パソコンの文字入力。ローマ字入力とかな入力、どちらを使う?

BerckenGroep / Pixabay

パソコン操作の第二関門といえば文字入力になりますが、パソコンの文字入力にはローマ字入力とかな入力、2つの方法があります。ちなみに第一関門はマウス操作(パソコン操作の第一関門。マウス操作のコツ)です。

キーボード入力のローマ字とかな入力、どちらを選ぶにしてもメリットとデメリットがあります。今日はキーボード入力について少しまとめていこうと思います。

パソコンの文字入力には2つの方法がある

パソコンのキーボードを見ると、1つのキーに2つ以上の文字が刻印されていますね。ひとつはかな、もうひとつはアルファベットです。

そこから分かるように「あ」と刻印されたキーを押せば「あ」と入力することができるのが「かな入力」、「A」と刻印されたキーを押せば「あ」と入力することができるのが「ローマ字入力」です。

かな入力、ローマ字入力どちらを選んだとしてもメリットがあればデメリットもあります。

かな入力は覚えるキーが多くなるけど押すキーの数は少なくて済む

かな入力はキーボードの配列があいうえお順になっていないので配置を覚えるのに時間がかかってはしまいますが、1文字を入力するときに1つのキーを押せばいい(例外もありますが)ので、入力するためにキーを押す数は少なくて済みます。

ローマ字入力は覚えるキーは少ないけど、押すキーの数は多くなる

ローマ字入力はキーボードの配置を覚える範囲が少なくて済みます。子音と母音を組み合わせて押すため、1文字を入力するときに1~2つのキーを押すことになります(例外もありますが)。

入力したい文字を頭の中で子音と母音に分けて、キーを探して押す。この子音と母音に分けてという点がかな入力に比べて増えてしまう手間になります。

たとえば、「は」と入力するならキーボードのHを押し、続けてAと押します。「きゃ」と入力するならキーボードのK Y Aと押します。

ローマ字入力の最初の一歩は「AIUEO」の場所を覚えること

ローマ字入力で一番大切なのは母音の場所を覚えることです。

A I U E Oというキーは文字入力のときにほぼ使うキーです。なので、ローマ字入力が覚えられなくて…という方はぜひこの5つの文字のキーを覚えられるように練習してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

キーボード入力に慣れるコツ

人差し指だけでもいいから、両手を使うこと

もうひとつは、キーボードの入力には両手を使うということ。これは何も、テレビで見るような両手を使ってチャチャと入力しなさいというのではなく、一番動作しやすい人指し指だけでも構わないので両手を使ってほしいということです。

キーボードにはホームポジションというのがある

パソコンに接続されているキーボードにはたくさんのキーが並んでいますが、JFのキーにだけ何か印のようなものが付いているのではないでしょうか。

この2つのキーに両手の人差し指を置いてみてください。そのまま両手の親指をSpaceキーにのせてみてください。どうでしょう?それらしい手の形になっていませんか?

この印のあるキーのことをホームポジションと呼んでいます。この2つのキーを基準に指の動きに慣れてもらうのがキーボード入力が安定するコツです。

キーボード入力は変換のタイミングを見直すことでぐっと安定します

最近のパソコンは、入力を始めると「予測変換」機能が働くものがありますね。これに頼りすぎちゃうと思わぬ変換ミスが起きたりします。できれば、単語単語で区切って自力で変換→確定と入力していかれたほうが変換ミスが少なくなりますよ。

例)今日は良い天気ですね。
今日は「変換→確定」良い「変換→確定」天気ですね。「変換→確定」

これを繰り返していくことで、自分の変換スタイルをパソコンに教えることができるので、変換が素早くなってくるかな、と。

もうひとつのコツは、句読点が入るときには、それまで入力して変換する、ってことでしょうか。そうすれば必ず変換範囲の最後が句読点になるので、そこまでは変換候補にはなりにくいから。たまに見られるのが、「、」が「,」になっていたり、「。」が「.」になったり。

関連記事 小さい「ょ」の入力方法。ローマ字入力の場合とかな入力の場合

日本語入力のオンとオフ。キーボードでもできます

たまに見かけるのが、ツールバーを使って切り替える方。いけないというわけではなく、たまにこのツールバー・・・、消えるんです。そうすると切り替えができない!ってなります。そうならないようにキーボードの「半角/全角」で切り替えられるように場所だけは覚えておきましょう。

パソコンの文字入力方法。ローマ字入力がいいかかな入力がいいか

これはもう自由に選んでほしいというのが正直な気持ちです。どちらを選んでもメリットとデメリットがあるからです。どちらのほうが「使いやすいか」というご自分の感覚を大事になさってください。

パソコン操作には1つの目的に対して方法がたくさんあるものです。どれを選ぶかは操作するあなた自身が決めることです。たくさん知っているか知らないかということで優劣が決まるわけではありませんので、ご自身で好きな操作方法を覚えるのではなくて慣れるまで練習してみてくださいね。

パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします




スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする