パソコンで小さい「つ」を入力する方法。

スポンサーリンク
小さいつの打つ方。パソコンで促音・拗音を入力する方法 高齢者とパソコン
高齢者とパソコン
この記事は約3分で読めます。
記事内にプロモーションが含まれています

パソコン教室ではマウス操作の次にキーボードを使った文字の入力方法を学びます。キーボード入力の授業で特に多い質問は小さい「っ」をどう入力するかです。

この記事では、パソコンでキーボードを使った小さい「っ」の入力方法を書いていきます。一緒に、小さい「ぁぃぅぇぉ」や「ゃゅょ」の入力方法についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

パソコンで小さな「つ」を入力するには、かな入力かローマ字入力かで入力方法は異なる

パソコンはキーボードを使って文字を入力していきますが、キーボードにはひらがなとアルファベットが刻印されています。

キーボードに刻印されたひらがなのキーを押して文字を入力するのは「かな入力」、アルファベットのキーを押して文字を入力するのは「ローマ字入力」という方法になります。

「かな入力」か「ローマ字入力」かによって、小さい「つ」を入力する方法は異なります。

スポンサーリンク

パソコンのかな入力で小さい「つ」を入力するには?

かな入力で小さいつを入力するには、Shiftキーを押しながらのキーを押します。

他の小さい「ぁぃぅぇぉ」や「ゃゅょ」もこの打ち方と同じように、Shiftキーを押しながら打ちたい文字を打てば小さい「ぁぃぅぇぉ」や「ゃゅょ」を打つことができます。

パソコンのローマ字入力で小さい「つ」を入力するには?

ローマ字入力の場合、小さい「つ」だけを単独で入力する方法と小さい「つ」の後に打つ文字と合わせて打つ方法があります。

パソコンのローマ字入力で小さい「つ」を単独で入力するには?

ローマ字入力で小さいつを単独で入力するには、TU(つ)と打つ前にL を打ちます。

L T U

今回は「L」を使いましたが、「X」を打っても小さい「っ」を打つことができます。

ローマ字入力で小さい「っ」の後に入力する文字と合わせて入力する方法は

ローマ字入力で小さいつの後に入力する文字と合わせて入力するとは、たとえば、「こっぷ」と入力したいなら、ちいさいつの後に打つ「ぷ」の子音である「P」をひとつ余分に打つことで「ぅぷ」と入力することができます。

K O P P U

「きって」なら、K I T T Eと打ちます。

ローマ字入力で小さい字(ぁ、ぃ、ぅ、ぇ、ぉ、ゃ、ゅ、ょ)を単独で入力する方法は

パソコンで小さい字といえば、「っ」以外にも「ぁ、ぃ、ぅ、ぇ、ぉ、ゃ、ゅ、ょ」がありますね。これらの入力方法も小さいつと大きく変わることはありません。

ローマ字入力で小さい字(ぁ、ぃ、ぅ、ぇ、ぉ、ゃ、ゅ、ょ)を単独で入力するには、文字の前にLを打ちます。たとえば、ちいさいあを入力するなら、Lの後にAを打ちます。

小さいやを入力するなら、Lの後にY Aと打ちます。

今回は、文字の前にLのキーを打ちましたが、XのキーでもOKです。

ローマ字入力で小さい字(ゃ、ゅ、ょ)を前の文字と合わせて入力する方法は

ローマ字入力では、前の文字と合わせて入力することで小さいや・ゆ・よを入力することもできます。

たとえば、「しゃ」と入力したいなら、S Y Aと打ちます。

今回は「SYA」と打ちましたが、「SHA」でも「しゃ」と打つことができます。

ローマ字には「ヘボン式ローマ字」と「訓令式ローマ字」とがあります。最近の小学生はどのようにローマ字を習っているかは分かりませんが、私たちが子どもだったころは訓令式で教えてもらったように記憶しています。

どちらの方式で打ったとしても入力することはできるので問題ないとは思いますが、少し違いがあるので表にまとめてみました。

タイトルとURLをコピーしました