企業を名乗る「なりすましメール」にご注意ください!

最近、大きなニュースになっていた「佐川急便」を装うメールが生徒さんのスマホに届いたと授業前に聞き、生徒さんみんなでそのメールの内容を見ながらいろいろ話をしていました。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

なりすましメールに記載されている携帯電話番号には電話しない

実はこういう大手の企業を名乗った「なりすましメール」は意外と届いていますよね。今回の佐川急便だけではなく、クロネコヤマト、楽天やAmazon、銀行系を名乗る「なりすまし」のメール。

生徒さんのスマホに届いた佐川急便を名乗るなりすましメールは、ショートメールで届いていました。文面は「不在通知のお知らせ。再配達希望するならこちらから」といかにも怪しげなURLが貼り付けられ、メールの最後に携帯電話の番号が記載されていました。

生徒さんはこのなりすましメールに記載されていた携帯電話番号に電話をかけたけれど、使われていないというアナウンスがあったそうです。

それ以降、メールの着信はないそうですが、くれぐれもこういうメールを受取っても電話をかけたり返信したり、URLをタップしたりはしないでくださいね。

佐川急便の公式サイトになりすましメールの事例が紹介されています

さて、今回この「なりすましメール」の送信元とされてしまった佐川急便さんのサイトを見るとこの件についてお知らせが記載されていました。文面の事例もあったので、リンクを貼り付けておきます。

佐川急便を装った迷惑メールにご注意くださ...│お知らせ│佐川急便株式会社<SGホールディングスグループ>

なりすましメールのURLをクリックしたらアプリのインストールを促す画面が表示された

今回のメールに記載されていたURLをクリックすると「荷物の追跡をするならアプリをインストールするように」というページが表示されたという話でした。

生徒さんはアプリをインストールするようにという文言を不審に思い、そのページから離れたそうですが、間違ってもアプリをインストールすることがないようにしてください。

もしもアプリをインストールしてしまったらどうなる?

少し気になったので調べてみると、このURLをクリックした先でダウンロードしたアプリをインストールしてしまうと、勝手に迷惑メールを大量送信してしまうという事例が報告されていました。他にもスマホの連絡先を勝手に読み取ったり、勝手に画面をロックされ、パスワードをリセットされる(端末自体を乗っ取る)といった事例も見つかりました。

佐川急便を名乗ったなりすましメールに記載されたURLをクリックした先でインストールするようにとされているアプリをインストールしてしまうと、どうやら遠隔操作をされてしまうようで。

なりすましメールにショートメールが使われる事例も報告されていた

まず、ショートメールでこの手のメッセージが来るのがおかしいですよね。確かに電話はかかってくるかもしれませんが、ショートメールでやり取りしようなんてことはない気がします。ここで「おかしい」と気付いてもらえればいいのですが、「荷物なんて来るわけない、何かの間違いだ」と思って記載された携帯電話の番号に電話をかけてしまったり、再配達の依頼をしなくちゃと思う人はアプリをインストールしてしまったり。

自分は大丈夫!その過信が一番危険!

実は、こういうメールに対して一番反応してしまうのは「自分は大丈夫だ」と思っている人。「詐欺サイト?フィッシング詐欺?ウイルス?偽アプリ?そんなのにはひっかからない」と言い切る人のほうが意外とひっかかっています。

これは統計ではなく、あくまでもわたしの体感でしかありませんが…。「こういうメールが来たら反応してしまうわ」と言っている人のほうが意外とひっかからない。「こういうのが危ないのよね、気を付けなくちゃ」と思っている人のほうが安全だったりもします。

車の運転もそうだと思いますが、自分は大丈夫という過信が一番危険だと思います。現に過信しがちな人のほうが、偽ソフトをインストールしてしまっているような気がします。

今回の事例とは違いますが、自分は大丈夫!と言い切る相談者とのやり取りを書いています。

ウイルス対策ソフトは万全ではない、ということを認識しましょうね
セキュリティ対策ソフトを入れていれば安全。そう思われている人は非常に多いです。確かにセキュリティ対策ソフトを入れていればある程度の不安は解消するかもしれません。が、それだけでいいという考えは危険ではないかと思います。今日は、セキュリティ対策ソフトを入れただけではダメなんですよ、という話を書いていこうと思います。

「あれ?」という感覚は大事にしてください。おかしいと思ったらそれ以上操作を続行せず退避してくださいね。

Androidを狙った、日本の宅配業者アプリを装うマルウェア
日本の有名な宅配業者の名前を騙り、悪質なアプリをダウンロードさせる攻撃が見られています。
パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします




スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする