Windows10の「フォト」が起動しなくなったときの対処法

高齢者とパソコン
この記事は約3分で読めます。

Windows10の写真を管理するためのアプリ「フォト」が突然起動しなくなったというパソコンが持ち込まれました。そのパソコンは、写真ファイルを開くと「フォト」が起動し、写真を見ることができるように設定されていたのですが、いくら待っても写真を見ることができません。

スポンサーリンク

Windows10の「フォト」が起動しなくなったときの対処法

他のソフトで写真を見ることができるか確認する

パソコンに保存されている写真ファイルを開いても「フォト」が起動できないときは、原因を切り分けるため他のソフト(たとえば「ペイント」など)で写真を開くことができるかを確認してみます。

写真ファイルのアイコンにマウスポインタを合わせて右クリック→「プログラムから開く」→「ペイント」をクリックしてみます。

ペイントが起動し、写真を開くことができました。これで写真ファイルが破損している可能性はなくなり、Windows10の「フォト」の不具合だと確認できました。

「フォト」をリセットしてみる

写真ファイルを別のソフトで開くことができたということは写真ファイルが破損しているのではなく、Windows10の「フォト」に不具合が発生していると考えられます。

Windows10の「フォト」をリセットすることでこの不具合が解消されるかを試してみます。

Windows10の「フォト」をリセットするには、スタートボタンをクリック→「設定」をクリックして、Windowsの設定画面を表示し、「アプリ」をクリックします。

次に、アプリと機能画面で、「フォト」をクリック→「詳細オプション」をクリックします。

Windows10の「フォト」の設定画面が開いたら、「リセット」ボタンをクリックします。

「このデバイス上のアプリのデータが、基本設定とサインインの詳細を含めて完全に削除されます。」と表示されるので「リセット」ボタンをクリックします。

しばらくすればリセットが完了します。リセットが完了するとチェックマークが付きます。

もう一度、フォトで開かなくなったファイルをダブルクリックしてみると無事、Windows10の「フォト」が起動し、写真を見ることができるようになりました。

写真ファイルを開くソフト(アプリ)を変更するには「既定のアプリ」を変更する

Windows10で、あるファイルをダブルクリックまたはクリックして開くときに起動するソフトやアプリのことを「既定のアプリ」と呼んでいます。

既定のアプリにはファイルの種類ごとに起動させるソフトやアプリが紐づけられています。通常は、Windows10が推奨しているアプリが設定されているのですが、自分が操作しやすいソフトに変更することもできるようになっています。

たとえば、今回紹介したWindows10の「フォト」を、写真ファイルを開く既定のソフト(アプリ)として設定するには、スタートボタンをクリック→「設定」をクリックしてWindowsの設定画面を開き、「アプリ」をクリックします。

次に、左側のメニューから「既定のアプリ」をクリック→「フォトビューアー」に設定しているソフト(アプリ)名をクリックすると、写真を開くために使用できるソフトやアプリが並びます。

その中から「フォト」をクリックしてもらえれば写真ファイルを開くときの既定のアプリが「フォト」に変更されます。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者とパソコン
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました