エンディングノートに書いてほしいこと。IDやパスワード、使っているサービスなども。

Concord90 / Pixabay

皆さんは「エンディングノート」というのをご存知でしょうか。

パソコン教室に通う生徒さんのご主人が交通事故に遭い、数日後他界されました。四十九日を終え、久しぶりに教室に来られた生徒さんからあることを相談されました。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

亡くなった人が使っていたパソコンのログインパスワードが分からない

「先生、夫が使っていたパソコンにパスワードがかかっていて開くことが出来ないの。パスワードがメモされているものがないかと家族総出で探したんだけど見つからなくて」

この方のご主人はパソコン操作にとても長けている人でした。親戚づきあいや住所録、家族で撮影した写真などありとあらゆるものをパソコンで管理されていたそうで、パソコンを開こうとした理由というのがこの住所録が必要だったからでした。

Windows10にはMicrosoftアカウントというのが設定されています。設定を変更すればパスワードを毎回入力せずにログインすることができるのですが、通常は毎回Microsoftアカウントのパスワードを入力しなければなりません。

Windows10のログインパスワードをリセットするしか方法がなかった

こういう場合は、パスワードをリセットするしか方法はありません。以下のサイトを参考にMicrosoftアカウントのパスワードをリセットし、無事Windowsにログインできたところで住所録も確認していただくことができました。

今回はMicrosoftアカウントのパスワードをリセットすることができましたが、中にはリセットすることができない場合もあります。

Microsoftアカウントのパスワードをリセットする手順において、アカウントに登録したメールアドレスが分からないと、アカウントを探すところから始めなければなりません。

Microsoftアカウントに使っているメールアドレスが分かったとしても現在送受信が可能な状態でないとセキュリティコードを受け取ることができません。

万が一、メールアドレスが送受信可能な状態になければMicrosoftアカウントに電話番号を登録していればセキュリティコードを受け取ることができますが、それも現在通信可能な状態でなければなりません。

こういうところで結構な手間がかかるのがパスワードのリセットなのです。

アカウントやパスワード、使っているWebサービスなどをメモしておいたほうがいい

パソコン関係の重要な事項、今回のようなMicrosoftアカウントへのログインパスワード(パソコン起動時に入力するパスワードのこと)や、ネットサービスを使っているならメールアドレスやアカウント、パスワードなんかの類はメモしておいてもらえばよかったねと、リセットの作業中にそんな話になりました。

メモを残す。エンディングノートに書いておく

実は、以前パソコン教室に先生をお呼びしてエンディングノートの書き方の授業を受けていました。その話を聞いて、生徒さんはご自身のエンディングノートは書き始め、ご主人にも勧めたけれど「わしには要らんやろ」という言葉でエンディングノートを書き始めることはなかったそうです。

「あのとき、『書いて』ってお願いしとけばよかったね…」

とポツリおっしゃった横顔を見て、他人事じゃないなとわたしは思いました。パソコンのインストラクターをしていますが、普段はこれでも主婦です。家庭の情報を一切合切取り仕切っています。

もし自分に何かが起こったら…。きっと家族の誰もが何も分からない状況になってしまう。

そこで、自分もエンディングノートを書き始めることにしました。

エンディングノートといっても構える必要はない。あくまでも「履歴」を残す、「希望」を残す。そして見直す。

エンディングノートという響きがよくないのか、夫は不審な顔をしましたが、家族の情報を書き留めておくだけ、これを見れば誰にでもわかるようにするだけ、と説明すると少し表情が柔らかくなりましたが…。エンディングという言葉なんですかね、幕引きのようなイメージに捉えられてしまうのでしょうか。

WordやExcelを使って自分で作ろうと思えば作れるのですが、何を書いておけばいいのか見当がつかなかったのでエンディングノートを購入してみただけ、なんですけどね。

ちなみにエンディングノートというのは書いて終わりじゃなくて、更新していくものだと教室に教えに来てくれた先生がおっしゃっていました。なので、消しゴムで消せるようにシャーペンを使って書いています。

時々、見返しては修正したり書き加えたり。何かがあったから見直すというのではなく定期的に見直す方がいいようです。

どんなことを書けばいいのかはエンディングノート「もしもの時に役立つノート」コクヨステーショナリーのページに図解されていますので参考にしてみてください。

今回のご相談でいろいろなことを考えさせられました。こういうことが起きて初めて考えるというのが本当は良くないですよね。反省しました。

ITというとアカウントやパスワードは付き物です。使うサービスが増えればアカウントやパスワードを管理する手間がかかるのは事実ですが、そういったものとも付き合っていかなきゃいけない時代になったのかもしれませんね。

パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします




スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする