【Excel】用紙に対して小さく印刷されてしまう。思うように印刷できないときは印刷設定を見直そう

スポンサーリンク
高齢者のためのエクセル教室
高齢者のためのエクセル教室
この記事は約4分で読めます。
記事内にプロモーションが含まれています

Excelで用紙サイズを設定して印刷しても小さく印刷されてしまうと質問されることがよくあります。

ExcelはWordとは違って、用紙サイズを設定したとしても設定した用紙サイズに収まるように印刷されるわけではありません。

Excelは、作成する前に用紙サイズを設定するのではなく、作成した表などを用紙サイズに合わせて印刷する設定を行います。

この記事では、Excelで作成したものを印刷すると小さく印刷されてしまう原因と、用紙サイズに合わせて印刷するように設定する方法を合わせて書いていきます。

スポンサーリンク

Excelで思うより表が小さく印刷されてしまう時の対処法

Excelで印刷する前に「ズーム」機能を使って拡大表示していないかチェック!

下の表は大きく見えますが、文字を大きくしたわけではなく、Excelのズーム機能を使って拡大表示している状態です。

この状態で[ファイル]をクリック→「印刷」をクリックしてみると、印刷される様子が分かるのですが、あれほど大きかった表がとても小さく印刷されるように見えます。

入力時や編集時にExcelのズーム機能を使って拡大表示しているなら、印刷に進む前に100%の表示に戻してから印刷に進むと思ったより小さく印刷されるようには思わないかもしれません。

「拡大/縮小印刷」を使って用紙に合わせて拡大印刷する

Excelのズーム機能を使って100%表示に戻して印刷に進み、用紙に対して表などが小さくなっている場合は、印刷に使用する用紙サイズを変更するか、「拡大/縮小印刷」の設定を使って用紙サイズに合わせて拡大します。

「ファイル」をクリック→「印刷」をクリックした画面が下の図です。用紙に対して作成した表が小さく印刷されるのが分かります。3つに分かれた真ん中にある「ページ設定」をクリックし、「拡大/縮小印刷」の設定を使って拡大して印刷できるよう、設定していきます。

ページ設定画面が開いたら、「拡大縮小印刷」の「拡大/縮小」を選び、100パーセントより大きな値に変更し、OKボタンをクリックします。

「シートを1ページに印刷」「すべての行を1ページに印刷」「すべての列を1ページに印刷」が設定されていると思ったより表が小さく印刷されることがある

下の図は印刷設定を何もしてない状態で、用紙3枚に印刷される、縦に長い表です。

下の図は同じ表を印刷するのに拡大縮小オプションにある「シートを1ページに印刷」を設定したものです。縦に長い表が1枚の用紙に印刷されるように設定されているため、思ったより表が小さく印刷されます。

この拡大縮小オプションには、拡大縮小なし・シートを1ページに印刷以外に、すべての行を1ページに印刷とすべての列を1ページに印刷があります。

スポンサーリンク

Excelは、Wordとは違い、作成する前に用紙サイズを設定するのではなく作成した表などに対してどのサイズの用紙を使って印刷するか後から設定するのがうまく印刷するコツです。

また、Excelの編集画面を拡大表示すると入力しやすくなるのですが、その大きさで印刷できそうに見えてしまうこともあります。拡大表示して編集しているなら印刷に進む前に拡大表示を原寸表示に戻しておきましょう。

もし、作成した表が用紙に対して小さくできあがったとしても、フォントのサイズやセルの高さや幅を変更せずに「拡大/縮小印刷」を使ったほうが手間が省けます。

あとは、印刷したい範囲以上に印刷領域が設定される場合、印刷したい領域以外のところになにか書式が入っていたり文字や罫線が入っている場合があります。印刷しなくてもいいところに入ったものが見つからないこともあるので、印刷したい範囲を設定することもできます。

ExcelでA4用紙ぴったりに印刷したい表などを作成するコツは別記事で紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました