小さい「ゃ、ゅ、ょ」を入力する方法は?

高齢者とパソコン
geralt / Pixabay
この記事は約4分で読めます。

高齢者対象のパソコン教室の初心者クラスで文字入力の授業を行うと必ず聞かれるのが「小さいやゆよ」の入力方法です。

パソコンの文字入力には、ローマ字で入力する方法とかなで入力する方法がありますので、それぞれの入力方法で小さい「やゆよ」を入力する方法を紹介します。

スポンサーリンク

小さい「やゆよ」を入力する方法

かな入力で小さい「やゆよ」を入力する方法

かな入力で小さい「やゆよ」を入力するには、キーボードのShiftキーを押しながらそれぞれのキーを押します。

かな入力で小さい「や」・・・キーボードのShiftキーを押しながらのキーを押す
かな入力で小さい「ゆ」・・・キーボードのShiftキーを押しながらのキーを押す
かな入力で小さい「よ」・・・キーボードのShiftキーを押しながらのキーを押す

小さい文字は他にもありますね、たとえば「ぇ」とか「ぁ」とか「っ」とか。これらもすべてShiftキーを押しながらそれぞれのキーを押せば入力することができます。

ローマ字入力で小さい「やゆよ」を入力する方法

ローマ字入力の場合、「や」と入力するにはキーボードのYキーとAキーを順番に押しますが、小さい「や」を単独で入力しようとすると、キーボードのL(またはX)キー、YキーとAキーを順番に押します。

ローマ字入力で小さい「や」・・・キーボードのキーボードのL(またはX)キー、YキーとAキーを順番に押す
ローマ字入力で小さい「ゆ」・・・キーボードのキーボードのL(またはX)キー、YキーとUキーを順番に押す
ローマ字入力で小さい「よ」・・・キーボードのキーボードのL(またはX)キー、YキーとOキーを順番に押す

と書きましたが、ローマ字入力の場合、小さい「やゆよ」を単独で入力するより、「きゃ」とか「しゃ」とか「ひゃ」などといったように前に入れる文字と合わせて入力するほうが押すキーを少なくすることができます。

たとえば、「きゃ」と入力するとして上の方法を使うと、キーボードのキーをK I L Y Aと5つ押さなければなりませんが、上の方法を使わずに前に入れる文字と合わせて入力すると、キーボードのキーはK Y Aの3つで済みます。

小さい文字でよく使うものとしては「っ」がありますね。ローマ字入力では、この小さい「っ」も後ろに来る文字と合わせて入力することで押すキーを減らすことができます。

たとえば、「きって(切手)」と入力したいなら、先頭の文字をそのまま入力(「き」をK Iと押す)し、小さい「っ」の後ろに来る文字、「きって」の小さい「っ」の後ろの文字「て」の子音(T)を小さい「っ」の分、1回押した後に「て(T E)」と入力します。

K I T T E

では、練習問題。「こっぷ(コップ)」と入力するならどう入力しましょうか。

K O P P U

ですね。

スポンサーリンク

Shiftキーはお助けキー。他にもお助けキーがあります。

キーボードによって多少違いはありますが、Shiftキーを見てもらうと上向きの矢印が印字されていませんか?これは覚え方のひとつですが、キーボードに印字されている上の文字が入力したいときに合わせて使うのがShiftキー、こんなふうに覚えてもらえればいいかと思います。

では、例として、ひらがなの「え」が刻印されているキーを見てみましょう。

キーボードのキーの中には4つの文字が刻印されているものがありますね。このひらがなの「え」のキーもそう。

キーボードの左側、こちらはローマ字入力の人が見ているところ。数字の5や%を入力するときに使うキーです。

キーボードの右側、こちらはかな入力の人が見ているところ。ひらがなの「え」や拗音の「ぇ」を入力するときに使うキーです。

 

そして、どちらの入力方法でもキーの上に刻印されている文字、ローマ字入力なら%、かな入力なら「ぇ」、これらを入力するときに使用するのがshiftキーです。Shiftキーを押しながらこのキーを押せば、ローマ字入力なら%、かな入力なら「ぇ」が入力できるというわけです。

ちなみに、このShiftキーのことを補助キーと呼んだりしますが、キーボードの中にはShiftキー以外にも補助キーがあります。

CtrlキーとAltキー、Fnキーなんかがそうかな。何かしらのキーと一緒に使うので単独ではキーを押しても反応しません。

この補助キーはソフトや使用状況によって役割が変化するお助けキーです。場所と名前と役割を覚えておくと便利かもしれませんね。

高齢者とパソコン
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました