Microsoft OfficeとOffice365の違いは?

高齢者とパソコン
Pixaline / Pixabay
この記事は約7分で読めます。

パソコンを購入しようと店頭やチラシなどを見ていると、office365とoffice2016という言葉が目に入ってくるようになりました。

どちらも同じようにWordやExcelなどのMicrosoftのOfficeソフトを使用できるのですが、ライセンスや購入(支払い)方法などに少し違いがあるようです。

今日は、このふたつのOffice、Microsoft OfficeとOffice365の違いについて書いていこうと思います。

スポンサーリンク

Microsoft Office 365とは?

Microsoft Office 365とは、毎月または毎年、一定額の料金を支払うことで継続的に利用できるOfficeのことをいいます。

Microsoft Office 365はその料金を支払っている限り、常に最新バージョンのOfficeソフトを利用することができます。

このように一定額の料金を支払い続ける限り、最新バージョンのソフトを利用できる形態のことを「サブスクリプション型」といいます。

Microsoft Office365とMicrosoft Officeの違いは、購入方法と利用できるソフトのバージョンに違いがある

Microsoft Office 365が登場するまでは、WordやExcelなどを利用するためにはプレインストール版のMicrosoft Officeをパソコン購入代金と一緒に支払う形で購入するか、店頭やネットショッピングサイトでパッケージ版を購入するしか方法はありませんでした。

Microsoft Officeを利用する方法のひとつとして登場したのが、このMicrosoft Office 365で、現在、Microsoft Officeを利用する方法としては

  • プレインストール版
    パソコン購入代金と一緒に一括で支払い、ライセンス認証を行うことで利用できる
  • パッケージ版
    店頭やネットショッピングサイトで一括で支払って購入し、自身でダウンロード・インストール、ライセンス認証を行う
  • Microsoft Office 365
    パソコン購入時やMicrosoft Officeのサイトでサブスクリプション契約(毎月または毎年支払う)を結んでダウンロード、インストールするタイプ

となっています。

プレインストール版のMicrosoft Officeとは

パソコン購入時にMicrosoft Officeがすでにパソコンに入っており、セットアップを行い、プロダクトキーを入力し、ライセンス認証を行うことで利用できるようになります。

パソコン購入代金にMicrosoft Officeの代金が含まれていますので、毎月または毎年の支払いは発生しない、買い切り型です。

プレインストール版の場合、利用できるのはそのパソコンのみ。他のパソコンにインストールすることはできません。

また、Microsoft Officeに新しいバージョンが発売されても、バージョンが新しくなることはありません。購入時のバージョンのままパソコンが壊れない限り使い続けることができます。

プレインストール版には3種類ありますが、「Microsoft Office Home & Business」という種類がインストールされていることが多いです。

参考 Office Premium (Office 2016 版) セットアップ

パッケージ版のMicrosoft Officeとは

家電量販店の店頭やネットショッピングサイトなどで購入できるのがパッケージ版のMicrosoft Officeです。

昔はCD-ROMやDVD-ROMが入った箱で販売されていましたが、現在はライセンス認証に使用するプロダクトキーのみが印字されたカードタイプで販売されています。

Microsoft Officeのパッケージ版を利用するためには、Microsoft Officeのホームページを開き、サインインしてインストールします。

インストールの途中でプロダクトキーを入力する画面が出ますので、印字されたプロダクトキーを入力し、ライセンス認証を行うことで利用できるようになります。

参考 Office 365 または Office 2019 を PC または Mac にダウンロードしてインストールまたは再インストールします。

Microsoft Officeの種類による価格の違いとインストールできるソフトの違い

Microsoft Officeは種類によって価格や利用できるソフトが異なります。

Microsoft Officeのまとめ

Office 365を利用するメリットは?

毎月または支払う形で利用できるサブスクリプション型のMicrosoft Office 365を利用するメリットとして一番大きいのは、常に最新バージョンのWordやExcelなどが利用できるということ。

買い切り型のソフトの場合、バージョン(商品名の最後に付いている4桁の数字)が新しくなっても新機能が追加されることはありませんが、Microsoft Office 365の場合、バージョンが新しくなれば自動的に新しいバージョンを利用できるようになります。

他にも、OneDriveというオンラインストレージサービスが1TB利用できるようになります。ちなみに、Microsoftアカウントを取得すればOneDriveは無料で5GB利用できますが、それ以上の容量が使えるようになるということです。

あとは、Skypeの有料通話が毎月60分までは無料であったり、テクニカルサポートが受けられたりするようです。

Office 365を利用するにはクレジットカードかデビットカードを準備しよう

Office 365を利用するには、毎月または毎年支払うための契約をしなければなりません。

Office 365で利用できる支払い方法としては、クレジットカード(VISA、Master、JCB、American Express)およびデビットカードが利用できます。

Office 365の契約は自動更新。キャンセルしない限り使い続けられる

Office 365は通常、契約が自動更新されます。ご自身で解約(自動更新をキャンセル)しない限り、支払いは続きます。

Office 365の自動更新をキャンセルするには、MicrosoftアカウントのホームページにMicrosoftアカウントでサインインし、「サービスとサブスクリプション」をクリックします。

「サブスクリプション」を見つけて[支払いと請求] > [変更] > [定期請求を無効にする] を選択します。

参考 Microsoft サブスクリプションを取り消すか定期請求を無効にする

スポンサーリンク

Microsoft OfficeとOffice365の違いは?のまとめ

まとめると、Microsoft Office(WordやExcelなどが利用できる総合ソフト)の購入方法が、一括で支払うか、毎月または毎年一定額を支払うかという2つの方法のうち、どちらかを選ぶことができるようになったということ。

Microsoft Officeに新しいバージョンが登場したと間違えられやすいのですが、そうではなくてMicrosoft Officeを利用するために購入する形が一括購入(買い切り型)かサブスクリプションかの違いです。

Microsoft Office 365を契約するとWordやExcel、Outlook以外にPowerPointやPublisher、Accessの最新バージョンを支払いを続ける限り利用できるほか、OneDriveが1TB利用できたりSkypeの有料通話が毎月60分無料になったりテクニカルサポートが受けられたりします。

常に最新バージョンが使えるほうがいいという人でクレジットカードやデビットカードを持っている人なら毎月1,300円程度支払えば利用できるのは魅力的かもしれません。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者とパソコン
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました