高齢者にスマホやタブレットを教えるときに気を付けてほしいこと

FirmBee / Pixabay

スマホやタブレットの使い方を高齢者にお話するとき。状況には2つのパターンがあると思います。ひとつめは「使い方を聞かれたから教える」、ふたつめは「一から操作を教える」です。今回は、一からスマホやタブレットの操作を高齢者に教えるときにパソコンインストラクターである私が気を付けていることを書きます。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

高齢者にスマホやタブレットの操作方法を教えるときにチェックしておくこと

まず、携帯電話やパソコンの使用経験を聞かれると思いますが、使えるとはどの程度かという話になるかと思いますので、以下にわたしが高齢者にスマホやタブレットの使い方を教えるときに確認しておくことを書いておきます。

携帯電話の使用状況を確認しておく

携帯電話をお持ちの高齢者には、今携帯電話でどんなことをしているかを必ず確認します。それはなぜかというと、今まで携帯電話でできていたことができなくなるのが高齢者にとって大きな不信感につながるからです。

あとは携帯電話で写真を撮っているか、写真を撮っているならその写真の使い道も聞いておいた方がいいと思います。携帯電話で撮影した写真をパソコンに取り込んでいるという人もいるからです。スマホの機種によってはその方法がガラッと変わってしまうことがあるので聞き取っておいたほうがいいと思います。

さらに、メールの送受信についても確認しておくとよいでしょう。

パソコンの使用状況を確認しておく

パソコンでの入力方法を確認しておきましょう。ローマ字入力に慣れている人は少し練習してもらえばスマホの入力はできるようになると思います。

また、インターネット検索はよく使うかというのも確認しておくとよいでしょう。できれば家庭内でのインターネット環境(Wi-Fiで接続しているか有線LANで接続しているか)もあわせて確認しておきましょう。

スマホやタブレットの料金プランも確認しておく

特に問題はないと思いますが、パケット制限が最小のプランになっていることがあります。意外とパケット制限のことを意識できていない高齢者が多くいらっしゃいます。使用料が超過すると速度制限がかかったり家族でシェアしていたりすることもあります。

高齢者にスマホの使い方を教える方法

携帯電話でできていたことをできるようにする

まずは携帯電話で使っていた機能が誰に聞かなくても使えるようにするところから始めてください。いきなりアプリのインストールから教える人がいますが、それは混乱を招く原因になります。

携帯電話でできていたことが誰に聞かなくてもできるようになることを第一目標に据えてお話されたほうがいいと個人的には思います。それは、スマホに対する不信感を減らすためです。

高齢者はできていたことができなくなったということにとても敏感です。誰にも聞かなくてもできていたことができなくなる、それはわたしたちが想像する以上に大きなダメージになります。すると、スマホに変えたから使えなくなった、自分には無理だったんだという気持ちがスマホに対する不信感を増大させてしまうからです。

中には、「そんなことよりLINE教えて」という人もいますが、基本的な操作がちゃんとできるようになってからにしましょうと促してあげてほしいと思います。

スマホのスリープを教える

スマホのカバーをブックタイプにしてもらえばそんなにある事例ではないですが、スマホの背面カバーだけを付けている人は使い終わるとそのままポケットに入れたりカバンに入れたりします。すると、ポケットやカバンの中で指が当たったりして電話をかけてしまうことがあります。現に、生徒さんからの着信だと思いスマホで出ようとしたらゴソゴソガサガサという音しかしないなんてことはよくある話です。なので最初にスマホのスリープについて教えてほしいと思います。

高齢者にタブレットの使い方を教える方法

タブレットは基本的に電話の機能が付いていませんので、携帯電話とは別物として教えることになります。高齢者にとってはパソコンに近い感覚になるかもしれませんので、インターネット検索の方法を教えることが多いと思います。

文字入力については画面が大きくなるので、パソコンのキーボードに慣れている高齢者ならローマ字モードに切り替える方法を話しておきましょう。

スマホやタブレットの使い方でありながらアプリの使い方を聞かれることがほとんど

といいながら、スマホやタブレットの使い方を教えてという高齢者の多くは、アプリの使い方を聞いてこられる方がほとんどです。

ちなみに最初から入っているアプリには見向きもしません。強いてあげればカメラとマップくらいではないかと思います。

聞かれる内容としてはアプリの買い方、インストール、使い方になるかと思いますが、これは教える側の人間が使っているか否かで対応が違ってきます。

そこから考えるに、スマホの場合は電話機能をメインに、タブレットは検索をメインにお話をするところまでは「教える」になり、それ以外、例えばアプリに関することは「聞かれて答える」になるかと思います。なので、高齢者にスマホやタブレットの操作方法を聞かれたときは、先走って教え過ぎないというのもひとつではないかと思います。

高齢者に使い方をメモしてという場合、気を付けること

スマホやタブレットに限らず、高齢者に何かを教えると必ずメモを取ってくれます。教えるほうもメモしてといいます。

このメモを取ろうとするとき、そのあたりにあるメモ紙にパパッと書き始めませんか?それだとその紙を失くしてしまうかもしれません。

わたしはいつも「ノートを一冊準備して」とお願いしています。そこには日付と何について聞いたかということと答えとを合わせて書いてもらうようにしています。

余裕があるときはアイコンの絵を簡単に描いてもらうこともあります。スマホのこのあたりと図で描く人がいらっしゃいますが、何かの操作中にアイコンが移動してしまうと見つからない、無くなったと驚かれる方がよくいらっしゃるからです。

高齢者にスマホやタブレットを教える、のまとめ。

スマホの場合は今まで携帯電話でできていたことができるように、タブレットの場合は検索ができるように。そこまで教えて後は使いながら聞いてもらいましょう。

あとはスリープ。これはしっかりお伝えしてください。

関連記事 スマホは買えば何でもできる?

関連記事 スマホは難しい!そう思うのはなにもシニア世代だけではないのです




記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする