office365とoffice2016の違いって?

パソコンを購入しようと店頭やチラシなどを見ていると、office365とoffice2016という言葉が目に入ってくるようになりました。

これは、どちらも同じようにワードやエクセルを使うことができるのですが、支払い方法とライセンスにおいて違いがあります。

今日は、このふたつのOfficeの違いについて書いていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

Office2016は一度支払えばずっと使える。Office365は毎月もしくは毎年料金の支払いが発生する。

Microsoft Office(以下、Office)というソフトは、従来、一度支払いを完了させればそのソフトをずっと使い続けられるものです。Officeに続く数字がバージョンを表していて、最新はOffice2016です。

例えば、市販のパソコンを購入するとき、Microsoft Office2016と表記されていれば従来型のソフトになるのですが、Office365となっている場合は、従来のタイプではなく、毎月または毎年の支払いが発生するものとなるのです。専門的用語で表するなら「サブスクリプション型」と呼ばれるものです。

従来のものは購入し、インストールすればずっとそのバージョンを使い続けられますが、反対に言えば、新しいバージョンのソフトが発売されたら、新しく購入する必要があります。

ところが、Office365というのは、実はソフトではなく、毎月または毎年料金を支払ってくれたら常に最新版が使えるよ、ということであって、サービスのひとつとしてとらえる必要があります。

一度支払ってしまってずっと同じバージョンを使い続けるというのもひとつの選択肢ですが、常に最新バージョンを使いたいという場合は、Office365を使うという選択肢も登場したというわけです。

最初からOfficeがインストールされているパソコンの場合は、別のパソコンでは使用できないことがある

最初からOfficeが入っている場合は、そのパソコンが壊れない限り同じバージョンですが、ずっと使い続けることができます。

あえて、パソコンが壊れない限りと書いたのには理由があって、パソコンが壊れたから買い替えるといったときに、壊れたパソコンに入っていたOfficeを新しいパソコンにインストールして使うことはできません。これを誤解されやすいのですが、最初から入っている場合、そのパソコンでのみ使用できるというライセンス契約なので、そのパソコン以外での使用はできないという決まりになっています。

一度にインストールできる台数の違い

office2016は2台、office365は最大5台になります(ただし、タブレット端末を持っていれば5台、さらにスマホを持っていればさらに5台)。

ご自宅にあるパソコンの数が5台を下回っていても、タブレットやスマホを持っていればそれらにもインストールできるということになります。

Officeで作成したファイルをタブレットやスマホで確認、修正することができるようになりますので、使ってみるのもひとつの手かもしれませんね。

ワードやエクセルで作成したファイルを別の端末で確認、修正したいならOneDriveでデータ共有がおすすめ

今までは自宅にパソコンが2台あれば、片方のパソコンで作成したデータは、USBメモリか家庭内に共有ハードディスクのようなものを介してもう片方のパソコンで参照、修正する流れになっていたかと思います。

数年前から登場したOneDriveは、クラウドサービスのひとつで、Microsoftアカウントを持っていれば、クラウドにデータを預けることが可能で、インターネットに接続した端末でOneDriveを起動すればいつでも参照できるし、修正することもできるようになります。

ちなみにクラウドサービスとは、インターネットを介して指定された場所にデータを預ける仕組み。今までは、その設定は特別なもので、なかなか個人が使うことはなかったのですが、アカウントとパスワードを持っていれば、その画面の設定を行うだけで、指定された場所に自分の引き出しが出来て、それにデータを保存(保管)することができるようになりました。

特にoffice製品を使用していると、「名前を付けて保存」という項目の中に「OneDrive」という項目を見たことがある方、いらっしゃいませんか?

通常の操作の画面上で、ドキュメントに保存するようにクラウドサービスを利用できる窓口がある、そんなイメージです。

ちなみに、クラウドに保存せずにご自身のパソコンに保存したい場合は、Office2016の場合、このPCを選択します。

まとめ。

パソコンを購入する際、上記のことを知らずに購入してしまう高齢者が非常に多くなっています。パソコンに入っていて当然!と思われている方も結構・・・。

価格の安いパソコンの場合、もしかしたらoffice365の可能性もあるし、元から入っていないっていうことも多々あります。ランニングコストを考えればだいたい3年半くらいで元が取れる計算になりますので、どちらが自分にとって得なのか、そのあたりを考慮してパソコンの購入をご検討くださいね。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする