「インターネット料金が安くなります」という勧誘電話にはご注意を。

家に電話がかかってきて、インターネット料金が安くなるって言われて契約変えたんやけどメールが使えんようになったんや」

と…。

この手の勧誘電話、よくかかってきますよね。電話だけじゃなくて家に来ることもありますね。

インターネットに関する費用を抑えたい気持ちは誰もが持つと思うのですが、ちゃんと契約内容を把握しているかというと説明や聞き取りが不十分なこともあって、契約後のトラブルや相談というのはとても多くなってきています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インターネットに接続するにはインターネット回線とプロバイダとの契約が必要

インターネット回線もプロバイダも契約が必要なのはご存知だと思いますが、こういう勧誘電話の場合、プロバイダの変更も必要になることを話しているのかもしれないですが、そこの理解が出来ていない高齢者は非常に多いのです。

あなたのインターネット契約は回線とプロバイダが別になっている?それとも一緒?

電話回線で例えてみると、電話回線を引くと電話番号と回線の契約はひとつですよね。インターネットを使うためにはインターネット回線とは別にプロバイダとの契約が必要です。

実は、プロバイダ自体がインターネット回線会社のものであれば契約はひとつで済みますが、インターネット回線とプロバイダが別の契約になることもあるのです。

インターネット回線を変更しただけのつもりがプロバイダまで変更することになっていた

たとえば、ケーブルテレビ局が提供しているインターネット回線の場合、ケーブルテレビ局がプロバイダでもあるので契約はひとつ。ですが、大手回線の場合はインターネット回線はその会社、プロバイダは選択できるようになっていることがほとんど。

極端な話をするなら、インターネット回線会社を変えても今まで使っていたプロバイダがそのインターネット回線に対応していればプロバイダを変更しなくてもいい。

プロバイダを変更しないのですからメールアドレスもそのまま使うことができるんです。

ところが、上に挙げたケーブルテレビ会社が提供するインターネット回線とプロバイダで契約をしていると、インターネット回線を変更するということは、プロバイダの契約も変更になることのほうが多く、そうなればプロバイダが変わるのですからメールアドレスも変わってしまうということなのです。

このあたりをよく理解せずに「インターネット回線は早い方がいい、安い方がいい」と契約を変更してしまうことがトラブルの原因となるのです。

ご自身がインターネットに接続している契約が「インターネット回線とプロバイダが別」なのか「インターネット回線とプロバイダが一緒」なのかを十分に理解しておくことが必要なのです。

電話で即決しない。一旦電話を切って冷静に考えて

それから、受けた電話で契約を即決しないようにしてください。中には大手企業を名乗り(大手企業名だけを告げ「の代理店」という言葉を小声で言う人がいたらしい)、油断させようとする電話もあるようです。

ある生徒さんが「電話では分からんから家に来て」と言ったら「●●(遠く離れた県でした)だから行けない」と言われたことがあったそうです。

他にも「契約書を送るから送り返して」と言われて、届いた契約書を見たら●●(これまた遠い県でした)ということもあったそうです。

こういう電話を受けてしまっても即決は絶対にしない。家族に相談するからと一旦電話を切ってください。

生徒さんの中に「なんかいろいろ難しい(専門用語らしい)ことをいっぱい言われて訳が分からなくなってつい契約すると言ってしまった」という人もいました。

こういう電話が来たとしても、一旦電話を切って冷静に考えてからどうするかを決めてください。それには、今自分がどんな契約をしているのかを分かっていなければいけないので、インターネット関連の書類はいつでも確認できるところに置いておくようにもしてくださいね。

インターネット回線の速度はそう簡単に速くはならない

インターネットの速度というのは、環境に大きく左右されます。

たとえば住宅の建築様式や周囲の環境なんかにも左右されます。よく速度を数値で表していますが、ベストエフォートという言葉を見かけることはありませんか?

ベストエフォートという言葉の意味、ご存知ですか

この「ベストエフォート」という言葉の意味、ご存知でしょうか。これはそこに書かれた速度を表す数値が出せるように「最大限努力する」という意味なのです。

つまり、その速度を出すよと宣言しているのではなく、あくまでもその速度を目指して最大限努力する、という意味でしかないのです。

複数の人が同時に使用すればインターネット回線速度が低下するのは想像できると思います。ということは、夜間など利用者が多い時間帯は通信速度が低下してしまうということがあるのです。

インターネット回線やプロバイダの契約変更は慎重に、のまとめ

いろいろ書いてしまいましたが、勧誘電話も含め、一人で判断せずいろいろなサービスを比較してからの契約でも遅くはありません。たまに聞く話ですが「キャンペーン中です!今だけです!」みたいな話をすることもあるみたいです。

くれぐれも、インターネット回線やプロバイダの契約については慎重に行うようにしてください。特にプロバイダの契約変更は使用していたメールアドレスが利用できなくなるということも念頭に置いて。

わけの分からない話であれば、とりあえず「今のままで問題はないから必要ないです」と言って電話を切ってから、家族や身近な人に相談するようにしてくださいね。

著者情報
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています