【Excel】予定表の土日に自動で色を付けたい

予定表の土日に色を付けて分かりやすくするには条件付き書式を使う高齢者のためのエクセル教室
この記事は約4分で読めます。

Excelで予定表を作った時、土日に色を付けると分かりやすいですね。土日の色を付けるなら選択して塗りつぶしを繰り返している、という人もいらっしゃるかもしれません。

そんな方にお勧めしたいのがExcelの「条件付き書式」です。

予定表の土曜日、日曜日の行を自動的に判別して指定した色で塗りつぶす、条件付き書式の設定方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Excelで予定表をつくったとき、土日に色をつけたい

2020年4月の予定表を作成するので、A2セルを選択して「4/1」と入力します。

日付の入ったセルの隣(例でいくとB2セル)に以前ご紹介した曜日を呼び出す関数「TEXT」を使って曜日を表示します。

【Excel】日付を元に曜日を自動入力したい
Excelを使ってスケジュールを管理している人から、日付を入力してあるセルを参照して曜日を自動で入力できないかと質問されました。 Excelの関数を使えば、日付を入力したセルを元に曜日を自動で入力することができます。 Excelで日...

1ヶ月分の日付を入力するため、A2とB2セルを選択して右下角の■にマウスポインタを合わせて日数分ドラッグします。

日付と曜日が入力できたら、日付の入っている行すべてを選択します。

ひと月一番多い日数である31日分で条件付き書式を設定したいので、「5月1日)も入力した状態にして、範囲選択しておきます。

選択できたら、「ホーム」タブの中にある「条件付き書式」ボタンをクリック→「新しいルールの作成」をクリックします。

「ルールの種類を選択してください」の中にある「数式を使用して、書式設定するセルを決定」をクリックします。

「次の数式を満たす場合に値を書式設定」の枠内に

=$B2=”土”

と入力します。

「書式」ボタン(青く囲んだところ)をクリックして塗りつぶしの色を指定していきます。

土曜日の行を塗りつぶしたい色を選択してOKボタンをクリックします。

条件付き書式設定画面に戻りますので、OKボタンをクリックします。

範囲選択を解除せずにそのまま、上の操作を繰り返して、日曜日の行に条件付き書式を設定していきます。

「次の数式を満たす場合に値を書式設定」の枠内には、=$B2=”日”と入力します。

土日の条件付き書式が反映されたのが下の図です。

=$B2=”日”という数式は、列番号(例の場合はB列)の前に「$」が入ることで、”B列に「土」と入っていたら”という条件を指定することができます。
4月分の予定表なので最終行に入力してある「5/1」と「金」は削除しておきましょう。

日数を削除しても条件付き書式の範囲に設定されているので、日付と曜日を入力すれば条件付き書式が設定されます。

これで4月分の予定表が完成しました。

スポンサーリンク

毎月1日の日付を入力したら、2日以降が自動で入力し直させるようにするには

ところで、この予定表を元に5月分の予定表を作りたいとき、日付を入力し直すのは少し手間ですね。そこで、毎月1日目の日付を入力したら、2日以降は自動で再入力できるように設定してみましょう。

現在、A3セルに入っているのは「4月2日」ですが、このセルに上の日付に「1」を足すという計算式を入れてみます。

4月2日と入っているセルを選択し、「=A2+1」と入力し、Enterキーでセルを確定させます。

あとは、もう一度、4月2日と表示されているセルを選択し、右下角の■にマウスポインタを合わせて、下方向へ日数分ドラッグします。

実際に、4月1日と入っているセルを選択し、

「5/1」と入力し、Enterキーでセルを確定してみましょう。

予定表の日付が5月の日付に入れ替わり、曜日も土日の色付けも自動で変更されました。

月によって最後の日付が変わりますね。上で「4月1日」を「5月1日」に変更しましたが、5月は31日までなのに、5月30日までしか日付が表示されていません。「5月30日」と「土」の入っているセルを選択して、右下角の■にマウスポインタを合わせてセルひとつ分、下方向へドラッグすれば「5月31日」と「日」を入力することができます。
スポンサーリンク

Excelで作った予定表で土日に色を付けるには条件付き書式を使うと自動で色をつけてくれる

予定表の土日に色を付けて分かりやすくしたいとき、土日のセルを選択してセルを塗りつぶしてもいいのですが、曜日が入っているセルを参照に、土あるいは日と入っている行という条件を指定し、塗りつぶしたい色を設定しておくことができるのが「条件付き書式」です。

条件付き書式に設定することができる条件として数式を使いましたが、その他にもいろいろな条件を設定することができますので、またの機会にご紹介できればと思います。

タイトルとURLをコピーしました