USBメモリからファイルをコピーする方法

スポンサーリンク
高齢者とパソコン
この記事は約4分で読めます。

先日投稿した町内会の役員になってしまった。前任者からUSBメモリでデータをもらったらやってほしいことをまとめてみたの中で、USBメモリからファイルをコピーするという内容を書いたのですが、これについてご質問いただいたので手順をまとめておきます。

スポンサーリンク

USBメモリのファイルをドキュメントにコピーする方法

USBメモリのファイルをコピーする前に、コピーしたい場所を開いておくと操作しやすいと思います。今回は、「ドキュメント」にファイルをコピーしたいと思います。

コピーしたファイルを入れたいところを開いておく

まず初めに、コピーしたいファイルを入れたいところを開いておきます。

今回は、ドキュメントにファイルをコピーしたいので、ドキュメントを開いておきます。

USBメモリをパソコンに差し込み、ファイルをコピーする

ドキュメントを開いたら、次にUSBメモリをパソコンのUSBポートに差し込みます。しばらくするとUSBメモリの中身が見られるウィンドウが別に開いてくると思います。

USBメモリをパソコンのUSBポートに差し込んでも自動的にウィンドウが開かなかった場合は、スタートボタンの右側にある「エクスプローラ」をクリックし、画面左の「PC」をクリックしてUSBメモリのアイコンを探してみてください。

このとき、もしかしたらウィンドウが重なってしまってどちらかのウィンドウが見られない状態になるかもしれません。

ウィンドウが重なって見られないときは、ウィンドウのタイトルバーにマウスポインタを合わせてドラッグするとウィンドウを移動させることができます。

このとき、ウィンドウが画面いっぱいに開いていると、タイトルバーを使った移動ができないので、ウィンドウの右上にある「元に戻す」ボタンをクリックします。

この「元に戻す」ボタンは、画面がいっぱいに開いた状態になる前のウィンドウの大きさに戻す役割を持っています。

「元に戻す」ボタンは画面いっぱいにウィンドウが開いた状態の時だけ表示されます。同じ場所に「最大化」というボタンが表示されていたら、画面いっぱいにウィンドウが開いている状態だということになります。

USBメモリにあるファイルにマウスポインタを合わせてドキュメントのウィンドウまでドラッグする

ドキュメントとUSBメモリのウィンドウが重ならないように表示できたら、USBメモリのファイルをドキュメントにコピーします。

USBメモリの画面の中にある、コピーしたいファイルにマウスポインタを合わせて、ドキュメントまでドラッグします。

うまくドラッグができていれば、「〇〇へコピー」という吹き出しがでます。この「〇〇へコピー」という吹き出しがでたらマウスから指を離します。

USBメモリのファイルを複数選択した状態でコピーするには、複数のファイルを選択する必要があります。複数のファイルを選択する方法は別の記事(【Windows10】複数の写真を選んで一覧印刷する「サムネイル印刷」の方法)に書きました。

これで、USBメモリのファイルをドキュメントにコピーすることができました。

パソコンからUSBメモリにファイルをコピーするのも同じ方法になります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

USBメモリに入っているファイルをパソコンにコピーする方法、まとめ

今回は、USBメモリに入っているファイルをパソコン(ドキュメント)にコピーする方法についてご紹介しました。

ファイルの「コピー」と「移動」の違いは?

ファイルを扱う時に知っておいてもらいたいことのひとつに、「コピー」と「移動」があります。

USBメモリに入っているファイルをドキュメントに保存する流れで説明すると、「コピー」とはUSBメモリにもパソコンにもコピーした時点では同じファイルが存在している状態です。

つまり、コピーした時点では、パソコンとUSBメモリの中に中身が同じファイルが存在しているということになります。

たとえば、USBメモリからドキュメントにコピーしたファイルを修正したり追記したりしたあとに上書き保存をすると、USBメモリのファイルはそのままですが、ドキュメントのファイルは新しい情報が加わったものになるので、USBメモリの中にあるファイルとは異なるものとなります。

次に、「移動」ですが、今回の流れで説明すると、USBメモリに入っているファイルをドキュメントに移動させた場合、USBメモリにはそのファイルは存在しなくなり、ドキュメントにだけそのファイルが存在するようになります。

今回の操作では、USBメモリの中に入っているファイルをドキュメントにドラッグすると「コピー」になりました。

USBメモリからドキュメントにドラッグするだけでは移動することはできないので、移動させたい場合は、キーボードのShiftキーを押しながらドラッグします。

まとめると、USBメモリからパソコンへ、またはパソコンからUSBメモリへファイルをドラッグすれば「コピー」、Shiftキーを押しながらドラッグすれば「移動」になるということです。

パソコンの中にある別のフォルダーにファイルをドラッグすれば「移動」、Ctrlキーを押しながらドラッグすれば「コピー」となります。操作が反対になるので気を付けましょう。

また、今回はドラッグでファイルをコピーしたり移動したりしましたが、ウィンドウの「ホーム」タブの中にある「コピー」ボタンや「切り取り」ボタン(切り取りボタンは移動する操作になります)でも操作できます。

タイトルとURLをコピーしました