ワードで表を作ったとき、行の高さを均等にするには

今日の授業はワードで表作成、でした。

ワードで表を作るときに決まって質問が上がってくるのが、行の高さが均等にならないというもの。

今日は簡単にですが、ワードで表を作るときに行の高さを均等にする方法を書いていきます。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

ワードで表を作成したときに、行の高さを揃える方法(ワード2016の場合)

表を作成する

画面上部にある「挿入」タブをクリックし、表ボタンをクリック。

マス目が並んだところがありますね。こちらで必要なマス目の数だけを選択すると表を作成することができます。

3行×3列(9マス)の表を作成したい場合は、赤枠で囲んだところにマウスポインタを合わせてクリックします。

作成出来たら、マスの中に必要な文字を入力していきます。

表の高さを決める

文字が入力出来たら、表全体の高さを決めていきます。

ちなみに、行の高さは文字を入力した分だけ広がっていきます。これでも大丈夫と言えば大丈夫ですが、高さが異なると見栄えが悪いと感じられることがあるようです。そんなときは、まず、表全体の高さを決めるため、以下の操作を行います。

出来上がった表の一番下の線(罫線)にマウスポインタを合わせます。すると、マウスポインタがその線を挟み込むように上下に矢印がついた形に変化します。

この状態で表全体の高さを変更するため、下方向へドラッグします。

行の高さを均等にする「行の高さを揃える」

高さが決まったら、表全体を選択します。

表の左上に上下矢印が交差した□でかこまれたものが見えますか?

これにマウスポインタを合わせてクリックをすると表が以下の図のように変化します。この状態が表全体を選択した状態。

ここで、画面上部にある「表ツール」という文字を探してください。見つかったら、「レイアウト」タブをクリックします。

ボタンの中に「高さを揃える」ボタンを探してクリックしてみます。

すると、表の高さで行の高さが均等になりました!

この操作でもいいのですが、表全体を選択した状態で、選択された部分(ワード2016の場合はグレーになっているところ)にマウスポインタを合わせて右クリックをすると、ショートカットメニューが表示されます。ショートカットメニューから「行の高さを揃える」を選択しても同じ状態になります。

行の高さを揃える、もう一つの方法

行の高さを揃えるもうひとつの方法は、表の中にカーソルがある状態で表示される右下の□。この□にマウスポインタを合わせて下方向へドラッグするという方法。

実はこの操作をするだけで行の高さは均等な状態で表の高さを変更することができます。

ただし、この操作を行うときにはまっすぐ下方向へドラッグしないと、表自体の幅が変更されてしまうことがありますので注意してくださいね。

行内の文字の位置を変更するには、セルの配置を使いましょう。

この操作をしたときに、マス目の中の文字の位置が気になる方がいらっしゃるのではないでしょうか。この場合、Enterキーを使って位置を調整しようとしてもうまくいかないことがあります。

こんな時には、セルの配置ボタンを使いましょう。

文字の位置を変えたいマス目の中にカーソルを表示するか、または複数のマス目を一度に変更したい場合は、該当するマス目をドラッグなどで選択してから、「表ツール」の「レイアウト」タブをクリックし、下のような四角が9つ並んだボタンを探してみてください。

これは、9つのボタンでマス目の中の文字の位置を表現しています。例えば、マス目のど真ん中に文字を配置したい場合は、9つあるボタンのど真ん中のボタンをクリックすれば、文字がマス目のど真ん中(縦方向も横方向も真ん中)に配置されます。

行の高さを均等に揃える、のまとめ。

上記のいずれかの方法を使えば、1行ずつマウスポインタを合わせてドラッグして調整するといった手間を省くことができます。

また、表全体もしくは行の高さを変更した場合はセルの配置を使って文字の位置を設定することもお忘れなく。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする