【Excel2016】数値を入力したら日付になってしまって戻らないときは

昨日のパソコン相談で、Excel2016を使用中、セルに数値を入れたら勝手に日付に変わってしまって数値が入力できなくなったという相談がありました。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

Excelで数値を入力したのに日付として表示されてしまう原因は?

通常は、数値を入力すれば数値が表示されるのですが、一度日付を入力したセルには「日付」の表示形式が適用され、何度数値を入れ直しても日付が表示されてしまい、数値を入力することができなくなります。

では、Excel2016でセルに数値を入力しても表示が日付になってしまい、数値として表示させられなくなる現象を再現してみます。

Excelの表示形式。一度でも日付を入力したセルはどんな数値を入力しても日付表示になってしまう

ちなみに、Excelでの日付入力の方法はご存知でしょうか。

〇月〇日と入力してもいいのですが、もっと手軽に日付を入力したいと思ったら、〇/(スラッシュを半角で)〇と入力します。すると下の図のように、〇月〇日と表示されます。

ただいま、入力したA1のセルのデータをDeleteキーで削除してみましょう。削除できたらキーボードで「123」と入力し、Enterキーでセルを確定させましょう。

どうですか?キーボードでは確実に「123」と入力したはずなのに、5月2日と表示されてしまいました。

Excelで数値を入力するときは、日本語入力モードをオフにしましょう
Excelで数値を入力するときは、日本語入力モードをオフにした方が何かと不都合が起こりにくいというお話を今日は書いていきます。 Excel...

では、何を入力しても日付の表示に変わってしまうセルをどうすればいいのか。

セルに設定された日付の表示形式を変更し、入力したとおりの数値の表示に戻すには

Excelには「表示形式」という設定があります。この表示形式が「日付」になってしまっているからいくら数値を入力しても日付として表示されてしまうのです。

ということは、この日付の表示形式という「書式」をクリアしてあげればいいということになります。

Excel2016なら書式のクリアが使える

Excel2016の場合は、<ホーム>タブの中に「クリア」という設定ボタンがあります。

日付の書式設定が入ってしまい数値が表示できなくなったセルを選択した状態で<ホーム>タブ→「クリア」ボタンをクリック→「書式のクリア」をクリックします。

先ほどのセルの表示を確認してみましょう。「123」と表示されていれば書式のクリアの成功です。

Excel2016の場合は、書式のクリアというボタンがありますが、Excelのバージョンによっては書式のクリアというボタンがない場合もあります。

セルの書式設定を日付から標準に変更して数値が表示されるようにする

もしも、Excelの書式のクリアというボタンが見つからない場合は、セルの書式設定を呼び出し、表示形式を「標準」に変更しましょう。

該当するセルを選択した状態で右クリック→セルの書式設定をクリックするとセルの書式設定の画面が表示できます。

<表示形式>タブをクリック→分類の「標準」をクリック→OKボタンをクリックします。

日付が入力されたセルに数値を改めて入力すると表示される日付の意味

ところで、一度日付を入力したセルにはその後数値を何度入力しても日付の表示形式が設定されてしまうというのはご説明しましたが、本日、サンプルで入力した「123」という値が「5月2日」になってしまったのはなぜだろう、と思った人はいないでしょうか。

では、先ほど「123」と数値を入力したのに「5月2日」と表示されてしまったセルを選択した状態にして、数式バーを見てみましょう。

「123」と数値を入力したのに「5月2日」と表示されてしまうセルの中身は、「1900/5/2」となっていますね。

おかしいですよね、入力をお願いしたのは「123」という数値なのに、セルの中身を見てみると「1900/5/2」となっている。入力した覚えなんてありませんよね。

シリアル値を参照して日付として表示させていることが原因

これにはちゃんとした理由があるのです。これは「シリアル値」というものが関係しています。

実は、1900年1月1日はシリアル値になると「1」となります。つまり、先ほどサンプルとして入力してもらった「123」というのは1900年1月1日から数えて123日目、それが1900年5月2日であるということになるのです。

これが分かると少し面白いと感じてしまうのはわたしだけでしょうか(笑)

Excelで何度入力しても数値が日付になってしまう場合の対処法まとめ。

Excelの場合、一度日付を入力したセルは書式設定が「日付」に変更されてしまい、後からどれだけ数値を入力しても入力した数値はすべて日付の書式になってしまいます。

Excelのセルの書式設定にある表示形式は他にもたくさん分類がありました。それについてはまた後日ご紹介するとして、今回のように日付を入力したセルはその後どれだけ数値を削除しても日付の表示形式が残ってしまうのが原因で起こる事象でした。

もし思ったような表示にならないという場合は、セルの書式設定から表示形式を見てもらうと解決することがありますので、一度確認してもらえればと思います。

町内会の会計報告書づくり。比較増減のマイナスを▲に変えたい
そろそろ町内会の会計報告の季節なのでしょうか。問い合わせが急に増えてきました。今日のお問い合わせは、比較増減を表すときの「-(マイナス)」を...
パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします




スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする