Microsoft Edgeが使いにくい!と言われる理由について考えてみた

高齢者とインターネット
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

先生、これ使いにくいわー

インターネットの授業中、画面を見ながらこうお話されたのはMicrosoft Edgeで授業を受けていた方。この方、Windows10のパソコンに買い替えられたのですが、今まで使っていたInternet Explorerがないから仕方なく使っているとおっしゃいます。

Internet ExplorerはWindows10でも使用できますが、2022年6月16日をもってサポートが終了しますので、Microsoft Edgeへの移行をお勧めしています。

今までずっとInternet Explorerを使い続けてきたわけですから、操作に慣れないという点は否めないけれど、確かに操作しづらい印象を持たれることが多い、Microsoft Edge。

なぜ、Microsoft Edgeは使いづらい印象を与えてしまうのかについて少し考えたことをまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

Microsoft Edgeは使いづらい?使いづらさを感じる理由について考えてみた

Microsoft EdgeとはInternet Explorerの後継ソフト。Windows10からは標準ブラウザとして採用された

インターネットを使ってホームページを閲覧するためのソフトのことを「ブラウザ」といいますが、Microsoft Edgeはブラウザソフトのひとつで、Internet Explorerの後継と言われています。

Internet Explorerに比べてMicrosoft Edgeは以下の点で優れていると言われています。

  • ホームページを読み込む速度が速くなった
  • セキュリティ機能が向上
  • 拡張性が高い
  • ボタンが大きくなったので操作しやすくなった

今まで使っていたメニューやボタンが無くなった

Internet Explorerと見た目や操作感を比べてみると、Microsoft Edgeはシンプルなつくりになったため、メニューやボタン、右クリックで表示させるショートカットメニューなど、使用される言葉の一部が違う言葉遣いになっているのも使いづらさを感じる原因かもしれません。

「ここにあったものがなくなった」と質問されることが多いのですが、無くなったのではなく表示されていないだけだったりします。

ホームページが真っ白!表示が崩れたり開かなかったりする

最近は少なくなりましたが、今まで見られていたホームページが真っ白で表示できなくて驚く方もおられます。これは、ホームページ自体がMicrosoft Edgeでの表示に対応できていないのが原因、こればかりはホームページがMicrosoft Edgeに対応してくれないと解決できません。

Microsoft Edgeには、Microsoft Edgeでの表示に対応していないホームページを表示するために「Internet Explorerモードで開く」という操作があります。
関連記事 【Microsoft Edge】ページを開いたら真っ白で何も表示されない

Microsoft Edgeの「お気に入り」が使いづらい

Internet Explorerでよく見るホームページを登録しておくことができる「お気に入り」は、Microsoft Edgeでも使用できるのですが、Microsoft Edgeのお気に入りが使いづらいという声をよく聞きます。

Internet Explorerでお気に入りを開く操作とMicrosoft Edgeでお気に入りを開く操作、ボタンの位置は似ていますが、見た目が少し違いますね。

Internet Explorerでお気に入りを開く

Microsoft Edgeでお気に入りを開く

あとは、Microsoft Edgeのお気に入りをクリックしても、登録したはずのお気に入りがないというのが多いですが、Microsoft EdgeとInternet Explorerは別のソフトなので、Internet Explorerのお気に入りをMicrosoft Edgeのお気に入りに移行させれば、Microsoft Edgeでも登録したお気に入りのページを見ることができます。

Internet Explorerの基本的な操作は、Microsoft Edgeだとどうすればいいのかを別の記事にまとめました。Internet Explorerの操作、Microsoft Edgeだとどうするの?それぞれの操作についてまとめてみた
スポンサーリンク

Microsoft Edgeが使いにくい!と言われる理由について考えてみた

Microsoft Edgeそのものが初めてのブラウザソフトであるという人にはあまり使いづらいという印象はないようですが、それまで長年に渡ってホームページを見るためのソフトとして使われていたInternet Explorerを使ってきた人からすると、そのシンプルな画面構成と、メニューの名称が変わってしまった点などから使いづらい印象を与えているように思います。

Microsoft Edge単体としてはホームページを開く速度(ホームページを制作している言語を解釈し、表示する速度)は若干早くなっているように思いますが、それを気にする人はそこまでいらっしゃらないかもしれません。

でも、Internet ExplorerではできたのにMicrosoft Edgeではできないことがあるのも事実なので、現時点ではMicrosoft Edgeを基本的には使うようにして問題があったり、使いづらいと思ったところで「Internet Explorerで開く」ようにするのが現実的かな、と思ったりもします。

わたし個人は、Google Chromeというブラウザをよく使っているので、どちらも使いづらいよ、という方は別のブラウザを使ってみる、というのも選択肢に入ってくるのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました