃになっているという点です。これは、Microsoftアカウントがメールアドレスをそのままアカウントとして利用することになっているからではないかと考えます。

一昔前までは、アカウントはメールアドレスとは別にご自身で作ったり、使用するインターネット上のサービスを提供している会社から付与されたりしていたのですが、最近は、メールアドレスをそのままアカウントとして使用するサービスが増えてきているから、このような誤解や戸惑いが起きるのかと思います。

アカウントとパスワードの管理は厳重に。使いまわしも避けましょう!

使うサービスが増えれば増えるほど増加していくのがアカウント、そしてパスワード。ひとつずつ覚えるのはさすがに大変です。

ということで、どのサービスも同じアカウントを使おうとしたり、登録にも同じメールアドレスを使ったり、パスワードまで同じものを使うという方がいらっしゃいます。

でも、これって非常に危険です!絶対にしないでください!

アカウントは、サービスを提供する側が指定してくれている場合はよいのですが、自由に決めてねっていう場合もよくあります。すると、覚えられるか心配だからと別のサービスと同じものを使おうとする方がいらっしゃいます。これ、非常に危険です。

万が一、どこかのサービスで使っていたアカウントやパスワードが盗み取られてしまった場合、盗み取った側はどうするかというと、あらゆるサービスのログイン画面で盗み取ったアカウントやパスワードでログインができないかを試します。同じものが使われていれば間違いなく、ログインできてしまいますよね。そして個人情報などがさらに盗み取られてしまうのです。もし、そのサービスにクレジットカード番号や銀行の口座番号などが登録されていたらどうでしょう。想像するだけで怖くなりますよね。

というわけで、アカウントというのは同じサービスを使う人を見分けるものなのです。だから大切に扱うようにしてくださいね。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする