【Word2016】写真をきれいに並べて印刷したいなら「表」を使ってみよう

高齢者のためのワード教室
この記事は約5分で読めます。

Wordで写真をきれいに並べて印刷したいと思ったことはありませんか?

Wordに写真を挿入すると、用紙の余白内いっぱいに写真が配置されますね。写真のサイズを変更し移動させる操作を繰り返せば写真を並べることはできますが、きれいに並べるには難しいところがあります。

写真をきれいに並べて印刷したいなら、「表」を使ってみるというのもひとつの手です。

表をうまく使えば、写真のサイズ調整が不要となり、作業時間を大幅に短縮することができますよ。

スポンサーリンク

Wordの「表」を使って写真をきれいに並べて印刷する方法

写真をきれいに並べるための「表」を挿入する

まず、写真をきれいに並べるために表を挿入します。今回は写真を3枚並べてみたいので、1行3列の表を作成します。

写真を挿入したいところにカーソルを置き、「挿入」タブをクリック→「表」ボタンをクリック→1行×3列をマウスポインタで選択します。

挿入タブをクリックし、表の挿入ボタンを使って表を挿入しよう

表の作り方については別の記事(Word2016の表をクリックだけで作る方法)に書いてあります。

表のオプションを使って写真を挿入しても列の幅が変わらないように設定する

次に、写真を挿入しても列幅が自動調整されないように表のオプションを使って設定を変更します。

表全体を選択した状態で、「レイアウト」タブをクリック→「プロパティ」ボタンをクリックします。

Wordの表の列幅を写真の横幅に合わせて自動的にサイズが変わらないように設定する

表のプロパティ画面で「オプション」ボタンをクリックします。

表のオプション画面の「オプション」の中にある「自動的にセルのサイズを変更する」のチェックを外してOKボタンをクリックします。

表のオプションで「自動的にセルのサイズを変更する」のチェックを外せば表の列幅は自動調整されない

表のプロパティ画面に戻るのでOKボタンをクリックします。

これで、表の中に写真を挿入しても自動的に表の幅が広がらず、列の幅で写真の大きさが自動調整され挿入されるようになります。

表のオプションにある「自動的にセルのサイズを調整する」のチェックを外しておかないと以下の図のように表の列幅より写真の幅が優先され、均等に分かれていたセルの幅が崩れてしまいます。

表の中にカーソルを置いて、「挿入」タブをクリック→「画像」ボタンをクリックして写真を挿入してみます。

あとは、列の数だけ写真を挿入する操作を繰り返すと以下の図のようになります。

写真を挿入する行を増やすには?

今回は写真を横に3枚並べてみましたが、6枚並べたいときは2行3列の表を作成すればいいですね。

初めからきれいに並べたい写真の数が分かっていれば、それに合わせて表を作成すればいいですが、何枚並べたいかが分からない時もあります。

Wordで作成した表に「行」または「列」を後から増やすことができます。

では、横に3枚並べた写真の下にもう1行追加して写真を6枚並べられるようにしてみます。

増やしたい行にカーソルを置いた状態(置いたカーソルが分かりづらいときはどれでもいいので写真を選択した状態にしましょう)にして、「レイアウト」タブをクリック→「下に行を追加」ボタンをクリックします。

カーソルを置いた状態または写真を選択した状態で「レイアウト」タブをクリック→「上に行を追加」ボタンをクリックすればその行の上に1行増やすことができます。

写真が挿入された表の下に1行追加されたので、残りの写真3枚を挿入した状態がこちらです。

今回、写真はすべて横置きのものを使用しましたが、横置き縦置きが混在すると以下のような状態になります。

気になる人は写真をトリミングするか、横置き、縦置きを1行内で揃えると気にならなくなると思います。

表の罫線が気になる、印刷したくないときは罫線の種類を「枠なし」に変更しよう

では、この状態で印刷したらどうなるかを確認してみましょう。

「ファイル」タブをクリック→「印刷」をクリックすると、印刷した状態が確認できますね。

印刷した状態を確認すると、写真はきれいに並びましたが、表の罫線が気になります。

表の罫線が気になる(印刷したくない)ときは、罫線の種類を「枠なし」に変更しましょう。

表の罫線の種類を変更して罫線を印刷しないようにするには、表全体を選択した状態で「ホーム」タブをクリック→「罫線」ボタンをクリック→「枠なし」をクリックします。

もう一度、印刷状態を確認するため、「ファイル」タブをクリック→「印刷」をクリックしてみましょう。

罫線の種類を「枠なし」に変更してもうっすら罫線が見えていますが、表の罫線の種類を枠なしに設定すれば罫線は印刷されません。
スポンサーリンク

写真と写真の間(行間)にコメントなどの文章を入力したいときは、行を増やしてもらえば以下の図のようにできます。

表を使って写真をきれいに並べるメリットとして、写真の下または上にコメントを入れるのが簡単。

Word2016で写真をきれいに並べたいなら、表の挿入を使ってみようのまとめ

Word2016を使って、たくさんの写真をきれいに並べて印刷したいとおもったとき、写真を挿入し、サイズを変更し、また写真を挿入する…という作業を繰り返すのは手間と時間がかかります。

今回、ご紹介したWordの表を使った写真の配置方法を使えば、きれいに写真を並べることができます。ただし、先ほども書いたとおり、横置きの写真と縦置きの写真を並べて配置すると隙間ができてしまいますので、どう配置するといいのかを工夫してもらえたらと思います。

空いたところにイラストを入れるのもありかもしれませんね(⌒∇⌒)

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのワード教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました