【Excel2016】フリガナの表示方法

Excelでフリガナを表示させたいんだけど…というご相談がありました。フリガナの表示方法には、フリガナをルビのように表示する方法と別セルにフリガナを表示する方法とがあります。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

Excel2016でフリガナ(ルビ)を表示する方法

A1セルにフリガナの元となる文字データを入力しておきます。

次にフリガナを表示させたいセル(元となるデータの入ったセル)を選択しておきます。複数のセルを範囲選択して一度にフリガナを表示させられます。

ホームタブ→ふりがなの表示/非表示→ふりがなの表示

これでフリガナ(ルビ)を表示させることができます。

Excel2016のフリガナをひらがなで表示したい

ふりがなを表示したセルを選択した状態で、ホームタブ→ふりがなの表示/非表示→ふりがなの設定

初期値は全角カタカナになっているので、ひらがなに変更してOKボタンをクリックすれば、Excelのフリガナをひらがなで表示させることができます。

Excel2016でフリガナが違う場合の修正方法

入力しづらい文字を別の言葉で変換することがあると、思ったフリガナで表示させることができないことがあります。表示されたフリガナが違っている場合は以下の操作で編集することができます。

該当するセルを選択した状態で、ホームタブ→ふりがなの表示/非表示→ふりがなの編集

選択しているセルのフリガナが修正可能な状態になっているので、該当するところを修正しEnterキーで確定させてください。

Excel2016でフリガナを別セルに表示させる方法

上の方法ではフリガナの元になるデータにフリガナを同一セル内に表示させる方法でしたが、別のセルにフリガナを表示させたいこともあるかもしれません。

そんなときは、PHONETIC関数を使うと別セルにフリガナを呼び出すことができます。

フリガナを表示したいセルを選択した状態で関数を呼び出します。

オートSUMボタン横にある▼ボタンをクリック→その他の関数

参照の欄にカーソルがあることを確認してから、ふりがなの元のセル(今回はA1)をクリックすると、参照の欄にフリガナの元のセル番地が表示されます。数式の結果でフリガナに間違いがないことを確認し、OKボタンをクリックします。

Excel2016のPHONETIC関数を使ったときに表示されたフリガナがひらがなだったら

これは、先ほど設定したフリガナ(ルビ)が関係しています。この場合はフリガナの元になるセルを選択した状態で、ホームタブ→ふりがなの表示/非表示→ふりがなの設定から表示方法を設定します。

フリガナの元になっているセルのフリガナの表示方法を変更すれば、関数で呼び出されたフリガナは変更した形で表示されるようになります。

Excel2016でフリガナを別セルに表示させる理由

Excel2016で名簿の氏名をあいうえお順に並べようとしたとき、うまく並べ替えができないときがあります。そんなときに別枠にフリガナを表示しておき、その列を基準に昇順で並び変えるとあいうえお順に並べ替えることができます。

Excel2016でフリガナを表示させる2つの方法についてまとめ。

名簿作成のときに、フリガナを自分で入力するのも一つの方法ですが、Excel2016ではフリガナを表示させる機能があります。

ご自身がそのフリガナをどのように表示させたいかによって選択が変わってくるとは思いますので、目的に合わせて2つの方法のうちどちらかを選択してもらえればよいかと思います。




記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする