Microsoft OfficeとOffice365の違いは?

この記事は約5分で読めます。

先生、Office365ってなんや?新しいもんか?

WordやExcelなどが含まれるMicrosoft OfficeとOffice365、どちらも同じように思われがちですが、ライセンスや購入方法に違いがあります。

スポンサーリンク

WordやExcelを使うには2つの方法がある

Microsoft社から販売されているWordやExcelなどを総称して「Office」と呼んでいますが、これらを自身のパソコンで使う場合、2つの方法があります。

Microsoft Officeには「パッケージ版」「ダウンロード版」「プリインストール版」がある

まず、Microsoft Officeには必ず数字が4桁ついています。これをバージョンと呼んでいます。そしてもうひとつのOffice365はというと、数字はついていますが3桁です。

Microsoft Office●●(数字4桁)は、ソフト単体で購入する「パッケージ版」「ダウンロード版」、パソコン購入時にあらかじめパソコンにインストールされている「プリインストール版」があります。

Microsoft Office●●(数字4桁)の「パッケージ版」は、家電量販店やネットショッピングサイトで購入することができ、インストールできる台数に制限はありますが、別のパソコンにインストールすることもできます。

ソフト単体で購入する「パッケージ版」「ダウンロード版」もパソコン購入時にあらかじめインストールされている「プリインストール版」も、初めに購入代金を支払えば追加で支払いが発生することはありませんが、新しいバージョンのMicrosoft Officeが発売されても更新されるわけではなく、ずっと同じバージョンのWordやExcelを使い続けることになります。

反対に、Office365は毎月または毎年一定額を支払い続ける限り使い続けることができるライセンスで、常に最新バージョンのWordやExcelなどが使用できます。この毎月または毎年一定額を支払い続ける形を「サブスクリプション」と呼んでいます。

Office365は料金を支払い続ける限り、WordやExcelの最新版を常に使うことができます。

Microsoft Officeの種類による価格の違いとインストールできるソフトの違い

Microsoft Officeは種類によって価格や利用できるソフトが異なります。

Microsoft Officeのまとめ

Microsoft Office ●●(最新バージョンは2019)には、3つのバージョンと入手方法がありますが、一番多く出回っているのがMicrosoft Office Home & Business ●●(数字4桁)のプリインストール版になります。

Microsoft OfficeとOffice365、どちらがお得?

Microsoft OfficeとOffice365、どっちがお得なの?

とよく聞かれます。一概にどちらが得だと言い切れるものではないですが、金額だけを見れば一括で購入できるMicrosoft Officeかなと思います。

ただ、新しいバージョンのMicrosoft Officeが発売されてもそのバージョンを使い続けることになるし、いずれサポート期間は終了してしまうのでサポート期間が終わったバージョンを使い続けるのはセキュリティ的に問題があるのは間違いありません。

それを考えると、常に最新のバージョンのWordやExcelを使い続けることができるOffice365のほうがお得なのかなと言えますが、毎月または毎年の支払いを考えると、支払い方法など心配なところもあるので考えることろではあります。

Office365を使うメリットは?

Office365は、常に最新のWordやExcelなどを使い続けることができる以外に、OneDriveというインターネット上にファイルを保存しておくことができるサービスを使う場合、保存可能容量が1TBと大容量に。また、Skypeというビデオチャットを使った通話が毎月60分無料になったり、テクニカルサポートを使うことができるといったメリットもあります。

Office 365で利用できる支払い方法としては、クレジットカード(VISA、Master、JCB、American Express)およびデビットカードが利用できます。

Office 365 Soloの支払い方法。クレジットカード以外にデビットカードが使える、らしい。
Office 365 Soloの支払い方法についてご質問いただきました。たしか、クレジットカードとPayPal以外に方法はなかったように記憶していたのですが、気になったので少し調べてみることにしました。Office 365 SoloとはMi

Office365は自動更新の契約。自動更新をキャンセルしない限り支払いは続く

Office 365は通常、契約が自動更新されます。ご自身で解約(自動更新をキャンセル)しない限り、支払いは続きます。

Office 365の自動更新をキャンセルするには、MicrosoftアカウントのホームページにMicrosoftアカウントでサインインし、「サービスとサブスクリプション」をクリックします。

「サブスクリプション」を見つけて[支払いと請求] > [変更] > [定期請求を無効にする] を選択します。

参考 Microsoft サブスクリプションを取り消すか定期請求を無効にする

スポンサーリンク

Microsoft OfficeとOffice365の違いは?のまとめ

まとめると、Microsoft Office(WordやExcelなどが利用できる総合ソフト)の購入方法が、一括で支払うか、毎月または毎年一定額を支払うかという2つの方法のうち、どちらかを選ぶことができるようになったということ。

Microsoft Officeに新しいバージョンが登場したと間違えられやすいのですが、そうではなくてMicrosoft Officeを利用するために購入する形が一括購入(買い切り型)かサブスクリプションかの違いです。

Microsoft Office 365を契約するとWordやExcel、Outlook以外にPowerPointやPublisher、Accessの最新バージョンを支払いを続ける限り利用できるほか、OneDriveが1TB利用できたりSkypeの有料通話が毎月60分無料になったりテクニカルサポートが受けられたりします。

常に最新バージョンが使えるほうがいいという人でクレジットカードやデビットカードを持っている人なら毎月1,300円程度支払えば利用できるのは魅力的かもしれません。

高齢者とパソコン
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました