【LINEの使い方】タイムラインとは?タイムラインは誰に見られてる?公開範囲を見直そう

LINEのタイムラインは意外と見られています 高齢者とスマホ
この記事は約6分で読めます。

LINEには5つの画面がありますね。LINEの友だちや友だち追加をしたLINEアカウントやLINE@、自分が参加しているトークグループが並んでいる「友だち」やトークの履歴画面である「トーク」、あとは「ニュース」と「ウォレット」、そしてもうひとつあるのが「タイムライン」です。

ある日、「この前〇〇のキャンペーンに応募したら、友達から当選した?って声かけられた」「ゲーム頑張ってるね~」と声をかけられ、大変驚いたという話から、なぜ友達はこのことを知っているのかという理由が分からず怖いという話になりました。

では、なぜ友達からこのような声かけがあったのか、理由についてまとめていきます。

スポンサーリンク

LINEのタイムラインに流れるもの、流れてくるもの

たぶん、これですよとお見せしたのがLINEの「タイムライン」の画面。そこにはキャンペーンに応募したとかゲームで何点取ったとか、そんなことが流れていました。

LINEのタイムラインを使っていない人はあまり見ることがない

実は、LINEのタイムラインはあまり使わないという人が多いですが、中には会社や家庭の愚痴をぶちまけている人がいたり、日記のようにいろんなことを書きこんでいる人がいたりします。

LINEのタイムラインが更新されると「タイムライン」のボタンの上に通知(赤い丸)が表示されるんですね。それが気になって見てしまう人もいるかもしれません。

LINEの「タイムライン」とは

LINEのタイムラインとは、基本的には日記のようなものと解釈してもらってもいいかと思います。

日記のようなものというのであれば、あなたが投稿しない限りは何も表示されないはずですよね。ところが、LINEのタイムラインにはあなたが投稿したもの以外にもたくさん流れているのです。

そして、LINEのタイムラインには、相談に来られた方のようにLINEゲームで遊んだ結果までもが流れるようになっているのです。中にはLINE上で行われるキャンペーンに応募したことまでが流れていることもあるのです。

LINEであなたのタイムラインを見ることができるのは、LINEの設定を変更していなければ、あなたとLINE上でつながっているすべての人です。

つまり、LINEの設定を変更していなければLINEでお友だちとしてつながっているすべての人は見ようと思えばあなたのタイムラインを見ることができる、ということ。

もし、仲間内や家族の悪口などを投稿したタイムラインをたまたま仲間や家族が見てしまうこともああるのです。

スポンサーリンク

実はわたしもその悪口を見てしまったうちの一人、息子夫婦が夫婦喧嘩をしたらしく、お嫁さんがLINEのタイムラインに息子の悪口をぶちまけているのをたまたま見てしまったことがありました。

夫婦喧嘩をするのは仕方ないし、喧嘩をすれば相手の悪口を言いたい気持ちもわかるけれど、息子の悪口を言われる、文字にされるのはあまり気分のいいものではありません。

LINEのタイムラインに投稿するときに見られる人を制限(公開範囲)することができる、と教えてあげたほうがいいかもしれませんね…。

LINEのタイムラインに投稿するなら公開範囲を確認・設定しよう

というわけで、LINEのタイムラインに投稿するときに公開範囲を設定する方法を。

LINEのタイムラインに投稿するには、

「タイムライン」をタップ→「+」をタップ

一覧の中から「投稿」をタップします。

投稿画面が表示されました。

LINEのタイムラインへの投稿は何も設定を変更していなければ「友だちまで公開」になっています。この「友だちまで」というのはLINE上で友だちに追加されているすべての人という意味です。

LINEのタイムラインを見てもいい人をリストにして公開範囲を設定することができる

では、LINE上の友だちをリストにして、リストに入れていない人にはタイムラインへの投稿が見られないようにしてみます。

「友だちまで公開」をタップします。

公開設定の「リストを作成」をタップします。

LINE上の友だちが一覧で表示されますので、今から投稿する内容を見せてもいい友だちの前にある〇をタップしチェックを入れていき、最後に右上にある「次へ」をタップします。

投稿を見せる友だちがリストに入っていることを確認し、「新規リスト」に任意の名前を入力して「保存」をタップします。

LINEのタイムラインの投稿を見せてもいい人をリストに入れることができると、先ほどの「公開設定」の欄に先ほど保存したリストが表示されるのでそれをタップし、「閉じる」をタップします。

これで、今からタイムラインに投稿する内容はリストに入れた友だちにだけ見てもらうことができます。

LINEのタイムラインに投稿するときに選択できる「自分のみ」を使えば、自分だけがその投稿を見ることができるので、たとえば日記のような使い方をすることができます。

LINEのタイムラインは友だちごとに公開・非公開に分けられる

LINEのタイムラインに投稿するときに見せたい人にだけ見せる「リストの作り方」については上のとおりなのですが、これだとまだ、ゲームの点数やキャンペーンに応募したというような、勝手に投稿されるものまでは制限できていません。

LINEのタイムラインなんて見る人はいないだろうし、タイムラインに投稿もしないから気にならないよという人であればいいのですが、今回のご相談のように、タイムラインにゲームの点数がどうとかキャンペーンに応募したとか、そういったものをLINE上の友だちに見せたくないなというのであれば、LINEのタイムラインを見られたくない友だちを「非公開リスト」に登録し、友だちのタイムラインに流れないようにすることはできます。

LINEのタイムラインを見せたくない人を非公開リストに追加するには、

「友だち」をタップ→「設定」をタップ

「タイムライン」をタップ

「友だちの公開設定」をタップ

タイムラインの非公開リストを初めて設定するときはすべての友だちが「公開」になっています(ボタンは非公開になっています)。

タイムラインを見せたくない相手の名前の右側にある「非公開」をタップすれば、非公開リストに移動します。

一度非公開リストに移動させても、非公開リストを開き「公開」ボタンをタップすれば公開リストに戻すことができます。

LINEで新しく友だちを追加するたびにタイムラインの公開リストに入らないようにするには

LINEで友だちを追加するたびにこの非公開リストに追加する操作が面倒なら、新しく友だちが追加されても公開リストに入らないように設定しておきましょう。

LINEに友だちが追加されるたびにタイムラインの公開リストに入らないようにするには、

設定→タイムライン→「新しい友だちに自動公開」のスライダーをオフ

LINEのタイムラインは誰に見られている?のまとめ

LINEのタイムラインは、基本的にはあなたとつながりのある、LINE上で友だちになっている人が見ることのできるものです。

ただし、LINEのタイムラインに投稿しようと思って投稿したもの以外にも、ゲームの結果やキャンペーンに応募したよというものであったり、カバー写真やプロフィール写真を変えたりといったようなことまでもが、LINE上の友だちのタイムラインの画面に表示されます。

LINEのタイムラインに投稿するときには

公開範囲を設定しないとLINE上の友だちすべてに読まれる

ということを忘れないように。

もし見られてはまずい友だちがいるなら、投稿範囲を設定することも忘れないようにしましょう。できれば、みてもらってもいい人をリストにしておくといいと思います。

また、LINE上の友だちごとにタイムラインを公開するかしないかという設定もありますので、必要に応じて使い分けてもらえればと思います。

お問い合わせ・ご質問はこちらから
投稿に関するお問い合わせやご質問はメールフォームからお願いいたします。
スポンサーリンク
高齢者とスマホ
スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました