Word2016の文字入力中、変換して確定しても下線が消えない。Enterキーを押すと改行されてしまう

高齢者のためのワード教室
この記事は約4分で読めます。

Word2016で文字を入力しているとき、漢字やカタカナに変換まではうまくいくのだけど、確定しても文字下に下線が出たまま。確定できていないのかと思い、Enterキーをもう一度押すと改行されてしまう、と相談がありました。

スポンサーリンク

Word2016で変換、確定しても下線が消えない。Enterキーを押すと改行されてしまう時に確認すること

他のソフトでも同じ現象が起きるのかを確認してみる

同じMicrosoft OfficeのExcel2016、Windowsのメモ帳を起動させ、同じ現象が起きるかを確認してみましょう。

もし、上のソフトで同じ現象が起きるのであれば、日本語入力ソフト「IME」に何かトラブルが起きたことが考えられますが、今回、上のソフトでは同じ現象が起きませんでした。

ということは、Wordだけでこの現象が起きている可能性が高まりました。が、念のためIME設定も確認してみます。

IMEが「Microsoft IME」以外になっていないかを確認してみる

このIME。パソコンによっては複数のIMEがインストールされていることがあります。稀にですが、別のIMEになっているため変換→確定の流れが変わってしまうことがあります。

Word2016で文字変換後、Enterキーを押すと下線が消えずに改行されてしまうときはOfficeの修復を試してみよう

Microsoft Officeの修復にはクイック修復とオンライン修復の2つがあります。今回は、インターネットに接続している環境だったので、オンライン修復を試してみることにしました。

Word2016のオンライン修復はインターネットに接続されていないと利用できません。

Office2016の修復を行うには

「スタート」ボタンをクリック→「設定」をクリック→Windowsの設定にある「アプリ」をクリック

画面左側にある「アプリと機能」が選択されているのを確認し、検索窓に「office」と入力すると「Microsoft Office Home and Business」が見つかります。
見つかったら「Microsoft Office Home and Business」をクリック。ボタンが2つ表示されますので「変更」ボタンをクリックします。
インストールされているMicrosoft Officeのバージョンによって表示される名称が異なります。また、「アンインストール」をクリックしてしまうとパソコンからWordやExcelなどが削除されてしまいますのでボタンを間違えないようにしてください。

警告音とともに操作を続行してもよいかという確認画面が表示されます。「はい」を選択して進めます。

Officeプログラムをどのように修復しますか?という画面に切り替わるので「オンライン修復」を選択し、「修復」ボタンをクリックします。

あとは、ひたすら待つのみ、です。インターネットの通信環境によっては相当時間がかかります(20分くらいはかかるかもしれません)。

「Officeプログラムをどのように修復しますか?」の選択肢のうち、クイック修復というのがありますが、ここに書かれている通り、インターネットに接続していなくても修復できるとあります。時間がない、インターネットに接続できない環境にいる場合はこちらを試してもらってもいいかもしれません。

Office2016のオンライン修復が完了したので、Word2016を起動して文字入力→変換→確定の操作を試してみました。

変換候補から入力したい文字を選択し確定のためのEnterキーを押すと下線が消え、通常の入力、変換、確定の流れに戻りました。

とりあえず変換確定しても下線が表示されたままでEnterキーを押して確定させようとしても改行されてしまう現象は解消することができました。

ですが、こうなってしまった原因は分かりません。相談者の方が「更新プログラムをインストールしたのが原因かな」と言っていましたが、これも検証のしようがありません。

Windowsの更新プログラムをインストールした後、おかしなことになるのはよくあるので、もしかしたら更新プログラムが原因かもしれませんが…。

スポンサーリンク

Word2016で文字変換後、確定しても文字下の下線が消えない、のまとめ。

ところで、このWord2016で文字変換後Enterキーで確定しても文字下の下線が消えないという現象に対応している間、頭の中で(そういえば昔こんなことがあったな…)と思いながら対応していました。

どのOSだったかは記憶にないのですが、その昔、IMEには「スタンダード」と「ナチュラルインプット」の2つのタイプが存在した時代があったのを帰り道に思い出しました。その「ナチュラルインプット」の挙動によく似ているんですよね、この不思議な状態が…。

ちなみに、このIME。いろんな種類があると書きましたが、種類を確認するためにはIMEの言語バーを使います。ところがこのIME言語バーが表示されなくなったという話をよく聞きます。この「IME」については後日あらためて。

高齢者のためのワード教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました