【LINE】ふるふるで友だち追加ができないときは

高齢者とスマホ
TeroVesalainen / Pixabay
この記事は約4分で読めます。

パソコン教室に通う生徒さんでもスマホの所有者が増えていき、スマホを持つ人が増えると同時に増えていくのが「LINE」の利用者。というわけで、授業の合間に「LINE」に関する質問が急増しています。

特に多いのが、LINEで友だちを追加する方法についての質問。その中でも「ふるふる」しても友だちに追加されないというのが多いです。

スポンサーリンク

LINEで友だちを追加するなら「ふるふる」より「QRコード」がおすすめ。

LINEが使われ始めた頃、スマホをフリフリすることで友だちが追加できる、その仕草がかわいいからかよく使われていたのが「ふるふる」ですが、スマホの位置情報を使えるようにしていないとスマホをフリフリしても友だちを追加することができません。

LINEで友だちを追加するなら「ふるふる」より「QRコード」を使うほうが確実です。

LINEのQRコードを使って友だち追加する方法

2019年6月現在のiPhone版のLINEアプリで操作を説明していきます。

LINEアプリの「ホーム」の画面で右上にある「+」をタップ→「QRコード」をタップすると「QRコードリーダー(カメラ)」が開きます。

相手にQRコードを緑の枠内に収まるようにすれば自動的に読み取ってくれるので、「追加」をタップすれば友だちに追加できます。

自分のQRコードを表示するには、LINEアプリの「ホーム」の画面で右上にある「+」をタップ→「QRコード」をタップすると「QRコードリーダー(カメラ)」が開いたところで、画面下にある「マイQRコード」をタップします。

LINEに友だちを追加する方法。携帯電話番号やLINE IDで検索することもできるけれど…

LINEに友だちを追加するには、上に紹介した「ふるふる」「QRコード」以外に、携帯電話の番号やLINE IDで検索する方法があります。

遠く離れた家族や友人、知り合いであるなら携帯電話番号で検索するのが一番手っ取り早いのですが、相手が検索されることを許可している必要があります。

さらに、検索する側、される側双方ともスマホのキャリア認証が終わっている状態じゃないとできません。高齢者の中にはスマホのキャリア認証をしていない人が意外と多く、携帯電話番号で検索しても出てこないとよく相談されます。

スマホのキャリア認証は、未成年者保護の観点から必要になっています。
ヘルプセンター LINE Android 年齢認証

別の記事にも書いたのですが、LINEの登録時に携帯電話に登録している人でLINEを使っている人を自動的に追加するように設定してしまうと、知らない相手(実際は知っているけれど、相手が登録しているLINEの名前がニックネームになっているため分からない)がずらっと友だち一覧に並びます。

LINEの「友だち」に追加した覚えのない名前がずらっと並んでいる
「先生、LINE始めたら知らん人がいっぱい並んでるんや・・・。誰にも教えてないのに・・・。個人情報が漏れたんかな・・・」と神妙な顔でパソコン教室の生徒さんから質問されました。 これは、LINEの初期設定を変更していないために起こること...
LINEのプロフィールに登録する名前は実名でないといけないのか?
LINEを始めるときの名前の登録は本名がいいのか、任意のものでいいのか。それは、LINEをやり取りする相手が「あなた」だと認識できるのであればどちららでもいいですが、任意のものが「あなた」だと相手に伝わらないのであれば本名を登録した方がいいでしょう。

生徒さんからLINEを使えるようにしてほしいと言われたときは、友だちを自動追加の設定は行わず、勝手に追加されないように設定を変更するようにしています。

もし、遠方の人を友だちに追加したい、対面で追加し合うことができないという場合は、相手の人にキャリア認証を行ってもらい、携帯電話番号で検索できるようにしてもらうといいでしょう。

それから、もうひとつのLINE IDを検索する方法ですが、個人的にはあまりお勧めはしていません。このLINE IDを取得するにも年齢認証が必要になりました。これも未成年が事件やトラブルに巻き込まれることを防ぐためと言われています。

万が一、LINE IDが流出してしまうと、知らない人から突然メッセージが届いたり勝手に友だちに追加されたりすることがあります。

LINEで知らない人(お友だちじゃない人)からのメッセージを受信しないように設定するには
LINEで友だちになっていない人からのメッセージを受信したくない場合は、設定を変更しておきましょう。

LINE IDを登録しなくてもLINEは使うことができますので、遠く離れた人を友だちに追加することがないのであればLINE IDを登録しないほうがいいと思います。

LINEに友だちを追加する方法はいろいろあるけれど、高齢者にはQRコードでの追加がお勧め

LINEに関する相談で多いのが、LINEを始めたら友だちにいっぱい知らない人が並んでいるのを見て自分の情報が漏えいしたのではないかと不安になる人からなのですが、LINEの友だちを自動追加する設定にしてしまっていることが原因だとお話すると、そんな設定あったか?とおっしゃる人がとても多いです。

LINEはどちらかというと個人対個人のやり取りです。やり取りする相手を限定している人のほうが多いのではないでしょうか。

友だちに追加する、追加されるときはお互いに意図して行えるほうがいいと思いますので、QRコードでの友だち追加を使ってもらえたらなと思います。

お問い合わせ・ご質問はこちらから
投稿に関するお問い合わせやご質問はメールフォームからお願いいたします。
スポンサーリンク
高齢者とスマホ
スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました