小さい「ゃ」「ゅ」「ょ」。ローマ字入力で入力する方法、かな入力で入力する方法。

スポンサーリンク
高齢者とパソコン
geralt / Pixabay
この記事は約4分で読めます。

高齢者を対象としたパソコン教室でキーボードの入力練習をしていると

小さい「ゃ、ゅ、ょ」ってどうやって入力するの?

小さい「っ」はどうするんや?

と質問されることがよくあります。

この記事では、小さい「ゃ・ゅ・ょ」、「っ」、「ぁ、ぃ、ぅ、ぇ、ぉ」を入力する方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

小さい「ゃ・ゅ・ょ」、「っ」、「ぁ、ぃ、ぅ、ぇ、ぉ」を入力する方法

日本語をキーボードで入力する2つの方法について

パソコンのキーボードのキーをよく見てもらうと、アルファベットとひらがなが刻印されていますね。

キーボードを使って初めて文字を入力する人から「日本語を入力するんだからひらがなのキーを押す」とよく言われますが、パソコンのキーボードを使って日本語を入力するには、たとえば、ひらがなの「あ」を入力するときにキーボードの「A」のキーを押す方法と「あ」のキーを押す方法があります。

ひらがなの「あ」を入力する時、キーボードの「A」のキーを押すのは「ローマ字入力」、「あ」のキーを押すのは「かな入力」という方法です。

「ローマ字入力」と「かな入力」で、小さい「ゃ・ゅ・ょ」、「っ」、「ぁ、ぃ、ぅ、ぇ、ぉ」を入力する方法は異なります。ひとつずつ見ていきましょう。

スポンサーリンク

ローマ字入力で小さい「ゃ・ゅ・ょ」を入力する方法

ローマ字入力で小さい「ゃ・ゅ・ょ」を入力するには、他の文字と組み合わせて入力する方法と単独で入力する方法があります。

例として、「きゅうきゅうしゃ」と入力したいとしてその方法をご紹介します。

ローマ字入力で他の文字と組み合わせて小さい「ゃ・ゅ・ょ」を入力する方法

他の文字、「きゅうきゅうしゃ」の場合、「きゅ」の小さい「ゅ」の前にある文字、「き」と組み合わせて入力、「しゃ」の小さい「ゃ」の前にある文字、「し」と組み合わせて入力します。

「きゅ」と入力するには、「き」と大きな「ゆ」を打つのではなく、「き」の母音である「I」を打たずに「K」「Y」「U」とキーを打つと「きゅ」と入力できます。

「しゃ」も同じです。「し」の母音である「I」を押さずに「Y」「A」のキーを打てば「しゃ」と入力できます。

ローマ字入力で小さい「ゃ」「ゅ」「ょ」を単独で入力する方法

では、次に小さい「ゃ」だけを入力したい場合はどうなるかというと、たとえば、小さい「ゃ」を入力したいのであれば、頭に「L」を打ち、続けて「Y」「A」と入力します。

打ちたい小さな文字、「ぁ、ぃ、ぅ、ぇ、ぉ」も同じです。ローマ字入力で小さい「ぁ」を単独で入力するには頭に「L」を打ち、続けて「A」と打ちます。

ローマ字入力で小さい「っ」を入力する方法

小さい「っ」の後に入力する文字の子音のキーを余分に打つと小さい「っ」が入力できます。

子音を1つ余分に打つのを、小さい「っ」だから「T」を余分に打つと勘違いしやすいので注意しましょう。

かな入力で小さい「ゃ・ゅ・ょ」、「っ」を入力する方法

かな入力で小さい「ゃ・ゅ・ょ」や「っ」を入力するには、Shiftキーを押しながら入力したい文字、たとえば小さい「ゃ」であれば、Shiftキーを押しながら「や」のキーを押せば小さい「ゃ」を入力することができます。

キーボードのキーに刻印されているひらがなをよく見てもらうと、下の文字が大きな文字、上の文字が小さな文字になっていますね。

ローマ字入力でもかな入力でも、キーボードのほとんどのキーに刻印されている下の文字はそのまま打てばその文字が入力でき、Shiftキーを押しながら打つと、キーボードのキーに刻印されている上の文字が入力できます。

たとえば、下の図のように数字の「5」とひらがなの「え」が刻印されているキーの場合は、ローマ字入力でそのままキーを押せば「5」、Shiftキーを押しながら押せば「%」が入力でき、かな入力ではそのままキーを押せば「え」、Shiftキーを押しながら押すと小さな「ぇ」が入力できます。

キーボードのキーは右側はかな入力、左側はローマ字入力。上にある文字を入力したいときはShiftキーを合わせて使うと入力できる

ローマ字入力で小さい「ゃ、ゅ、ょ」を入力する方法、かな入力で小さい「ゃ・ゅ・ょ」を入力する方法のまとめ

小さい「ゃ・ゅ・ょ」と入力するには、ご自身が「ローマ字入力」なのか「かな入力」なのかによって方法が異なるということをご紹介しました。

かな入力だとキーボードのキーをShiftキーを押しながら押せば小さい「ゃ・ゅ・ょ・っ」が入力できます。

ローマ字入力だと他の文字と組み合わせて小さい「ゃ・ゅ・ょ・っ」を入力する方法、単独で入力する方法の2つがありました。単独で小さい「ゃ・ゅ・ょ・っ」を入力するとき、「L」を打った後続けて入力する方法をご紹介しましたが、「L」の代わりに「X」を打った後続けて入力する方法もあります。

タイトルとURLをコピーしました