Windows10の「自動再生」とは?自動再生が表示されなくなったら

高齢者とパソコン
この記事は約5分で読めます。

Windowsには「自動再生」という機能があり、USBメモリやDVD、デジタルカメラやスマホなどファイルを記憶(保存)できるものをパソコンに入れたり挿したりすると自動的にそれらを読み込み、操作を指示することができます。

スポンサーリンク

Windows10のパソコンに接続したデジタルカメラの自動再生が表示されなくなった

先日、

生徒さん
生徒さん

先生、今までデジカメを(パソコンに)つないだら、ここに黒い吹き出しが出てクリックしたら「どうするか」っていうのが選べるようになってたんやけど、この前から出なくなったんや…

と生徒さんから相談されました。

実際に、パソコンとデジカメをUSBケーブルで接続してみたのですが反応がありません。黒い吹き出し(「トースト」といいます)も表示されません。

デジタルカメラの画面を確認してみよう

こういうときにまず確認するのは、デジタルカメラの画面です。デジタルカメラの中にはスマホと同じように、USBケーブルでパソコンと接続すると充電モードになるものがあるからです。

生徒さんのデジタルカメラは充電モードになるタイプだったので「転送」を選択してみました。ちなみに生徒さんも、デジタルカメラの充電モードを転送に切り替えることはできていました。

それでも黒い吹き出しは表示されませんし、自動再生の画面も表示されません。

そこで、Windowsの「自動再生」の設定を確認してみることにしました。

Windows10の「自動再生」の設定を確認する方法

Windows10で「自動再生」の設定を確認するには、スタートボタンをクリック→「設定」をクリックし、「Windowsの設定」画面で「デバイス」をクリックします。

画面左側から「自動再生」をクリックして確認してみると、「すべてのメディアとデバイスで自動再生を使う」のスライダーがオフになっていました。

「自動再生」の「すべてのメディアとデバイスで自動再生を使う」のスライダーをオンにしたあと、「自動再生の規定の選択」の一覧からデジタルカメラの自動再生の設定を確認してみると「何もしない」になっていました。

ちなみに、自動再生の規定の選択には

  • 写真と動画のインポート(OneDrive)
  • 写真とビデオのインポート(フォト)
  • 何もしない
  • 毎回動作を確認する
  • デバイスを開いてファイルを表示する(エクスプローラー)

などがあります。

上記の、「自動再生の既定の設定」に表示される項目はパソコンにインストールされているソフトやプリンタによって異なります。

自動再生の規定の選択のうち、「毎回動作を確認する」を選択すると画面右下に黒い吹き出しが出るようになります。

自動再生の規定の選択のうち「何もしない」を選択しても、スタートボタン横にある「エクスプローラー(黄色いフォルダ―)」をクリック→「PC」をクリックすれば、パソコンに認識されているものの中身を見ることができます。

デジタルカメラとパソコンを接続して写真を取り込む方法が決まっているなら規定の設定を限定することができる

生徒さん
生徒さん

ところで先生、黒い吹き出しがすぐ消えるんやけど何とかならんか

とおっしゃいます。

毎回、デジタルカメラを接続するたびに自動再生から写真を取り込む方法を選択するのではなく、この方法で取り込むと決まっているならその方法に限定することができますよ

生徒さん
生徒さん

毎回、「フォト」っていうのを使うからそれにしてほしいわ

と言われたので、Windows10に標準でインストールされているアプリ「フォト」を使って写真を取り込む(インポート)ように、自動再生の設定を「写真とビデオのインポート(フォト)」に変更させていただきました。

Windows10の自動再生の設定のうち、写真と動画のインポートを選ばなかった理由は?

「写真と動画のインポート(OneDrive)」を選択すると、デジタルカメラの写真はOneDriveに同期されます。OneDriveはインターネットに接続していないと中身を見ることができないので注意してください。

・Windows10の「フォト」を使ったインポート…パソコン内のピクチャに取り込まれる
・OneDriveへのインポート…インターネットに接続していないと見ることができないところ(パソコンには保存されない)に同期される
参考 デジカメで撮影した写真をパソコンに取り込んだはずが見つからない?!

Windows10の黒い吹き出し(トースト)が表示される時間を長くするには

Windows10から、画面右下に黒い吹き出しが表示されるようになりました。この黒い吹き出しを「トースト」と呼ぶのですが、パソコン教室の生徒さんから「(吹き出しの)表示時間が短すぎる」というクレーム(?)が。

そこで、急遽ではありますが、Windows10の黒い吹き出し、トーストの表示時間を変更する方法をお伝えすることにしました。

スタートボタンをクリック→「設定」をクリック→Windowsの設定画面で「簡単操作」をクリックします。

Windowsのシンプル化とパーソナル設定にある通知を表示する長さをクリックすれば表示する時間を選択することができます(規定値は5秒)。

Windows10の「自動再生」とは?自動再生が表示されなくなったら、のまとめ

デジタルカメラとパソコンをUSBケーブルで接続しても、Windows10の自動再生の画面が表示されないときは、まずデジタルカメラの画面を確認し、充電モードになっていないかを確認しましょう。

デジタルカメラが充電モードになっていないのであれば、Windowsの設定にある自動再生の設定を確認し、すべてのメディアとデバイスで自動再生を使うがオフになっていればオンに切り替えると自動再生の画面が表示されるようになると思います。

Windowsの設定にある自動再生の選択にはいくつかあるので、自分に合ったものを選択し、操作しやすいようにしましょう。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者とパソコン
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました