パソコン講習会で教えるWordの文書作成の基礎部分

geralt / Pixabay

高齢者対象のパソコン講習会でWordの文書作成の流れについて軽くまとめておこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

Wordで文書を作成する流れ

まずは印刷用紙の設定と印刷の向き、文字の方向

文書を作成するとき、いきなり文字入力を始められる人がいますが、最初に用紙の設定をしてから文字入力に入ってください。

印刷する用紙のサイズ、印刷の向き(用紙を横に使うか縦に使うか)、文字の方向(横書きか縦書き)は必ず最初に設定します。

Word2016の場合は、「レイアウト」タブをクリックして切り替えたリボンの中から文字列の方向、印刷の向き、サイズというボタンを使って設定します。

画像やイラスト、表を入れるとしてもまずは文字入力を優先

入力しなければならない文字をすべて入力します。文字を入れながら修飾(色を付けたり大きさを変えたり配置を変えたり)したくなりますが、それらはすべて文字入力が終わってから行うようにしてください。

文章以外の部品(写真やイラスト、表など)を入れる

大体の位置にカーソルを表示しておき、写真やイラスト、表などを入れていきます。この時点でレイアウトを考えながらの操作になります。また、文字の配置(左揃え、中央揃え、右揃えなど)も行います。

写真や画像の入れ方は、イラストや写真の位置調整 Wordの基本操作「画像編」に書いています。

必要なものがすべて配置できたら文字修飾

入れなくてはいけない要素がすべて配置・入力出来たら文字修飾に入ります。Wordの文字修飾に関して2点注意が必要なところがあります。

まず、フォントによっては行間が異常に開いてしまうことがあります。有名どころでいえば「メイリオ」というフォントです。また、フォントのサイズを大きくしたとき(14ポイント)に行間が異常に開いてしまうことがあります。

このWordで行間が異常に開いてしまうことに関しての対処方法は別記事「Word2016」あるフォントを使用すると行間が一気に開いてしまうにまとめてあります。

Wordで文書を作成するときのコツ

Wordで文書を作成するなら最優先するのは「文章入力」です。他の要素(画像やイラスト、表など)、文字修飾はその後に行うのが効率的です。

というのも、入力して修飾してしまうとページを1枚に収めるのに再調整が必要になります。文章が長ければ収まりきらないということもあるかもしれません。

何度も書きますが、優先すべきは文章です。文章がすべて収まった状態で他の要素を入れたり、文字修飾をするほうが結果、調整時間を減らすことになるので作業時間自体を少なくすることができます。




記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする