Word2016でPDFファイルを開く方法

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

以前、Wordで作成したサークルの会報をWordがインストールされていないパソコンで開くことができるようにするには、PDFファイルとして保存し直すといいですよ、という記事を書きました。

Wordがインストールされていないパソコンでも開くことができるようにするには?PDFというファイル形式を使ってみよう

WordでPDFファイルとして保存する方法をご紹介したわけですが、作成したPDFファイルをWordで開くことはできないのかとご質問をいただきました。

スポンサーリンク

Word2016でPDFファイルを開くには

Word2016でPDFファイルを開くということは、Wordで編集できるようPDFファイルを「変換する」ということ

結論から言うと、PDFファイルをWord2016で開くことはできます。

開き方は、Word2016を起動し、「開く」をクリック→「参照」をクリックし、保存してあるPDFファイルを選択するのですが、こんなメッセージが表示されることがあります。

PDFから編集可能なWord文書に変換をします。この処理には、しばらく時間がかかる場合があります。変換すると、Word文書はテキストが編集しやすくなるように最適化されるため、元のPDFとまったく同じ表示にはならない場合があります。特に、グラフィックが多く使われている場合に、その可能性が高くなります。

このメッセージから、WordでPDFファイルを開くということは、Wordで編集できるようにPDFファイルを「変換する」という操作になることが分かります。

Wordで作成した文書をPDFファイルとして保存し直した場合は、そこまで崩れることはないのですが、Word以外のソフトで作成されたPDFファイルだと、変換されるとレイアウトがガタガタになったり、フォントが変わってしまったり、1ページのはずが2ページになったり…なんてことがあります。

スポンサーリンク

Word2016で開いたPDFファイルを編集→保存する時に気を付けてほしいこと

ここで、注意してもらいたいのが、Wordで開いたPDFファイルの文字を修正したり画像を挿入したりと何かしら編集作業を行った後、上書き保存をしようとすると、PDFファイルとしてではなく、Word文書として保存されるように初期設定されているということ。

PDFファイルとして保存したい場合は、保存形式をWord(docx)→PDFに変更すればいいのですが、同じ名前で同じ場所(フォルダー)に保存することはできないので、名前を変える必要があります。

ファイルの種類を「PDF」に変更する

ファイル名に「修正」など文字を追加すれば同じ場所にPDFファイルとして保存することは可能

編集したPDFファイルを改めてPDFファイルとして保存した場合、元のPDFファイルとまったく同じ…というわけにもいかないようで、開いてみるとよくわからない編集記号が入っていたり、文字修飾や行送りが若干違ったりすることがあるようです。

Word2016でPDFファイルを開くことはほぼできますし、Wordで編集できる状態にすることもできますが、保存の際、元のPDFファイルとまったく同じ…というわけにはいかないようです。

PDFファイルを開くだけならブラウザで開いたほうが良さそう…

このことから、PDFファイルとして受け取ったものを開くだけなら、以前の記事でご紹介した、Internet ExplorerやMicrosoft Edgeなどの「ブラウザ(ホームページを見るためのソフト)」で開くようにした方が崩れなく見ることができるということがわかります。

【Windows10】Microsoft EdgeでPDFファイルを開く方法

どうしてもPDFファイルを編集したい、でも、Wordしかないという場合は、Wordで開いてもらってもいいのですが、元のPDFファイルと全く同じ状態で開くことは少ないと思ってもらったほうがいいと思います。

スポンサーリンク

PDFファイルは書き換え・改ざんされないって本当?

と、ここまで書いて思い出したんですが、以前、「PDFファイルは勝手に編集(改ざんも含め)されないから安全」という話を聞いたことがありました。

参考 「PDFは書き換えられない」ってウソ?ホント?意外と知らないドキュメントセキュリティの“落とし穴”|IT MEDIA NEWS

でも、ここまでの話ではWordで開けば編集できる可能性がある、ということになりますよね。となれば、PDFファイルにすれば勝手に編集されないから安全というわけではなさそうです。

Wordで作成した文書をPDFファイルに変換しただけでは、そのPDFファイルをWord2016以降で開けば編集は可能な状態です。

編集されたくない、自分だけが編集できる状態にしたいのであれば、PDFファイル自体に編集できないような設定を行うか、Word文書自体を保護する設定を行うかしかありません。

Word文書自体を保護する設定については後日改めて別の記事として書こうと思いますが、PDFファイル自体に編集できないような設定を行うことは、Adobe Acrobat Standard DCという有料のソフトもしくはそれが可能なソフトを使うか、電子署名でPDFファイルを保護するしか方法はありません。

Adobe Acrobat Standard DCというソフトは、サブスクリプション形式で利用できます。Adobe Acrobat Standard DCを利用するには、クレジットカードが必要です。
タイトルとURLをコピーしました