パソコンが熱い!!パソコンが熱を持っていると感じたら

高齢者とパソコントラブル
この記事は約5分で読めます。

全国的に梅雨が明け始めていますが、生徒さんから「パソコンが熱い。壊れてしまうんじゃないか」とLINEで連絡がありました。パソコンというのは使用していると少なからず熱を発するものなのですが、いつもより熱いように感じると心配されているようです。

スポンサーリンク

パソコンだけじゃなく、スマホやタブレットも熱を持ちやすい

実は季節的にこの時期はパソコンだけではなくスマホやタブレットなども熱を持つようになります。

パソコンといっても熱を感じるのは、本体に触れる機会の多いノートパソコンのほうなのですが、デスクトップパソコンや一体型パソコンも同じように熱を持ちます。

パソコンやスマホ、タブレットは熱を持っている状態はあまり良くありません。かといって、水につけて冷やすというわけにもいきません、当たり前ですが。

スポンサーリンク

パソコンが熱いと感じたら、チェックしてほしいポイントと対処法

基本的に、ノートパソコンはデスクトップパソコンに比べて、部品それぞれが本体内で密になっているため、熱を持ちやすい特徴があります。

パソコンが熱くなっていると感じたら以下の点をチェックしてみてください。

パソコンの通気口を塞いでいない?ホコリが溜まっていない?

話を元に戻して、パソコンの周りにものを置いていないか、パソコンの通気口の辺りを塞いでいないか、ホコリが溜まっていないかを見てもらいましたが、大丈夫とのこと。

通気口を塞いでいる場合は物を移動させる、通気口にホコリが溜まっているなら掃除するなどしてみましょう。

ハードウェア診断ツールなどがインストールされていればチェックしてみる

生徒さんのパソコン(富士通)にはパソコンの状態を診断するソフト「富士通ハードウェア診断ツール」がインストールされていましたので、それを確認していただいて、本体内の状態に異常がないかをチェックしてもらいましたが異常ありませんでした。

ちなみにわたしが使っているパソコンにもヘルスモニターというソフトがはいっているので、パソコンの速度が遅くなったとか、本体が熱くなっているとか、気になる状態になったときは、このヘルスモニターを見るようにしています。

室内の温度は?パソコン本体内の温度は室温より6度~8度ほど高い

「もしかして、部屋の温度が高いんじゃないでしょうか。できればクーラーをつけてもらったほうがいいかもしれません」とお返事しました。

すると、クーラーはつけていなかったとのことで、クーラーをつけしばらくすると本体の熱さが和らいだとLINEがありました。

実は、パソコンというのは、外気温より本体内の温度が高くなります。人間にとってはまだ我慢ができるくらいの気温だったとしても、それよりも6~8度以上、パソコン本体内は熱くなってしまいます。そうなると、パソコンの動作が不安定になったり、あまりに熱い状態で放置してしまうと「熱暴走」という状態になってしまうことがあります。

室温が27度を超えている場合、パソコン内の温度は恐らく30度を超えていると思われます。パソコン内の温度はできれば30度前後が望ましいとされていますので、クーラーをつけて室温を下げると、パソコン本体の熱も下がってきます。

通気口に風を当ててみる

クーラーをつけるのが嫌だという場合は、日差しが直接当たらない場所や家の中でも比較的涼しい場所で使用するようにしたり、パソコンの通気口に風が入るよう扇風機を当てたりすることで対処してみてください。

たとえば、クリップなどで机に挟んで使うことができる扇風機もありますので、通気口に扇風機の風を送り込んでみるというのもいいかもしれません。

パソコンを乗せる台にパソコンを乗せて机との接地面を減らす

また、ノートパソコンを乗せられる台を使ってみるのも手です。ただ台にパソコンを乗せて机との接地面を減らすものや台自体に冷却ファンがついているものなど、いろいろなものが発売されています。

ノートパソコンを台に乗せることで、机との接地面を減らすメリット以外にも画面の高さを変えることで、首や肩への負担を減らすことができるというメリットもあります。

ノートパソコンを乗せる台にパソコンを乗せて使うとき、キーボードを打つ強さのため、若干揺れを感じるものがあるので、できればサンプルなどで確認するようにしたほうがいいと思います。わたしが使っているのは上の商品なのですが、若干揺れが気になります。キーボードを打つとき強めにキーを打つ人はこの辺りもチェックポイントかもしれません。
スポンサーリンク

パソコンが熱いと感じたら、その原因と対処法のまとめ。

暑い季節になると、パソコン本体が熱を持つことが多くなります。基本的には、室内の温度を下げてあげるとパソコン本体の熱は収まることが多いのですが、中にはパソコンの通気口に埃が溜まり、うまく空気が循環しないようになっていることもあります。

パソコンが熱を持っているなと感じたら、パソコンの通気口に埃が溜まっていないか、通気口を塞いでいないかを確認してみてください。

また、パソコン本体内の温度は室温より6~8度ほど高いと言われています。できれば、パソコン本体内の温度は30度を超えないようにしたほうがいいので、室温をクーラーをつけて下げたり、通気口に向けて風を送ってあげたりするとパソコン内の温度を下げられます。

あとは、細かいことですが、ノートパソコンを同じ場所で使用し続けないようにする、すこし机の上でずらしてあげるというのもいいかもしれません。

少し投資してもいいと思うなら、ノートパソコンを乗せられる台を使ってみるのもいいかもしれません。台を使えば机とパソコンの接地面を減らせますし、目線を上げられるので肩や首への負担を減らすこともできます。

上に挙げたことをやってみてもパソコンの熱が下がらない場合は故障かもしれませんので、サポートに問い合わせるようにしてください。そして、できる限り早く、大事なファイルは別の場所へバックアップしておくようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました