デジカメから取り込んだ写真が見つからない?!取り込みソフトの設定を確認してみよう

高齢者とパソコントラブル
この記事は約6分で読めます。

先生、いつもどおり(USBケーブルで)パソコンにつないで写真を取り込んだはずなのにパソコンの中に写真がないの…

デジタルカメラとパソコンをUSBケーブルでつないでパソコンに取り込まれたはずなのに、パソコンの中に写真が見つからない、と相談されました。

スポンサーリンク

デジカメから取り込んだ写真がパソコンの中で見つからないときに確認する場所

デジタルカメラとパソコンをUSBケーブルでつないでから、デジタルカメラの電源を入れるとデジタルカメラのモニターにいくつかの選択項目が表示されていました。このデジタルカメラはどうやら、パソコンと接続すると充電モードになるようです。

「転送モード」を選択するとパソコンのタスクバーの辺りに一瞬だけ黒い吹き出し(トーストといいます)が出て、あとは何も反応がありません。

Windows10のパソコンでタスクバー辺りに表示されるようになった黒い吹き出し「トースト」については別記事にまとめてあります。
参考 Windows10の「自動再生」とは?自動再生が表示されなくなったら

何も設定を変更していなければ、パソコンと接続して取り込んだデジタルカメラの写真は「ピクチャ」に保存されるようになっています。

スタートボタン横にある「エクスプローラー(黄色いフォルダ―)」をクリック→「ピクチャ」をダブルクリックで開いてみました。デジタルカメラから取り込まれた写真は撮影日を基準に月ごとに取り込まれるようになっているようです。

最近撮影し取り込んだ写真ということなので月ごとのフォルダーを探してみましたが、見つかりません。

画面の左側を見てみると「OneDrive」というのが見えます。気になります。開いてみます。あ、あった…。どうやら、このデジタルカメラから取り込んだ写真はOneDriveに入るようになっているみたいです。

Windows10の自動再生の設定を確認するには

そこで、このデジタルカメラの自動再生の設定を確認してみます。

デジタルカメラの自動再生の設定を確認するには、スタートボタンをクリック→「設定」をクリック→「デバイス」をクリックします。

デバイスの画面で左側から「自動再生」をクリック→デジタルカメラの商品名が表示されているところを確認すると、やはり「OneDrive」になっていました。

OneDriveでも問題ないのですが、OneDriveはインターネットに接続していないと中身を見ることができません。

また、OneDriveはMicrosoftアカウントを持っている人なら5GBという容量を無料で使うことができるのですが、写真というのはファイルサイズが大きいため、すぐに容量がいっぱいになってしまいます。

OneDriveの使い方を初心者にも分かってもらえるように書いてみた
OneDriveというサービスを使っている人ってどれくらいいるのでしょうか。基本的な使い方等も含めて書いています。

パソコンのHDD(ハードディスク)の残り容量を確認してみると相当残っていたので、デジタルカメラの写真はパソコンのピクチャに取り込むように設定を変更します。

Windows10の自動再生の設定を変更して、Windows10のアプリ「フォト」でデジタルカメラの写真を取り込むようにするには

デジタルカメラとパソコンをUSBケーブルで接続し、Windows10のアプリ「フォト」を使って写真を取り込めるようにするには、先ほど確認したデジタルカメラの自動再生の設定を「写真とビデオのインポート(フォト)」に変更し、デバイスの画面を閉じます。

念のため、パソコンを再起動させます。

パソコンが起動したら、デジタルカメラとパソコンをUSBケーブルで接続し、デジタルカメラの電源を入れ、転送モードに切り替えてみると、Windows10の「フォト」というアプリが起動してきて、取り込み設定ができるようになりました。

Windows10の「フォト」を使った写真の取り込み方法は別記事にまとめました。
SDカードの写真をWindows10の「フォト」を使ってパソコンに取り込む方法
デジタルカメラとパソコンを接続するたびに取り込み方を変えたい場合は、自動再生の設定を「毎回動作を確認する」にしましょう。

デジタルカメラとパソコンをUSBケーブルで接続し、写真をパソコンに取り込む設定は自動再生で確認できる

デジタルカメラとパソコンをUSBケーブルで接続したとき、どう写真を取り込むかは自動再生の欄で選択できるだけ、そのパソコンには方法があります。

今回、ご相談いただいたパソコンにはWindows10のフォト、OneDrive以外にもパソコンメーカーが独自にインストールしているソフト(富士通のマイフォトなど)などもありました。

富士通の「マイフォト」を使って写真を取り込むと「ピクチャ」内の「マイフォト」フォルダ―に取り込まれるようになっています。

そういえば、この前姪っ子が家に来てパソコン触るまではこんな感じやった。姪っ子がなんかしたんやろか…。

うーん、何とも言えないけど設定変えたから大丈夫やと思うよ

と言いつつ、OneDriveの設定が気になったので、OneDriveを起動し設定を確認しておくことにしました。

OneDriveの自動保存設定をオフにするには

OneDriveの「カメラ、電話などのデバイスをPCに接続するたびに写真とビデオをOneDriveに自動保存」の設定がオンにすると、Windows10のデバイスの自動再生が「写真とビデオのインポート(OneDrive)」に設定変更されます。

OneDriveの「カメラ、電話などのデバイスをPCに接続するたびに写真とビデオをOneDriveに自動保存」の設定をオフにするには、タスクバーに常駐しているOneDrive(雲のようなアイコン)を右クリック→「設定」をクリック
「バックアップ」タブをクリック→写真と動画の「カメラ、電話などのデバイスをPCに接続するたびに写真とビデオをOneDriveに自動保存」のチェックを外し、OKボタンをクリック
OneDriveの「カメラ、電話などのデバイスをPCに接続するたびに写真とビデオをOneDriveに自動保存」の設定がオフにするには
スポンサーリンク

デジタルカメラから取り込んだはずの写真が見つからなかったのは、OneDriveに自動保存されていたから

デジタルカメラから取り込んだはずの写真が見つからなくなったのは、OneDriveに自動保存される設定になっていたからでした。

Windows10より前、OneDriveが登場する前からパソコンを使っている人からすれば、デジタルカメラの写真=ピクチャに取り込まれるのが基本動作だったので、OneDriveのフォルダーを確認するところまでには至らなかったようです。

お話しによれば、以前はWindows10のフォトを使ってデジタルカメラの写真を取り込まれていたようですので、何らかの原因でこの自動再生の設定が変更されたのかもしれません。

デジタルカメラとパソコンをUSBケーブルで接続し、写真を取り込む動作がいつもと違っていたら、スタートボタンをクリック→設定をクリック→デバイスをクリックして、自動再生の設定を確認してみてください。

写真といえば、最近はデジタルカメラを使う人よりスマホを使う人のほうが多くなりましたね。スマホの写真もパソコンに取り込む方法がいくつかありますのであわせてリンクしておきます。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者とパソコントラブル
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました