インターネット回線およびプロバイダの変更は慎重に。

freeGraphicToday / Pixabay

パソコン相談をしていると、

「スピードが速くなる」「料金が安くなる」という勧誘電話を受けて、インターネット回線やプロバイダを変更したけれど、思ったより早くもならないし安くもならない!

という話をよく耳にします。そういうわが家にもこの手の勧誘電話がかかってきたり訪問を受けたりすることがあります。

インターネット回線やプロバイダにかかる費用を少しでも抑えたいと思うのは誰しもが一緒かもしれませんが、中にはトラブルに発展することも多くありますので気を付けてほしいということを書いてみようかと。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

インターネット回線の使用料やプロバイダ料金などについて知ることがまず大事

まず、インターネット回線の使用料やプロバイダ料金についてどこまでご存知でしょうか。

最近多いのがとりまとめというのでしょうか。インターネット回線やプロバイダに支払う料金に電話代や電気代なんかも合わせればお安くしますよ、割引しますよという話を聞いた人は少なくないと思います。

確かに、複数の支払いをひとつにまとめられておまけに割引も受けられる、と聞けば話を聞いてもいいかと思うでしょう。

でも、気を付けてほしいのはそういった類の話を電話だけで済ませてしまうこと。

実際、お安くなることも多いし、速度が速くなることもあります。が、中にはお安くなることもなく、速度も変わらないという話も聞きます。

一概にお得!とは言えないのかもしれません。

これは携帯電話料金も同じですよね。いくつもプランがある中から自分に合ったプランを選ぶことって意外と難しいものです。

窓口の人の話は、全部の人がそうとは限らないですが、専門用語がやたらと出てきます。聞いているうちに「どうでもいい」と思ってしまうという声を高齢者から聞くことがあります。

勧誘電話をきっかけに契約を変更してしまったという相談が多い

そういえば、こんなこともありました。自宅に勧誘電話がかかってきて、ずいぶんとお安くなる話をされた高齢者が、家族に相談もせずに契約をしてしまったのです。

大手の代理店を名乗る勧誘電話

勧誘電話の相手は、大手の代理店だということははっきり言うのに会社名は言わなかったそうです。契約書を見せてもらったらなんと九州のある県の住所が書かれていました。

どこから電話番号が漏れたのか分かりませんが、光回線が登場し始めたころからこの手の勧誘電話が急増しているという話を聞きました。

インターネット回線とプロバイダが同じ会社の場合は特に注意!

さて、その方が以前利用していたのは、CATV、つまりケーブルテレビの回線でインターネットに接続し、ケーブルテレビ局がやっているプロバイダと契約していたのです。

ところが、その契約を解約したことで、まとめ払いになっていたものが解除されてしまい、おまけに家族が普段使いしていたメールアドレスも使用できなくなってしまいました。

プロバイダを解約したらプロバイダのメールアドレスは使えなくなる

そのメールアドレス、家族がいろいろなサービスを利用するのに使っていたものでした。新しいメールアドレスで登録しなおせばいいんじゃない?という人がいますが、サービスを利用するためのメールアドレスの変更というのは、もともとあったメールアドレスが受信可能じゃないと変更できないこともあるようで。

契約を解約してしまうと、メールアドレスは数週間後には使用できなくなります。あ、そういえば、この方、勧誘電話の人が「メールアドレスは変わらないと言った!」と激怒していました。

通常、プロバイダを解約したら使用していたメールアドレスは遅かれ早かれ使用できなくなります。本当にメールアドレスは変わらないと言ったのかもしれないし、もしかしたら聞き間違えてしまったのかもしれないのですが、もともと使っていたメールアドレスはプロバイダを解約すれば使用できなくなるものです。

インターネット回線の速度はそう簡単に速くはならない

インターネットの速度というのは、環境に大きく左右されます。たとえば住宅の建築様式や周囲の環境なんかにも左右されます。よく速度を数値で表していますが、ベストエフォートという言葉を見かけることはありませんか?

ベストエフォートという言葉の意味、ご存知ですか

この「ベストエフォート」という言葉の意味、ご存知でしょうか。これはそこに書かれた速度を表す数値が出せるように「最大限努力する」という意味なのです。

つまり、その速度を出すよと宣言しているのではなく、あくまでもその速度を目指して最大限努力する、という意味でしかないのです。

複数の人が同時に使用すればインターネット回線速度が低下するのは想像できると思います。ということは、夜間など利用者が多い時間帯は通信速度が低下してしまうということがあるのです。

インターネット回線やプロバイダの契約変更は慎重に、のまとめ

いろいろ書いてしまいましたが、勧誘電話も含め、一人で判断せずいろいろなサービスを比較してからの契約でも遅くはありません。たまに聞く話ですが「キャンペーン中です!今だけです!」みたいな話をすることもあるみたいです。

くれぐれも、インターネット回線やプロバイダの契約については慎重に行うようにしてください。特にプロバイダの契約変更は使用していたメールアドレスが利用できなくなるということも念頭に置いて。

わけの分からない話であれば、とりあえず「今のままで問題はないから必要ないです」と言って電話を切ってから、家族や身近な人に相談するようにしてくださいね。

パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします