パソコンの文字入力。ローマ字入力とかな入力、どちらを使う?

BerckenGroep / Pixabay

パソコン操作の第二関門といえば文字入力になりますが、パソコンの文字入力にはローマ字入力とかな入力、2つの方法があります。ちなみに第一関門はマウス操作(パソコン操作の第一関門。マウス操作のコツ)です。

キーボード入力のローマ字とかな入力、どちらを選ぶにしてもメリットとデメリットがあります。今日はキーボード入力の方法について書いていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

かな入力のメリット・デメリット

メリットは1文字の入力に1つのキー。濁音や半濁音の時などを除けば、です。デメリットは、あいうえお順に並んでいないので、覚えるのがちょっと大変かもしれないこと。もうひとつは、アルファベット入力がどうしても必要になるインターネットやメール。このときはまたアルファベットの配置を覚えなきゃ、ってところでしょうか。

ローマ字入力のメリット・デメリット

メリットは、キーボードの配置を覚える量が少ない・・・かな。デメリットは、あ行はいいけど、それ以降は最低でも一文字入力するのに2つのキーを押す必要があることと、頭の中で「きゃ」が「KYA」だと変換してからキーを打つこと。
高齢者の場合、この頭の中で、っていうところがなかなか慣れないとおっしゃる方がいらっしゃいますね。よく入力する文字はなんとなく配置を覚えることができますが、めったに使わない「X」や「Z」なんかは、あれ?ってことも多いです。

ローマ字入力を覚えるコツ

ローマ字入力で一番大切なのは母音の場所を覚えることです。

もうひとつは、キーボードの入力には両手を使うということ。これは何も、テレビで見るような両手を使ってチャチャと入力しなさいというのではなく、一番動作しやすい人指し指だけでも構わないので両手を使ってほしいということです。

パソコンに接続されているキーボードにはたくさんのキーが並んでいますが、JFのキーにだけ何か印のようなものが付いているのではないでしょうか。

この2つのキーに両手の人差し指を置いてみてください。そのまま両手の親指をSpaceキーにのせてみてください。どうでしょう?それらしい手の形になっていませんか?

実は、キーボードというのは両手を使って入力しやすいように設計されているのです。といってもキーとキーの間(ピッチ)は千差万別ですので、誰にでもピタッとはまるというわけではありませんが。

キーボード入力は変換のタイミングを見直すことでぐっと早くなる

最近のパソコンは、入力を始めると「予測変換」機能が働くものがありますね。これに頼りすぎちゃうと思わぬ変換ミスが起きたりします。できれば、単語単語で区切って自力で変換→確定と入力していかれたほうが変換ミスが少なくなりますよ。

例)今日は良い天気ですね。
今日は「変換→確定」良い「変換→確定」天気ですね。「変換→確定」

これを繰り返していくことで、自分の変換スタイルをパソコンに教えることができるので、変換が素早くなってくるかな、と。

もうひとつのコツは、句読点が入るときには、それまで入力して変換する、ってことでしょうか。そうすれば必ず変換範囲の最後が句読点になるので、そこまでは変換候補にはなりにくいから。たまに見られるのが、「、」が「,」になっていたり、「。」が「.」になったり。

関連記事 小さい「ょ」の入力方法。ローマ字入力の場合とかな入力の場合

日本語入力のオンとオフ。キーボードでもできます

たまに見かけるのが、ツールバーを使って切り替える方。いけないというわけではなく、たまにこのツールバー・・・、消えるんです。そうすると切り替えができない!ってなります。そうならないようにキーボードの「半角/全角」で切り替えられるように場所だけは覚えておきましょう。

パソコンの文字入力方法。ローマ字入力がいいかかな入力がいいか

これはもう自由に選んでほしいというのが正直な気持ちです。どちらを選んでもメリットとデメリットがあるからです。どちらのほうが「使いやすいか」というご自分の感覚を大事になさってください。

パソコン操作には1つの目的に対して方法がたくさんあるものです。どれを選ぶかは操作するあなた自身が決めることです。たくさん知っているか知らないかということで優劣が決まるわけではありませんので、ご自身で好きな操作方法を覚えるのではなくて慣れるまで練習してみてくださいね。




記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする