かんたんスマホを買おうか迷っているという相談を受けて

今日は2週間に一度のパソコン教室の日。「おはようございます!」という挨拶もほどほどに「先生、ちょっと話せるか?」と69才の生徒さん(男性)から呼び止められました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

簡単スマホにしようかと悩む人とのやり取り。

どうやら、携帯電話(ガラケー)の調子が悪いので携帯電話を買い替えようと考えているのだが、できればスマホを使ってみたい。ただ機械に弱く気軽に聞ける家族も同居していないので使うことができるかが不安。それから料金も高くなるという話を聞くので迷っている、という話。

過去にも書いたとおり(親にスマホを持たせてもいいのか」という家族の方からの相談)、ガラケーからスマホに乗り換える壁は、やはり

  • スマホという最新機器を使いこなせるか
  • 毎月、携帯電話会社に支払っている金額が高くなる

ですよね。分かります。これらについては過去記事を読んでいただくとして、彼が持参したパンフレットは3つでした。まず若い世代の人でも持っている人がいる普通(?)のスマホ、それから地元ケーブルテレビ局が始めたスマホ(格安スマホと同等)、それから簡単スマホでした。

格安スマホについては別記事(格安スマホを高齢者が使うとしたら)で書いているのでそちらを合わせて読んでいただければと思います。

簡単スマホというのは商品名ではない。操作が通常のスマホに比べて簡単というだけ。

使い方が複雑ではなく、シンプルな操作性でボタンひとつひとつが大きいのが特徴のスマホ、これを今回の記事では「簡単スマホ」とひとまとめにさせていただきました。というのも、三大キャリアだけを見ても名称が違っています。

たとえば、docomoなら「らくらくホン」、auなら「シンプルスマートフォン」、Softbankなら「シンプルスマホ」。

各社の簡単スマホのスペックを簡単にまとめてみた

携帯電話会社三大キャリアの簡単スマホをスペック(仕様)でまとめてみました。ざっと調べただけなので、分からないところがありました。

まずはOSです。三社ともOSはAndroidですが、SoftbankだけがAndroid6、docomoとauはAndroid7とバージョンが若干違います。※記事公開時の値

処理性能としてはだいたい似たり寄ったり、よほどメモリ消費するアプリを使わなければ動作が不安定になることは無さそう。

内臓メモリ、つまりスマホの中に保存できる容量はauが一番大きいですが、写真などを外部メモリカードに入れてしまえば容量不足は考えなくてもいいかもしれません。

が、アプリをたくさんインストールして使いたい場合は内臓メモリの容量は大事です。

簡単スマホ、そのほかのチェックポイント

わたしのパソコン教室に通う生徒さん(60才以上の男女)は、連絡先の交換に赤外線を使う人がほとんどです。なので、赤外線通信が使えるほうがいいのかもしれません。これは個々に違うかもしれないので参考程度に。

今の簡単スマホはLINEが使えるようになっている

それから、ここからが一番大切なことなのですが、スマホはアプリを入れることで多機能に使うことができるのですが、一昔前の簡単スマホはアプリの追加ができないようになっていました。なので、LINEすらインストールできないものがほとんどでした。

が、ここ最近の簡単スマホはLINEが最初からインストールされているものがほとんど。やっぱりスマホを使いたい高齢者の中ではこのLINEを使いたいと思う人が多いのでしょう。

ちなみに、このLINEで使用するスタンプも一昔前は購入できませんでしたが、最近の簡単スマホだと購入可能なようです。LINEスタンプの購入代金の支払い方法は、クレジットカード決済が使えますが、コンビニなどで手に入るLINEのプリベイトカードを購入される方がいいかと思います。

簡単スマホでもアプリが追加できる、らしい。Googleアカウントは必須!

それから、スマホにアプリを追加する場合、Google play ストアを使いますが、これを使うにはGoogleアカウントが必須です。

たぶん、スマホを購入する前の高齢者だとGoogleアカウントはお持ちではない可能性が高いので、スマホ購入時にGoogleアカウントを作らなければいけないかもしれません。もし、Googleアカウントをお持ちなら、そのアカウントをそのまま使っていただくことが可能です。

簡単スマホの料金プランシミュレーション

さて、簡単ではありますが、簡単スマホについてまとめてみましたが、やはり料金も気になりますよね。携帯電話会社三社とも高齢者向けやスマホを初めて持つ人向けの割引サービスがあるようです。

docomoは高齢者向けの割引サービスの受付は終了しているようです。auはスマホ応援割という名称で初めてスマホを使う方向けの割引サービスがあるようです。Softbankはガラケー→スマホ割というのがあるみたいです。

各社それぞれ料金シミュレーションのページがありますので、各自で確認してみてくださいね。

簡単スマホについて、まとめ。

今回、ご相談を受けて調べてみると、簡単スマホはいつの間にかできることが増えてきていました。でも、一概に簡単スマホはおすすめとは言えないので、ご自身が契約している携帯電話会社にて今の携帯電話料金とスマホに替えたときの利用料金とを見積もりしてもらうといいんじゃないかと個人的には思います。

そして、その場で分からないことがあるなら店頭のスタッフの方に聞いてください。分からないなんていったら恥ずかしいとか、何回も同じことを聞いたら申し訳ないとか思うかもしれませんが、聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥という言葉があるように、契約する前に確かめることは確かめておかないと、契約した後に困ったことがあったり自分が想定した使い方ができなかったりした場合、こちら側が損をします。下手をしたら違約金が発生してしまうかもしれません。

分からないのであれば、その場で契約をしてはいけません。「一度持ち帰ります」とその場を離れる勇気を持ってください。納得できるまでお話を聞いてくださいね。

著者情報
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています