LINEに登録したら知らない名前が「友だち」にずらっと並んでいる!?

JESHOOTS / Pixabay

生徒さんから、「先生、LINE始めたら知らん人がいっぱい並んでるんや・・・。誰にも教えてないのに・・・。個人情報が漏れたんかな・・・」と神妙な顔で質問されました。

これは、LINEの初期設定を変更していないために起こることなのですが、今日はLINEを始めたら変更したほうがよい設定項目について書いていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

LINEの「友だち」に知らない名前がずらっと並んだ理由

LINEのお友達にいきなり知らない名前がずらっと並んだ理由は、LINEの初期設定にあります。

LINEの初期設定では、「友だち自動追加」という機能がオンになっています。友だち自動追加がオンになっているとどうなるか。下の2つの条件が揃っている人をLINEの友だちに自動で追加するようになっています。

  • ご自身のスマホのアドレス帳に電話番号を登録している人
  • LINEを利用している人で「友だちへの追加を許可している人」

例えば、AさんのスマホにBさんの携帯電話の番号が登録されていて、BさんはLINEを使っています。Bさんは初期設定のままLINEを使っているとしたら、AさんのLINEに自動的に追加されます。

これはお互いが初期設定で自動追加を承認した状態になっているために起こります。

LINEの友だち追加の流れを確認してみよう

まず、LINEで友だちを登録する方法は

  • 友だち自動追加機能を使う
  • ID検索で探す
  • ふるふるで追加
  • QRコードで追加

友だち自動追加機能は便利ですが、相談いただいた方のように追加しようと思っていない人も追加してしまうことになりますね。

じゃあ、ID検索?ということになるのですが、これもIDが知られてしまうと検索で探されてしまうので、関係ない人と繋がりを持つのはあまりおすすめしません。

ということはふるふるかQRコードでってことになるのですが、ふるふる、うまく動作しないことがあるらしいです。

LINEをどういう目的で使うかにも寄りますが、個人的には「顔見知り」との連絡に使いたいと思うので、わたしはQRコードでしか追加しないようにしています。

これはLINEを交換しようという意図を持って追加しますので、先ほどの相談者のように「知らない人がどんどん追加されてしまう」という不安は解消されるのではないかと思います。

友だち追加の設定を見直そう

先ほどから何度か書いているとおり、初期設定では自動追加の設定が有効になっています。

この自動追加の設定は2つあって、ひとつは、自分のスマホのアドレス帳に登録されている人を自動追加する機能「友だち自動追加」と、あなたの電話番号を知っている人のLINEの友だちに自動追加するのを許可する「友だちへの自動追加を許可」になります。

この設定をご自身の利用範囲を考えてもらって変更してもらえればと思います。

LINEの「設定」→「友だち」→「友だち追加」と「友達への追加を許可」をオンまたはオフ

もうひとつ、IDを検索すれば追加できるようになっている設定も不要であればオフにしておきましょう。

LINEの「設定」→「プライバシー管理」→「IDで友だち追加を許可」をオンまたはオフ

知らない人?と思う理由のもうひとつは相手が付けている名前が原因。友だちの名前は変更できます

あなたのスマホのアドレス帳に登録されている人が自動追加されると、あなたがアドレス帳に登録している名前と同じものが表示されます。

また、あなたが直接ふるふるやQRコードで登録した友だちの名前が本名ではないものになっていることもあります。

例えばスマホのアドレス帳に「あっちゃん」と登録しているならLineの友だちの名前は「あっちゃん」になりますし、ふるふるやQRコードで登録したなら「あっちゃん」と出る可能性もあるし、もしかしたら「あつ」と表示される場合もあります。

前者はあなたが登録した名前になりますし、後者は相手がLINEに登録した際に設定した名前になります。

こういうときは、友だちに追加された名前をあなたが変更することができます。これはあなたのスマホ上のみであって、相手の登録が勝手に変更されることはありません。

相手の表示名をあなたがわかりやすいように変更するには

友だちの中から変更したい人の名前→名前の横の鉛筆マークをタップ→入力しなおして保存

これで、誰だっけ?ということが無くなりますね。

LINEで友だちに追加された人を放置してもいい?

友だちに自動追加されたのは理解できたけれど、このまま放置しておいてもよいのかという疑問が生じますよね。

基本的には放置しておいても問題がないとおもいますが、あまりに件数が多く、目的の人を探すのが大変!ということであれば、非表示という設定ができます。

ちなみにブロックというのは拒否にあたりますし、なんとなく気分がいいものではありませんのであまりブロックはされない方が・・・と思います。

非表示にしても後で復活させることは可能です。

LINEの「設定」→「友だち」→「非表示リスト」
再表示させたい相手の名前の「編集」→「再表示」

LINEの友だちに知らない人が追加された。のまとめ。

今回のご相談の場合は、個人情報が漏れたのではなく、自動追加の設定がオンになっていたから。

LINEをどうやって使うかによって上記の設定が不要な場合もありますが、知り合いとだけやり取りをしたいなら、自動追加の設定はオフにしておきましょう。

また、相手の表示名を分かりやすく変更することができるので、相手がだれか分かったら変更しておくとよいでしょう。

最近では、LINEは連絡手段のひとつとして認知されるようになりました。携帯電話、メール、LINEにSNSと連絡を取ろうとするときの手段は増えてきました。

どれを使うかを決めるのはあくまでもあなた自身です。面倒な話だったり、専門用語だったりハードルが高い部分があると思いますが、そこはしっかりと学んでいただき、連絡手段のツールのひとつとして活用していただければと思います。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする