小さい「ゃ、ゅ、ょ」の拗音。ローマ字入力とかな入力での入力方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢者対象のパソコン教室の初心者クラスで行ったキーボード入力の授業で「小さい『ょ』はどうやって入力するの?」という話になりました。

小さい「ゃゅょ」は拗音と呼びます。他にも「ぁぃぅぇぉ」などもありますが、これらはどうやって入力すればいいのでしょうか。

例として小さい「ょ」をローマ字入力、かな入力で入力する方法をご紹介していきますね。

スポンサーリンク

小さい「ょ」をかな入力で入力する方法

まずはかな入力。かな入力で小さい「ょ」を入力する方法はひとつです。

キーボードの中にある「よ」のキーをよく見てもらうとキーの右下に「よ」、キーの右上に「ょ」と書かれています。このままキーを押すと「よ」が入力されますが、Shiftキーを押しながら「よ」のキーを押してもらうと小さい「ょ」が入力できますね。

小さい「ょ」をローマ字入力で入力する方法

では次にローマ字入力の場合。

ローマ字入力だと小さい「ょ」の入力方法はふたつあります。

  • 他の文字と合わせて入力する
  • 単独で入力する

他の文字と一緒に入力する方法

他の文字と合わせて、というのを説明しますね。たとえば「しょうゆ」という文字を入力したい場合、「しょ」の「し」も合わせて入力する方法です。

「し」と入力する場合、ローマ字入力だと とキーを押しますが、このを押さずに、代わりに を押します。 ですね。これで「しょ」と入力できます。 でもOKです。

「しゃ」であれば、 (もしくは )、「しゅ」であれば (もしくは )ですね。

単独で入力する方法

もうひとつ、単独で小さい「ょ」を入力したい場合は、 の前に(もしくは)を押します。「ょ」の場合は「 (もしくは )」です。

Xというキーはなかなか押すチャンスが無いので覚えづらいかもしれませんので、Lがおすすめです。生徒さんには「Little(リトル)の頭文字のLだよ」とお話しすると覚えやすいと喜んでいただけています。

小さい「っ」をローマ字入力で入力する方法

小さい「っ」を促音と呼びますが、促音の入力方法もふたつ方法があります。

単語として入力する方法

他の文字と合わせて、というのを説明しますね。たとえば「きって」という文字を入力したい場合は、 とキーを押すと「きって」と入力できます。

では、「こっぷ」だとどうなるか。

とキーを押すと「こっぷ」と入力できます。

促音を含んだ単語を入力する場合は、小さい「っ」の後に来る文字の子音、「きって」だと「て」の子音である、「かっぱ」だと「ぱ」の子音であるをひとつ余分に入力する、これで促音が入力できます。

単独で入力する方法

もうひとつ、単独で小さい「っ」を入力したい場合は、 の前に(もしくは)を押します。「っ」の場合は「 (もしくは )」です。

Shiftキーはお助けキー。他にもお助けキーがあります。

キーボードによって多少違いはありますが、Shiftキーを見てもらうと上向きの矢印が印字されていませんか?これは覚え方のひとつですが、キーボードに印字されている上の文字が入力したいときに合わせて使うのがShiftキー、こんなふうに覚えてもらえればいいかと思います。

では、例として、ひらがなの「え」が刻印されているキーを見てみましょう。

キーボードのキーの中には4つの文字が刻印されているものがありますね。このひらがなの「え」のキーもそう。

キーボードの左側、こちらはローマ字入力の人が見ているところ。数字の5や%を入力するときに使うキーです。

キーボードの右側、こちらはかな入力の人が見ているところ。ひらがなの「え」や拗音の「ぇ」を入力するときに使うキーです。

そして、どちらの入力方法でもキーの上に刻印されている文字、ローマ字入力なら%、かな入力なら「ぇ」、これらを入力するときに使用するのがshiftキーです。Shiftキーを押しながらこのキーを押せば、ローマ字入力なら%、かな入力なら「ぇ」が入力できるというわけです。

ちなみに、このShiftキーのことを補助キーと呼んだりしますが、キーボードの中にはShiftキー以外にも補助キーがあります。

CtrlキーとAltキー、Fnキーなんかがそうかな。何かしらのキーと一緒に使うので単独ではキーを押しても反応しません。

この補助キーはソフトや使用状況によって役割が変化するお助けキーです。場所と名前と役割を覚えておくと便利かもしれませんね。

著者情報
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします

スポンサーリンク
こちらの記事も一緒に読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする