office365とoffice2016の違いって?

パソコンを購入しようと店頭やチラシなどを見ていると、office365とoffice2016という言葉が目に入ってくるようになりました。どちらも同じようにWordやExcelを使用できるのですが、ライセンス形式や支払いについて少し違いがあるのです。今日は、このふたつのOfficeの違いについて書いていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

Officeの購入、支払い方法の違い

Office2016は一度購入すればずっと使うことができる

Microsoft Office(以下、Office)2016は、従来のそれと同じように購入すればずっと使い続けることができます。ちなみに、Officeに続く数字4桁がバージョンを表していて、最新バージョンはOffice2016になります。

Office2016(Office Home&Business2016)はにはWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook)が含まれています。37,584円で購入可能ですが、パソコンを購入するときにOffice2016が入っているものを選べばこの料金が含まれた金額になります。

Office365は毎月または毎年支払いが発生する

Office365は毎月または毎年の支払いが発生します。支払い時に大きな金額を支払う必要が無いタイプ。専門的用語で表するなら「サブスクリプション型」と呼ばれるものです。

Office365はクレジットカードまたは銀行口座引き落としで月額または年額支払うことができます。月額は1,274円、年額は12,744円です(※2017年11月3日現在)。

Office365に含まれているOfficeアプリケーションは、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher(WindowsPCのみ)、Access(WindowsPCのみ)です。また、Office365には、OneDriveの容量が1TB、Skypeから固定電話や携帯電話への通話が毎月60分間無料になるオプションがついています。

ずっと同じバージョンを使い続けるか、最新バージョンを使えるようにするか

Office2016は、購入後はサポート対象外になるまでずっと使い続けることができます。Office365は、毎月または毎年支払うことで、Officeの新しいバージョンを使うことができます。

一度にOfficeをインストールできる台数に違いがある

office2016は2台、office365は最大5台になります(ただし、タブレット端末を持っていれば5台、さらにスマホを持っていればさらに5台)。

ご自宅にあるパソコンの数が5台を下回っていても、タブレットやスマホを持っていればそれらにもインストールできるということになります。

Officeで作成したファイルをタブレットやスマホで確認、修正することができるようになりますので、使ってみるのもひとつの手かもしれませんね。

まとめ。

パソコンを購入する際、上記のことを知らずに購入してしまう高齢者が非常に多くなっています。パソコンに入っていて当然!と思われている方も結構・・・。

価格の安いパソコンの場合、もしかしたらoffice365の可能性もあるし、元から入っていないっていうことも多々あります。ランニングコストを考えればだいたい3年半くらいで元が取れる計算になりますので、どちらが自分にとって得なのか、そのあたりを考慮してパソコンの購入をご検討くださいね。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする