Wordで写真を用紙いっぱいに印刷したいのに余白が出てしまうときはどうすればいい?

スポンサーリンク
高齢者のためのワード教室
この記事は約7分で読めます。

いい写真が撮れたから友達に送りたいんやけどな、その友達っていうのがパソコンもスマホも使ってないんやわ。どうやって送ったらええやろ?

はがきに印刷して送ったらどうでしょう?

お!それいいな!印刷して送るわ!

というやり取りがあった数日後。

先生、この前言うてたはがきに印刷したんやけどな、余白無しにして印刷したのに周りに白いとこがあるんやわ。余白無しに設定したのになんで白いとこがでるんや?

余白無し…ということはWordで用紙をはがきサイズにして印刷したってことでしょうか。

そうや

Wordで余白無しの設定にしただけでは周囲に余白が残ることがあるんです。プリンタ側の設定を「ふちなし印刷」にしてみると大丈夫かもしれません。プリンタの型番って分かりますか?

教えてもらったプリンタの型番を調べると、ふちなし印刷に対応していることが分かったので、ふちなし印刷の方法をお伝えすると、余白が残らない、はがきいっぱいに印刷することができました。

スポンサーリンク

Wordで上下左右の余白をすべて0にしたのに余白が出て印刷されるのはなぜ?

先生、なんで余白無しにしたのに余白が出るんや?

それは、プリンタの仕様なんです。Wordで上下左右の余白を「0」にしたとき、修正と無視というボタンがある画面が開いてきませんでしたか?

そういえば…。

Word側で上下左右の余白を「0」にしたとしても、プリンタ側が「いやいや、最低でもこれくらいの余白はいるから修正してもらったほうがいいよ」といってきてるんです。

そこで、「修正」ボタンをクリックすれば、プリンタ側として最低限必要な余白の数値をあててきます。「無視」ボタンをクリックすれば、プリンタ側がとして最低限必要な余白としてあてようとした数値を「0」で承認する、みたいな感じです。

なるほどな…、てことは、余白無しで印刷したいときは、修正ボタンを押さずに無視ボタンを押して、さらにフチなし印刷を選べばいいってことになるんか。

スポンサーリンク

Wordで上下左右の余白を0にして写真を用紙いっぱいに印刷するには

ところで、はがきに写真をいっぱいに印刷したいだけなら、写真を開いてはがきサイズの用紙にフチなし印刷したほうが手間がかからないと思うんですが…。

いや、ほんまやったら写真をはがきに印刷して一言書こうかって思ったんやけどな、字書くのが苦手やから、Wordで文字打とうかと思ってな…。

なるほど!写真に一言添えるため、だったんですね。

これもうまいこといかんかったんやわ。写真入れてテキストボックスで文字入れようと思うんやけど写真が動いてしまってな…。

そうですか。確かに写真の上に文字を乗せようと思うと、マウスの操作で写真が動いてしまったりしますもんね。もしかしたらこの方法だとそれが解決できるかもしれません。

用紙サイズ・余白を設定。写真の向きに合わせて印刷の向きを変更する

ここから、Wordで写真をはがきサイズの用紙いっぱいに配置し、写真の上に文字を乗せる手順をご紹介していきます。

初めに、Wordの用紙サイズを「はがき」に、

印刷したい写真が横向きなので印刷の向きを横に、

用紙いっぱいに写真を配置したいので上下左右の余白を「0」にする設定をします。

Word2016の場合、あらかじめいくつかの余白が設定されていますが、この中に上下左右の余白がすべて「0」のものがなければ、一番下にある「ユーザー設定の余白」をクリックして

上・下・左・右に入っている数値をすべて「0」に変更してOKボタンをクリックします。

プリンタによっては「一部の余白が印刷可能なページ範囲の外に設定されています。余白を印刷可能な範囲内に移動してください。」と表示されることがありますが、今回は写真を用紙いっぱいに余白無しで印刷したいので「無視」ボタンをクリックしてもらえば大丈夫です。

用紙の設定ができました。ここから余白無しで写真を用紙いっぱいに印刷するための設定をしていきます。

Wordのヘッダーを使って写真が動かないように設定する

Wordで写真を挿入するには、「ホーム」タブの中にある「挿入」ボタンを使用しますが、この方法で写真を挿入すると、写真が動いてしまいます。

そこで、配置した写真を移動させず、そのまま固定する(ロックするという言い方もあります)操作を行います。

Wordで配置した写真をマウス操作で移動させないように固定するには、「ヘッダー」の中に写真を配置します。

Wordのヘッダーを操作するには、「挿入」タブをクリック→「ヘッダー」をクリック→「ヘッダーの編集」をクリックします。

ヘッダーの操作ができる「ヘッダーとフッター」という画面に変わりました。

用紙いっぱいに印刷したい写真の配置を固定するには、「ヘッダーとフッター」タブの中にある「画像」をクリックし、写真を挿入します。

写真が配置できましたが、このままでは写真を自由に大きくしたり小さくしたり、移動させたりができません。

そこで、「レイアウトオプション」にある「文字列の折り返し」の「前面」をクリックし、写真を自由に拡大縮小・移動ができるようにします。

ヘッダー画面に挿入した写真が自由に拡大縮小・移動させられるようになったので、マウスを使って大きくしたり小さくしたり移動したりして、下の画像のように用紙いっぱいにできたら「ヘッダーとフッターを閉じる」ボタンをクリックして、ヘッダーの編集画面を閉じます。

「ヘッダーとフッター」の編集画面を閉じると、先ほど配置した写真が薄くなってしまいますが、

印刷プレビューで確認してもらうと写真が薄くならずに印刷されることが確認できますので安心してこのまま操作を続けてください。

写真の上にマウスポインタを乗せて移動させようとしても写真が動かない、ロックされた状態になりました。

後は、テキストボックスなどを用いて一言添えて完成です。

テキストボックスなどを移動させるとき画面の中に緑の線(下の画像の赤く囲った部分)が表示されることがあります。これはガイド線といって、配置の目安になる線です。

テキストボックスについては、周りに黒線、枠の中は白く塗りつぶされています。黒い線を取ったり、

塗りつぶしを無しにしてみたりといろいろやってみると雰囲気が変わっていいかもしれません。

最後に、プリンタのプロパティから「フチなし印刷」を設定して印刷する

Wordの操作は完了したので、あとは「フチなし印刷」の設定をして印刷するだけ!です。

プリンタが古いとフチなし印刷が設定できないことがあります。

Wordでフチなし印刷を設定するには、Wordの「ファイル」をクリック→「印刷」をクリックし、ご自身が使っているプリンタ名の下にある「プリンタのプロパティ」をクリックし、

わたしの使っているプリンタはBrotherのものですが、「基本設定」の中に「ふちなし印刷」のチェックボックスがありますので、こちらをクリックしてOKボタンをクリック。あとは、Wordの画面に戻るので、「印刷」ボタンをクリックすれば余白のない印刷ができます。

プリンタによっては、ふちなし印刷を設定すると以下のような注意画面が表示されますが、内容を確認してOKボタンをクリックしてもらえば大丈夫です。

フチなし印刷の注意点

ふちなし印刷というのは、用紙からはみ出すようにインクを使いますので、プリンタのローラー部分が汚れてしまい、続けて印刷すると別の用紙が汚れてしまうことがあります。

もし、用紙が汚れてしまったら、プリンタの取扱説明書を確認し、給紙ローラーのクリーニングを行ってください。

今回は、Wordで用紙いっぱいに写真を背景のように印刷する方法をご紹介しました。写真が移動しても面倒でなければ今回ご紹介した方法は必要ないかもしれませんが、もし、写真の上に文字を乗せたりしたときに写真が動いてしまうのが気になるという方なら、この写真をロックする方法を使ってみてもらうといいかなと思います。

プリンタによってはフチなし印刷ができないものもありますので、プリンタの取扱説明書で確認するか、取扱説明書がなければプリンタのホームページで型番で調べてもらうといいかと思います。

タイトルとURLをコピーしました