【Microsoft Edge】ページを開いたら真っ白で何も表示されない

スポンサーリンク
高齢者とインターネット
この記事は約6分で読めます。

職場のパソコンで出退勤管理のページを開いたところ、真っ白で何も表示されない、どうしたらいいかと電話をもらったので、手が空いたところで見に行くと、確かにページを開いても真っ白で何も表示されませんでした。

話を聞いたところ、いつもはタスクバーにある「e」のアイコン(Internet Explorer)をクリックするとそのページが開くようにしてあったのに、「e」のアイコンをクリックすると、もうひとつのブラウザである「Microsoft Edge」が起動してきて、真っ白で何も表示されなくなってしまったとのこと。

スポンサーリンク

いつものようにInternet Explorerのアイコンをクリックしたら、いつも見ることができていたページが真っ白で何も表示されなくなってしまった

Internet Explorerのアイコンをクリックすると、Microsoft Edgeが起動するようになっていた

この現象は、既定のブラウザーがMicrosoft Edgeに変更されたため、Internet Explorerのアイコンをクリックしたのに、Internet ExplorerではなくMicrosoft Edgeが開くようになっていることと、この開こうとしている出退勤管理のページがMicrosoft Edgeに対応していないために何も表示されない真っ白なページが開いてきてしまったと思われます。

開きたいページがMicrosoft Edgeに対応していないため、真っ白で何も表示されなくなってしまった

まず、開こうとしている出退勤管理のページはInternet Explorerで開いていたということなので、Microsoft Edgeの右上にある「…(設定)」をクリック→「Internet Explorerモードで再読み込みする」をクリックして、ページが表示できるかを試してみます。

が、やはり開くことができません。

このことから、開こうとしている出退勤管理のページはMicrosoft Edgeに対応できていないことが分かります。こうなると、こちら側(ページを利用している側)からは何もできません。

仕方がないので、Internet Explorerのアイコンをクリックしたら、Microsoft EdgeではなくInternet Explorerが起動するように設定を変更してみます。

既定のブラウザーをMicrosoft EdgeからInternet Explorerに変更する

Microsoft Edgeの「設定」を開き、「既定のブラウザー」の設定を確認してみると「既定のブラウザー」の欄に「Microsoft Edge は既定のブラウザーです」とありました。

これは、ホームページを見るためのソフトである「ブラウザソフト」がMicrosoft Edgeに固定されているということを表しています。Microsoft Edgeが既定のブラウザーになっているため、Internet Explorerを起動しようとクリックしたにも関わらず、Microsoft社が推奨するブラウザであるMicrosoft Edgeが起動するようになったんですね。

そこで、Microsoft Edgeの「既定のブラウザー」の設定を、Internet Explorerに変更してこの出退勤管理のページがInternet Explorerで開くように変えたいのですが、Microsoft Edgeの設定画面では、別のブラウザソフトを規定のブラウザーにすることができません。

既定のブラウザーをMicrosoft EdgeからInternet Explorerに変更するには、まず、スタートボタンをクリック→「設定(歯車)」をクリックし、Windowsの設定画面を開きます。

Windowsの設定画面で「アプリ」をクリックします。

画面左側にある「既定のアプリ」をクリックし、画面右側から「Web ブラウザー」を探します。ここが「Microsoft Edge」になっているため、Internet Explorerのアイコンをクリックしても、Internet Explorerが起動せずにMicrosoft Edgeが起動するようになったんです。

このWeb ブラウザーの「Microsoft Edge」をクリックすると、

お使いのパソコンに入っているブラウザソフトが一覧で表示されますので、Internet Explorerをクリックし、既定のブラウザーをInternet Explorerに戻しましょう。

Windowsの設定画面を閉じ、タスクバーにあるInternet Explorerのアイコンをクリックしてみると、Microsoft EdgeではなくInternet Explorerが起動し、出退勤管理ページを表示することができました。

Internet Explorerでは開くことができないページだけMicrosoft Edgeで開くようにしておこう

今回は、Internet Explorerでしか開くことができない(Microsoft Edgeに対応していない)ページを開くために、あと、Internet ExplorerのアイコンをクリックしたらMicrosoft EdgeではなくInternet Explorerが開くようにするために、既定のブラウザーをMicrosoft EdgeからInternet Explorerに変更しました。

しかし、今後、Internet Explorerのサポートが終了するので、ホームページがどんどんMicrosoft Edgeでしか開くことができない、つまり、Internet Explorerでは表示できなくなっていきます。

そこで、Internet Explorerでは表示できなくなったページだけをMicrosoft Edgeで開くように設定しておくと、ページが表示されなかったり表示が崩れてしまったりすることは避けられると思います。

Internet Explorerでは表示できなくなったページを開いたときに自動的にMicrosoft Edgeが起動するように設定するには、Microsoft Edgeを起動し、画面右上の「…(設定)」をクリック→「設定」をクリックし、Microsoft Edgeの設定画面を開きます。

次に、左側にある「既定のブラウザー」をクリックし、右側にある「Internet Explorerの互換性」にある「Internet ExplorerにMicrosoft Edgeでサイトを開かせる」にある▼をクリック→「互換性のないサイトのみ」をクリックすると、Internet Explorerで開くことができなくなったページをMicrosoft Edgeで開いてくれるようになります。

今回は、利用しているページ(出退勤管理のページ)が、Microsoft Edgeには対応していなかったため、ページを開いたにも関わらず何も表示されない、真っ白なページが開いてしまいました。

このように普段利用しているホームページが真っ白で何も表示されなかったり、表示が崩れてしまったりした場合は、Microsoft Edgeの「Internet Explorerモード」を試してみてください。

大体のページはこの「Internet Explorerモード」で開くことができるのですが、今回のように一部のページはまだMicrosoft Edgeに対応していない場合があるので、その時はこのページでお伝えした、既定のブラウザを変更し、それで表示されるかを試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました