【Windows10】パソコンを起動するときに入力するパスワードを忘れてしまったら

高齢者とパソコン
Concord90 / Pixabay
この記事は約6分で読めます。
生徒さん
生徒さん

先生、パスワード忘れた…

お休み明けの教室ではよくあること。しばらくパソコンの電源を入れずにいると、パスワードを忘れてしまいます。

パスワードというのは自分で決めることができますが、忘れないようにしようとすれば簡単なものにしたくなりますし、でも簡単なパスワードだとセキュリティは大丈夫?と考えてしまいます。

スポンサーリンク

Windows10のパソコンを起動するときのパスワードを忘れてしまったら

Windows10というパソコンを起動するとき。パスワードの入力を求められるパソコンとパスワードを入力せずに起動できるパソコンがあります。

この生徒さんの場合、パソコンを購入したときに息子さんがパスワードを設定してくれたそうで。何かヒントはないか、といろいろ探してみたものの見つかりませんでした。

Windows10のパソコンにローカルアカウントでログインしているなら「セキュリティの質問」でパスワードをリセット

Windows10のパソコンにログインしているアカウントの種類が「ローカルアカウント」なら、「セキュリティの質問」を設定してくれていればその質問に答えることでパスワードをリセットしてログインすることができます。

参考  Windows 10のロック画面上で、ローカルアカウントのパスワードを変更する方法について教えてください。

Windows10のローカルアカウントで「セキュリティの質問」を設定する方法については、Windows 10で、ローカルアカウントのパスワードにセキュリティの質問を設定する方法について教えてください。に詳しい操作方法が書いてあります。

Windows10のパソコンにMicrosoftアカウントでログインしているなら「パスワードリセット」を使う

Windows10のパソコンにログインするもうひとつの方法として、Microsoftアカウントでログインする方法があります。

Microsoftアカウントもローカルアカウントと同じようにパスワードをリセットすることはできますが、Microsoftアカウントに登録した送受信可能なメールアドレスか、SMSを受信できる携帯電話番号のどちらかが登録されている必要があります。

Microsoftアカウントのパスワードをリセットするには、Microsoftアカウントのパスワードリセット画面を開いて操作していきます。その方法についてはWindows 10のロック画面上で、Microsoftアカウントのパスワードを変更する方法について教えてください。に詳しく書かれていました。

Microsoftアカウントに携帯電話番号とメールアドレスを登録しておくとセキュリティコードで本人確認ができる

Windows10のパソコンにMicrosoftアカウントでログインしているなら、Microsoftアカウントへログインし携帯電話番号とメールアドレスを登録しておきましょう。

携帯電話番号やメールアドレスを登録しておけば、万が一、Microsoftアカウントのパスワードを忘れてしまっても、セキュリティコードを受け取ることでパスワードをリセットすることができます。

Microsoftアカウントの「セキュリティ」に携帯電話番号を登録するには

Microsoftアカウントのセキュリティ設定に携帯電話番号を登録する方法は、Microsoftアカウントにログインし、画面上部にある「セキュリティ」をクリックします。

次の画面(セキュリティの設定)に移行する前に、セキュリティコードを受け取る必要があります。

受け取ったセキュリティコードを入力すると下の図のように「セキュリティの設定」画面に入れます。「セキュリティ情報の追加」をクリックします。

認証の手段を「電話番号」、下に携帯電話番号を入力し、「電話番号を確認するための連絡方法を指定してください」を「テキスト」にし、「次へ」ボタンをクリックします。

しばらくすると、携帯電話にセキュリティコードがSMSで送られてくるので、コードを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

これで、携帯電話でセキュリティコードを受け取ることができるようになりました。

Microsoftアカウントに送受信可能なメールアドレスを登録しておこう

さて、生徒さんはこの方法でパスワードをリセットすることができましたが、パソコンを所有している家族が亡くなってしまい、パソコンを起動するパスワードが分からないと相談に来られた事例もあります。

そのパソコンには住所録や家族の写真などが保存されていました。ご家族はパスワードを探したらしいのですが、どうしても見つからずに相談に来られたのです。

Microsoftアカウントでログインしていてくれていれば、アカウントに登録しているメールアドレスは分かります。もしもローカルアカウントだとご本人じゃないのでセキュリティの質問の答えが分かりません。

とりあえず、パソコンを起動してもらって状況を確認したところ、パスワード入力の画面でMicrosoftアカウントが分かりましたので、Microsoft アカウントの回復を使ってパスワードをリセットすることができるかもしれません。

ただ、ご本人が使用していた携帯電話はすでに解約されているため、SMSでセキュリティコードを受け取ることはできないので、メールアドレスでセキュリティコードを受け取る必要があります。

ご家族に確認すると、インターネット契約はそのままにしてあるとのこと。そのメールアドレスでメールが受信できればセキュリティコードを受け取ることができます。

ご家族にそのことをお話すると、ご家族が使用しているパソコンのメールソフトにも同じメールアドレスを登録していることが分かりました。

そこで、ご家族が使用しているパソコンを起動してもらい、Microsoftアカウントに登録してあるメールアドレスが受信可能かどうかを調べたところ、受信できることが分かりました。

さっそく、ご家族のパソコンでMicrosoft アカウントの回復を開き、登録してあるメールアドレスを入力し、セキュリティコードを送信したところ、無事セキュリティコードを受信することができ、パスワードをリセットすることができました。

携帯電話を解約するとSMSでセキュリティコードを受信できなくなりますが、送受信可能なメールアドレスを登録しておけば、そちらでセキュリティコードも受信できるので安心です。

Windows10のパスワードが分からなくなったときについて、まとめ

今回はWindows10のログインパスワードが分からなくなった場合について書いてきました。

Windows10へのログインアカウントには2種類あって、ローカルアカウントとMicrosoftアカウントがありました。

ログインしているアカウントがローカルアカウントなのかMicrosoftアカウントなのかが分からないとリセット方法が選べませんので、どちらでログインしているかを必ず確認しておきましょう。

それとは別の話になりますが、パソコンやスマホ、タブレットを使っていれば多かれ少なかれ「アカウント」「パスワード」を管理する必要があります。

アカウントやパスワードをたくさん覚えられないからと1つの組み合わせを使い回すのはお勧めしません。なんらかの事態でアカウントとパスワードが漏えいしてしまった場合のリスクは計り知れないからです。

かといって1つずつ違う組み合わせを覚えるのも大変ですよね。

アカウントとパスワードがあれば、いろいろなサービスを手間なく利用することができる、それはとても便利なものなのですが…。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者とパソコン
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました