そもそもスマホ、使いこなせるの?~高齢者を悩ませるスマホの誘惑

JESHOOTS / Pixabay

高齢者に限らず、スマホを持ちたい、スマホに機種変更しようかと考える人に相談されることが多いです。その中でよく聞く話を書いていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

スマホを使いこなせるのか

使いこなせるかどうかは、私の主観で言えば、「使いたいものが使えたら使いこなした」ではないかと。ちょっと乱暴な言い方かもしれませんが、すべての機能を使いこなしているかどうかといわれたら、皆さんがお使いのガラケーも同じではないでしょうか。

スマホで最低限操作できるといいもの

  • 電話を掛けることができる、電話に出られる
  • 連絡先を登録しておく
  • メールの送受信ができる
  • アラーム
  • スケジュール管理
  • 室内外でホームページ検索ができる
  • 地図機能が使える

たくさんの機能があるようですが、スマホは「アプリ」と呼ばれるものを取り込んで機能をアップさせていくもの。上にあげたものはスマホを手に入れたら初めから入っていることが多いアプリを使ってできることです。

毎月のスマホ料金は人それぞれ違います

スマホはガラケーに比べて機種のお値段がお高め。そして月々の利用料金もお高めになります。ガラケーに比べて、初期投資もランニングコストもアップします。

ところが、最近(2016年)では、高齢者の皆さんにスマホを使ってもらいたいと大手通信会社はこぞってシニアプランを出してきています。一昔前に比べていろいろなプランが登場しているので一度通信会社の窓口に出向き、どれくらい利用料金が上がるのかシュミレーションしてもらうとよいかと思います。

私の契約している通信会社ではここ3か月ほどの利用状態を確認しながら、最適なプランを提示してくれました。あ、そうそう。ガラケーを契約したときのまま、プラン変更されていないそこのあなた!もしかしたら、利用状況に合わないプランを使っている可能性がありますよ。できれば、年に一度は窓口に出向いて雑談がてら相談されることをオススメします。

高齢者にはシニア用スマホが一番なのか

個人的な考えになりますが、高齢者だからとシニア用スマホ、シンプルスマホをおすすめすることはありません。

確かに料金プランや機種代金はかなり抑えめになっているので、月々かかる費用を抑えることができます。これはシニア用スマホの大きな特徴だと思います。

すべての料金プランを見たわけじゃありませんので断言することはできませんが、ある程度年数が経てば、シニア用にと抑えめに設定された料金プランが適用外になるところがあるようです。

シニア用の料金プランが適用外になれば、わたしたちが支払っているスマホ関連の料金と同じになるということですね。数年後より今のほうが年齢は若い。数年後、通常の料金設定になるのであれば数年後より若い、今の自分で早めに慣れておくというのもアリなのではないかと思います。

高齢者にスマホを使いこなせるかのまとめ。

個人的観測をいえば、高齢者がスマホを使いこなせるかという問いには、スマホが持つたくさんの機能の中で高齢者が使いたいという機能が明確であれば使いこなせる可能性は高くなると考えています。

確かに、専門用語などの言葉は聞き慣れないものかもしれません。わたしの生徒さんの中でも「カタカナ用語は苦手」という方が多いのも事実です。聞き慣れていけば受け入れられないこともないんじゃないかと考えます。本当に必要な機能に関する用語はさほど多くないのがスマホが持つ特徴だと思います。

スマホというと難しいもの、と捉えられがちです。しかし、スマホの全機能を使いこなせる人はそう多くはないし、スマホ自体の機能というよりアプリの使い方に慣れるというのが表現としては適切なのではないかとも思います。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする