【Excel】均等割り付けはできる?どこにある?

Excelで均等割り付けってできるの?均等割り付けはどこにある?高齢者のためのエクセル教室
高齢者のためのエクセル教室
この記事は約2分で読めます。

以前、別の記事でWordの均等割り付けについて書いたのですが、Excelにも均等割り付けはあるの?とご質問いただきました。

【Word】均等割り付けが思うようにできない | 高齢者のためのICT教室

Excelにも均等割り付けはあるのですが、ボタンとしてリボンの中には含まれていません。Excelで均等割り付けを行う方法をご紹介します。

スポンサーリンク

【Excel】均等割り付けの設定方法

先ほども書いた通り、Wordとは違って、均等割り付けはボタンになっていません。Excelの均等割り付けは、「配置の設定」に入っています。

まず、下の図のように文字を入力した状態で均等に割り付けたいセルを選択しておきます。

次に、「ホーム」タブにある「配置」の右側にある「配置の設定」(下の図の赤い丸で囲ったところ)にマウスポインタを合わせてクリックします。

セルの書式設定画面が開き、「配置」というタブが開きます。文字の配置にある「横位置」が標準になっているので、その右側にある▼をクリック→「均等割り付け(インデント)」をクリックし、OKボタンをクリックします。

セルの中で文字が均等に割り付けられました。

Excelで均等割り付けを設定するなら「インデント」もあわせて設定すると読みやすくなる

ここで、話がそれますが、Excelの均等割り付けは、1文字目と最後の文字がセルの両端にピタッとくっついていて少し窮屈な感じがします。

Excelで均等割り付けを使うなら、両端に少し余裕を持たせるため「インデント」も一緒に設定したほうが文字が見やすくなります。

均等割り付けを設定する画面で、「均等割り付け(インデント)」を選択した後、右にある「インデント」が「0」になっているので▲をクリックし「1」に変更してOKボタンをクリックしてみましょう。

下の図のように、セルの両端に少し余裕が出て読みやすくなりました。

Wordでご質問いただくことが多い「均等割り付け」ですが、Excelでも均等割り付けができます。ただし、Wordのように均等割り付けのボタンがあるわけではなく、セルの書式設定の中に均等割り付けがあります。

Excelの均等割り付けはインデントと一緒に使うことでより読みやすくなるので、文字数が異なる項目(列方向の場合)には設定するといいと思います。

タイトルとURLをコピーしました