SNSの乗っ取りにご注意ください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNS

ここ数日、SNS(特にFacebook)のアカウントを乗っ取られたというご相談が急増しています。

スポンサーリンク

SNSのアカウントが乗っ取られたと分かるきっかけ

たまたまかもしれませんが、お問い合わせの方のほとんどが友人から知らされた、というものでした。

それと、登録したけれどほとんど使っていない、もしくは見ていないという共通点もありました。

SNS上で友達になっている人から知らされて気付くという事例は多いです。慌ててSNSにログインしようとしてもすでにパスワードが変更されてしまってログインできないという相談事例もありました。

SNSのアカウントが乗っ取られていたら

SNSを乗っ取られてしまっていても、SNSにログインできるのであればすぐにパスワードを変更してください。

しかし、SNSにログインできないとなるとこれはとても厄介です。

個人情報をどれだけ入力しているかによってその影響は変わってきてしまいますが、あなたになりすましてアカウントを使用し、SNS上の友達に対して何かをしてしまうことも怖いです。

あなたのアカウントを乗っ取った相手は何をしているかというと、あなたになりすまして偽イベントへの招待や他のSNSアカウントを乗っ取るために電話番号を聞くメッセージを送ったり、プリベイトカードの購入を持ち掛けたりする事例も多くあります。

SNSアカウントを乗っ取られないためにできること

完全に防ぐことができないというのが正直な話になってくるのですが、以下の点には最低限気を付けてもらうようにお願いをしています。

メールアドレスやパスワードを使い回さない

アカウントの管理が面倒だからとSNS以外でも同じメールアドレスとパスワードの組み合わせを使っている人がいます。

万が一、このメールアドレスとパスワードの組み合わせが何らかの理由で漏れてしまうと入手した相手はSNSやショッピングサイト、会員サイトなどにログインを試みます。

これに成功してしまうと、あなたの個人情報や登録していればクレジットカードの番号なども入手されてしまいます。

面倒かもしれませんが、サービスごとにアカウントとパスワードの組み合わせを変えるようにしておきましょう。

素性の分からない相手の友達申請は受けない

今回のSNS乗っ取りのご相談は、Facebookがほとんどでした。友達申請が来ると誰かも分からないのに承認してしまう人がいますが、これは危険です。

申請が来たら承認する前に相手がどんな人か、どんな投稿をしているかをしっかりチェックしましょう。プロフィール画像を入れていなかったり、基本データがほとんど入力されていないアカウントからの友達申請は基本削除してもらったほうがいいと思います。

基本データのメールアドレスと電話番号の公開は自分のみに。

Facebookの場合、基本データといって自分のことを入力できる項目がたくさんあります。が、入力した項目の公開範囲というのは自分で決めることができます。

メールアドレスと電話番号の公開は必ず自分のみに変更しておきましょう。これをしておかないとFacebook上で検索されたときに、メールアドレスや電話番号が誰にでも見られるようになってしまっています。

メールアドレスも携帯電話番号も個人情報です。誰にでも見られる状態にしておくのは危険ですので、公開範囲を自分のみに変更しておきましょう。

あまり使っていないならSNSアカウントを削除するのも手

実は、放置されている(登録しただけで使っていない)SNSアカウントは非常に多いと言われています。

もし、SNSに登録はしたけれど使っていないというのであれば、SNSアカウントの削除をしてもらったほうがいいと思います。

もし、アカウントの削除が嫌なら定期的に見るようにしてもらうだけでも、変化に気づくことができると思います。

SNSの乗っ取りについてのまとめ。

SNSアカウントを乗っ取られてしまうと、自分が被害にあうだけじゃなくSNS上の友達にも迷惑をかけてしまうことがあります。

登録しただけで放置しているSNSアカウントは、こういったものに利用されてしまう可能性が高まりますので、SNSに登録はしたけどログインしていないというのであれば、SNSから退会するのもありだと思います。

ただ、どうしてもアカウントの削除が嫌だというのであれば、SNSにログインして身に覚えのない投稿をしていないかを確認するようにしてくださいね。

著者情報
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています