パソコンは意外と汚れている。パソコンをきれいにしたいときは

高齢者とパソコン
この記事は約6分で読めます。

常にパソコンを使っている人も月に数回程度使用している人も、パソコンって意外とホコリがついたり、画面がなんとなく汚れているように見えたり、キーボードのキーの隙間にホコリが溜まっているように見えたりすることがあると思います。

ノートパソコンもそうですが、最近のデスクトップ型(据え置きタイプ)のパソコンは、パソコン本体とディスプレイ(画面)が一体になったものが多くなりましたね。

パソコン本体というのは、パソコンにとって頭脳であり要となる装置。本体の中に水が入ったり、ホコリが溜まってしまったりすると、パソコンが起動しなくなったり発火の原因になったりします。

なので、定期的にパソコンを掃除してもらいたいということで、パソコンの掃除の仕方について書いてみようと思います。

スポンサーリンク

パソコンを定期的にお掃除しよう

パソコンの外側を掃除しよう

時々、パソコンの外側をティッシュペーパーで拭いている人がいますが、パソコンの表面に傷がつきますので、パソコン用のクリーニングクロスなどで拭いてもらった方がいいです。

Amazon.co.jp: エレコム クリーニングクロス 静電気抑制タイプ ブラック KCT-009BKAS: パソコン・周辺機器
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、エレコム クリーニングクロス 静電気抑制タイプ ブラック KCT-009BKASを パソコン・周辺機器ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

据え置きタイプのパソコン(デスクトップ型パソコン)の背面を見てもらうと吸気口がありますね。吸気口にホコリが溜まると熱暴走といって、パソコン内の温度が上がり正常な動作ができなくなることがあります。

掃除機で吸気口を掃除する人がいますが、できれば避けてもらってホコリを吸うのではなく払うようにし、払ったホコリを掃除機で吸うようにしてもらいたいなと思います。

パソコンの画面を掃除しよう

ディスプレイ(画面)のホコリが気になるときは帯電防止効果のあるブラシでホコリを払いましょう。帯電防止効果のあるブラシを使えば、ホコリが再付着しづらくなります。

Amazon.co.jp: エレコム 除電ブラシ ほこりとり クリーニングブラシ ノーマルタイプ ブラック KBR-AM012AS: パソコン・周辺機器
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、エレコム 除電ブラシ ほこりとり クリーニングブラシ ノーマルタイプ ブラック KBR-AM012ASを パソコン・周辺機器ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

ディスプレイのホコリではなく汚れが気になるとき、科学雑巾やモップ、ティッシュペーパーなどは使わないようにしてください。

布を濡らして拭くという人もいますが、パソコンにとって水分は怖いので避けてもらって、できればパソコン用のクリーニングクロスを使ってほしいと思います。

メガネ拭きに使うクリーニングクロスでもいいかもしれません。

パソコンのキーボードを掃除しよう

キーボードは先ほどご紹介したブラシなどを使ってホコリを払いましょう。もし汚れが気になるならパソコン本体用のウェットティッシュも市販されていますので、そちらを使ってもらってもいいかなと思います。

Amazon | エレコム クリーナー ウェットティッシュ 強力タイプ タバコのヤニや手あかもすっきり 60枚入り WC-JU60N | エレコム | パソコン・周辺機器 通販
エレコム クリーナー ウェットティッシュ 強力タイプ タバコのヤニや手あかもすっきり 60枚入り WC-JU60Nがパソコン・周辺機器ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

パソコンを操作しているときにお菓子を食べちゃうという人は、意外と食べかすがキーボードの隙間に入り込んでいることがあります。

キーボードの隙間を掃除するときは、毛が抜けないタイプのブラシや筆タイプのものを使って隙間からごみやホコリを書き出してもらうのもいいと思います。

わたしが使っているのは一眼レフカメラのホコリやごみを吹き飛ばすことができるブロアーを使っています。100均でも手に入ります。

パソコンのキーボード掃除によく使われるエアーダスターですが、ノートパソコンの場合、風で吹き飛ばされたごみやホコリがパソコン本体内に入り込んでしまうことがあるので慣れない人は使用を避けたほうがいいと思います。

パソコンを掃除するときにやってはいけないこと

パソコンを掃除するときにやってはいけないことというのを少し。

パソコンを掃除するときは、必ずパソコンの電源を切ってある状態で行うようにしてください。

パソコンに接続している(ケーブルなどでつながっている)ものをすべて外しておきます。もちろん電源ケーブルも念のため外しておきましょう。

パソコンからケーブルを外して掃除した後、もう一度ケーブルをつなぐときに分からなくなりそうだという人は、あらかじめパソコンに繋がっているケーブルの状態を写真に撮っておくか、ケーブルに目印をつけておくようにしましょう。

生徒さんの中にはケーブルとケーブルの挿し口に、100均で買った小さく丸いシールを貼って色を合わせることで間違いなくケーブルを挿せるように工夫されている人もいます。

ノートパソコンの場合、キーボードの下がパソコンの頭脳であり要である装置が入っていますので、水分やホコリが入り込まないように気を付けて掃除してください。

パソコンを掃除するときについ使ってしまうのがティッシュペーパーですが、ティッシュペーパーは繊維が粗くて硬いので表面を傷つけますので使わないようにしましょう。

それからこれもたまに見かけるのですが、市販されているウェットティッシュを使って画面を拭くのは、ウェットティッシュに含まれているアルコール成分がディスプレイに施されている加工に対して良くありません。

パソコン用のクリーニングクロスやメガネ拭き用のクリーニングクロスで拭いてもきれいにならないときは、パソコンのディスプレイに使える専用のウェットティッシュを使うようにしてください。

Amazon.co.jp: エレコム クリーナー ウェットティッシュ 液晶用 ほこりが付きにくくなる帯電防止効果 110枚入り WC-DP110LN3: パソコン・周辺機器
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、エレコム クリーナー ウェットティッシュ 液晶用 ほこりが付きにくくなる帯電防止効果 110枚入り WC-DP110LN3を パソコン・周辺機器ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

ノートパソコンの場合、分解して清掃しましょうと書いてあるホームページがありますが、メーカーや購入店舗で入っている保証が無効になる場合があります(保証期間中であっても)ので個人的には避けてもらいたいと思います。

分解しなくてはいけないほど汚れを溜めずに、定期的に上に挙げた程度の清掃を行ってもらえればいいかと思います。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者とパソコン
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました