【Canon】プリンタのタッチパネルが反応しなくなった

高齢者とパソコン
この記事は約5分で読めます。

パソコンインストラクターあるあるなのかもしれませんが、プリンタが動かなくなった!と電話がかかってきやすい時期というのがありまして。だいたいは11月~12月後半の年賀状を出す頃と3月~5月の間、たぶん町内会や自治会など総会が開かれやすい頃だからでしょうか。

さて、今回のプリンタ関連のご相談は町内会の会長さん(昔の生徒さん)から。町内の会館に設置してあるCanonのプリンタのタッチパネルが反応しなくなったというのです。

スポンサーリンク

【Canon】プリンタのタッチパネルが反応しなくなった

会館にお邪魔してプリンタを見せていただきました。パソコンとは無線LANで接続されています。

プリンタの電源をオンにしてタッチパネルを操作してみました。おっしゃるとおり、タッチパネルはまったく反応しませんが、パソコンから印刷を試してみるとちゃんと印刷できます。

プリンタのタッチパネルが使えなくてもスキャナ機能はパソコンにスキャナソフト(だいたいプリンタに同梱されているし、プリンタメーカーのホームページからダウンロードできる)がインストールされていれば使えるけれど、コピー機能は使えないですね。

よくコピーするという話だったので業者さんに来てもらう前にできそうなことをやってみることにしました。

プリンタの電源を入れ直してみる

まずタッチパネル自体に汚れがないかを確認してからプリンタの電源を切り、コンセントからケーブルを抜いてしばらく放置(これは意味ないかもしれませんが)。

電源ケーブルをコンセントに挿してプリンタの電源を入れてみました。だいたい、このようなトラブルは電源をオフにして再度オンにすると、タッチパネルが反応しないのは解決できることが多いのですが、今回はダメ。

他にできそうなことはないかとプリンタの型番でネット検索してみると、ファームウェアをアップデートすると直るという事例を見つけました。

そこでタッチパネルが動作しなくなったプリンタのメーカーサイトを調べてみるとファームウェアが見つかりました。

PIXUS MG6230 プリンターアップデートユーティリティ Ver.2.2 (Windows)

さっそくこちらをダウンロードし、プリンタのファームウェアをアップデートしてみることにしました。

プリンタのアップデートを行うにはパソコンとプリンタをUSBケーブルで接続しなければできないプリンタがあります。Wi-Fiで接続しているプリンタで型番が古い場合は別途USBケーブルが必要になることがあります。

今回ご相談のあったプリンタとパソコンはWi-Fiで接続されたものでしたが、プリンタの型番が古いため、別途USBケーブルが必要でした。

プリンタ用のUSBケーブルは持っていないということだったので自宅に取りに帰る間に、ファームウェアをダウンロードしておいてもらいました。

プリンタとパソコンをUSBケーブルで接続しておきます(この時、プリンタの電源は切っておいてください)。

ファームウェアをパソコンにダウンロード(ダウンロード先はどこでも構わないですが、デスクトップにしておいたほうが分かりやすいと思います)したファイルがこちら。

このファイルはZIPファイルですので解凍が必要です。ZIPファイルのアイコンをダブルクリックすると自動解凍が終わり、デスクトップ上に同じ名前のフォルダが表示されます。

フォルダを開いて中にある「Printer Update」をダブルクリックします。

「次へ」ボタンをクリックします。

プリンタの電源を入れ「次へ」ボタンをクリックします。

次の画面で「開始」ボタンをクリックするとファームウェアのアップデートが始まりました。アップ―デート自体は数分で完了しました。

一旦、プリンタの電源を切り、USBケーブルを抜いてから、プリンタの電源を入れました。タッチパネルはしっかり反応するようになり、大変喜んでいただきました。

Canonのプリンタでタッチパネルが反応しなくなったときはファームウェアのアップデートをやってみる

プリンタのタッチパネルが動作しなくなったとき、だいたいの場合はプリンタの電源を切って再度入れると動作するようになることが多いのですが、今回は電源のオンオフで改善されなかったので、プリンタのファームウェアをアップデートすることでタッチパネルが動作するようになりました。

ファームウェアというのは「本体に組み込まれているソフト」のこと

プリンタとパソコンをUSBケーブルやWi-Fiで接続しただけではパソコン内にあるデータなどを印刷することができません。

パソコンからプリンタへ印刷データを送ったり、パソコンからプリンタのインクの状態などを確認出来たりするのは、「ドライバ」と呼ばれるソフトがインストールされて動作しているから行えるようになるのです。

ファームウェアはドライバとは異なり、ドライバはパソコンとの通信を確立させるために必要なもの、ファームウェアはプリンタ本体に組み込まれているソフトのことをいいます。

最近のプリンタはWi-Fiに接続できるものが多くなったので、プリンタ本体に「ファームウェアの更新」という通知が届くものが多くなりました。

今回のプリンタは、Wi-Fiで接続できるタイプなのですが、タッチパネルにファームウェアの更新通知は届いていないようでした。プリンタが古いからなんでしょうか。

なので、Wi-Fi対応のプリンタのタッチパネルに「ファームウェアの更新」と通知されたら更新するようにしましょう。

お問い合わせ・ご質問はこちらから
投稿に関するお問い合わせやご質問はメールフォームからお願いいたします。
スポンサーリンク
高齢者とパソコン
スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました