インターネットの速度が遅い?ネット回線が遅いと感じたときの対処法

スポンサーリンク
高齢者とインターネット
この記事は約6分で読めます。

以前、お孫さんから「ウチのネット(回線速度)が遅い!」と言われたと相談されたときのお話を書いたのですが、また別の方から「息子がネット(回線速度)が遅いって言うんだけれどどうすればいい?」と相談がありました。

スポンサーリンク

インターネットの速度が遅い、思ったより速度が出ないと思ったら

インターネットとパソコンなどの端末をどう接続している?

インターネットに接続するには、インターネットに接続するための機器、モデムが必要になるわけですが、LANケーブルでモデムとパソコンを接続しているのと、モデムとパソコンの間にWi-Fiルーターを入れて、家中どこにいてもインターネットに接続できるという、大きく分けてふたつの方法があります。

今回、ご相談されたのはWi-Fiルーターを使って家中どこにいてもインターネットに接続しているというご家庭で、2階にモデムとWi-Fiルーターがあります。普段は、ご自身のお部屋でインターネットを使っているとのことですが、1階の居間で使用していてもそれほど速度が遅いと感じたことはないそうです。

インターネット回線のスピードを測るには

どの程度の速度が出ているのか、インターネット回線スピードテスト・通信速度測定 | USEN GATE 02というページで測定してみましたが、契約回線の種類から見るとそこまで速度が遅いとはいえない状況でした。

ちなみに、インターネット回線の契約によって速度は変わってくるのですが、示されている速度が絶対に出るというわけではないんです。契約している回線の説明に「ベストエフォート」と書かれていることがあります。

ベストエフォートとは、最良の条件下なら達成できるが、達成できないとしても最大限、努力してそのスピードを目指すという意味。つまり、条件が揃わなければその速度は出ないということなんです。

もし、契約している回線がベストエフォート型の場合、契約している回線の速度より遅くなる可能性があります。

インターネット回線の「上り」と「下り」とは

ところで、インターネット回線の契約を見ると、「上り」や「下り」という表現があります。

インターネット回線でいうところの「上り」とは、メールの送信やSNSなどへの画像・文章投稿など、こちらからインターネット上にデータを送ることをいいます。

インターネット回線でいうところの「下り」とは、メールの受信やホームページや動画を見たり、ファイルのダウンロードなど、インターネット上からデータを取り込むことをいいます。

わたしたちはインターネット回線を利用して「上り」と「下り」、どちらをよく利用しているかというと「下り」になります。つまり、インターネット回線の契約で見るべき要素のひとつがこの「下り」のスピードになります。

スポンサーリンク

インターネットの速度が遅くなる原因はいろいろある

インターネット回線が遅い原因にはさまざまなものがあります。今まで書いてきた契約回線によるものもありますが、

  • インターネット回線と端末をどのように接続しているか
  • インターネットに接続している端末(パソコンやスマホ、タブレット)が古いものではないか
  • 使用している機器が最新の状態(最新の機器という意味ではなく、更新プログラムの適用やファームウェアが最新かという意味)か
  • 速度が遅いと感じるのは一日中なのか、それとも日中の一部の時間帯なのか

などがあります。

家庭内の端末すべてで速度が遅いと感じる?それとも一部の端末だけ遅く感じる?

たとえば、パソコンは古いけれどスマホは新しい機種だという場合、パソコンでは回線速度が遅いように感じるけれど、スマホは回線速度が遅く感じないということもあります。

ご家庭内でインターネット回線に接続しているすべての端末で速度が遅いと感じるのか、一部の端末で速度が遅いと感じるのか、一部の端末が使い始めてから結構時間が経っているのであれば、速度が遅く感じるのはそのせいかもしれません。

Wi-Fiルーター・モデムの電源を入れ直す、端末を再起動して改善するか

Wi-Fiルーターを使って家中どこにいてもインターネットに接続できる環境でインターネット回線の速度が遅いと感じたら、まずはWi-Fiルーターの電源を切り、モデムがあればモデムの電源を落としてしばらく置いてから、モデムの電源を入れ、モデムの接続が確認できたらWi-Fiルーターの電源を入れてみましょう。

Wi-Fiルーターのファームウェアに更新ファイルがないかをチェック

Wi-Fiルーター・モデムの電源を入れ直してみても改善しないのであれば、Wi-Fiルーターのファームウェアに更新がないかを確認します。

Wi-FiルーターのファームウェアとはWi-Fiルーター本体の制御を行う為に組み込まれているソフトウェアのことで、定期的に更新することで安全に利用することができます。

Wi-Fiルーターのファームウェアを更新するには時間がかかります。その間、インターネットには接続できなくなるので、余裕のある時に行うようにしましょう。

一日中回線が遅く感じる?それともどこかの時間帯だけ遅く感じる?

利用する人が多い時間帯に速度が低下することもあります。同じ通信回線を契約している人たちが多く利用する時間は速度が遅いと感じることがあります。ただし、一日中、どの時間帯でも速度が遅いと感じるなら、回線契約の見直してみるといいかもしれません。

家庭内にどう回線が引き込まれているかにもよる

一軒家ではなくマンションなどの場合、インターネット回線がどのように家庭内に引き込まれているかによっても速度に違いが出てきます。また、Wi-Fiルーターの設置場所を変えてみると受信環境が改善する場合もあります。

スポンサーリンク

インターネット回線が遅いと感じたら、パソコンなどの端末を最新の状態にしたうえで、Wi-Fiルーター・モデムの電源を入れ直したり、Wi-Fiルーターのファームウェアが最新の状態になっているかを確認してみましょう。

それでも改善しない場合は、インターネット回線の契約をしている会社に相談してみるといいかもしれません。ただし、問い合わせをすると回線契約の変更を勧められることがありますが、ベストエフォート型の回線の場合、契約した回線速度は出ないことが多いのに支払う料金が高くなることがありますので、即座に返答せず、ご家族と相談するようにしましょう。

今回の場合、ご自宅に訪問させていただき、Wi-Fiルーターのファームウェアを更新したところ、少しではありますが、速度が改善されました。

パソコンを見せていただいたところ、常駐させる必要がないソフトがあったので解除して起動時の負担を軽くし、ブラウザのキャッシュなども削除したところ、少しは動きがよくなったようです。

ただ、Wi-Fiルーターが少し古いタイプだったので、息子さんと相談して買い替えも検討していただくようにお伝えしました。

タイトルとURLをコピーしました