【Word】表に入っている文字縦方向にずれる

高齢者のためのワード教室
高齢者のためのワード教室
この記事は約3分で読めます。

Wordで表を作って、セルの中に入っている文字を中央揃えにすれば真ん中に揃うっていう話やったんやけどな、この表、何回やっても真ん中に揃わんのや

と見せてくれたのが下の表。

Wordの表に対して文字の位置を設定できるのは、「レイアウト」タブにある揃えボタンです。

「レイアウト」タブにある揃えのボタンを使えば、横位置・縦位置ともに左揃え、右揃え、中央揃えが設定できます。

ところが、この表には上で書いた通り、「レイアウト」タブにある「中央揃え」を設定していますが、横方向では中央に揃えられているけれど縦方向には中央に揃っていません。

スポンサーリンク

【Word】表のセルにレイアウトの中央揃えを設定しても縦位置の中央に揃わないのは、余分な改行を入れているからかも

さて、ここの表を見て気づくことがありませんか。

2行目だけ、行の高さが違っていますね。これが今回、文字が縦位置の中央に揃わなかった理由です。

Wordには編集記号といって、段落記号やタブ、スペースなどそこでどんな操作が行われたのかが分かるものがあります。見せていただいた表、この編集記号が非表示になっていたんです。

そこで、編集記号を表示してみると…

2行目の真ん中のセルに入っている数字の「5」の下に段落記号(Enterキーで改行したことが分かる記号)が入っています。

これが、2行目だけ行の高さが違っていたこと、そして、2行目の真ん中のセルに入っている文字「5」だけが縦位置の中央に揃わなかった理由です。

不要な段落番号を消す。改行マークを削除する

この場合、不要な段落記号を消す、改行を削除してあげれば、縦位置の中央に揃うはずです。やってみましょう。

まず、不要な段落番号が入っている部分にマウスポインタを合わせてクリックしてカーソルを置き、

キーボードのBackSpaceキーを1度押してみましょう。

余分な改行マークが削除され、行の高さが他の行の高さと同じになりましたね。

行の高さが揃ったことを確認できたら行の高さを変えて、本当に縦位置の中央に数字の「5」が配置されるかを試してみましょうか。

2行目の下の罫線にマウスポインタを合わせて、下方向へドラッグすると2行目だけ行の高さが高くなります。

2行目の他のセル、数字の「4」と「6」の位置と「5」の位置、そろっているでしょうか。

おかしいなと思ったら、編集記号を表示し、不要な段落記号(改行マーク)が入っていないかをチェックしてみましょう。

複数の行の高さを同じ高さで広げたり縮めたりしたい場合は、表の上にマウスポインタを合わせると表示される右下の□にマウスポインタを合わせてドラッグします。

以前、別の記事でセルに中央揃えの設定をしたのに文字の位置が右にずれる件について書きましたが、Wordの場合、縦位置でも思ったようにそろわずずれることがあります。縦方向の中央揃えの場合、余分な改行を入れてしまったために起こることが多いので、編集記号を表示し、余分な改行をいれていないかをチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました