Excelで数値を入力すると小数点が表示される

今日は二週間ぶりの授業の日。開始前、生徒さんからこんな質問が。「数値を入力すると小数点になるの。なにもしていないのに」と。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

Excel2016で数値を入力すると小数点になる、実際の画面を再現してみる

さっそく、数字の「1」を入力してみました。

セルを確定するまではしっかり「1」です。が、セルを確定させると、「0.01」と表示されてしまいます。

ん?これはおかしいですね…。

Excel2016のセルの書式設定を確認してみる

このセル以外のすべてのセルで同じ現象が起きました。

入力した数値が思ったように表示されない場合は、セルの書式設定が思ったものとは違っている場合があります。そこで、セルの書式設定を確認してみました。

分類は標準で間違いないのですが、サンプルを見てみると入力したはずの「1」ではなく「0.01」と表示されています。

ということはセルの書式設定から表示形式を変更してそうなったとは考えにくいです。

Excelのセルの状態はステータスバーで確認できる

Excelのステータスバーを確認すると、小数点位置の固定と表示されています。

普段はこういうものが表示されることはありません。もしかしたらこの「小数点位置の固定」が関係しているのではないかと思いました。

Excelのオプションから詳細設定を確認してみる

そこでファイル→オプション→詳細設定へと進み、小数点という設定がないかを確認してみると、ありました。

「編集設定」のなかにある「小数点位置の自動的に挿入する」のチェックが入っていました

他に小数点を表すような文言は見つからなかったので、このチェックを外してOKボタンをクリックしてみました。

先ほどの「0.01」を削除して再度「1」と入力してみると「1」と表示されました。

先ほどステータスバーに表示されていた「小数点位置の固定」という表示も消えました。

何らかのタイミングでこの小数点位置の固定という設定がオンになっていたため、「1」と入力しても「0.01」と表示されてしまったというわけでした。

Excel2016で数値を入力すると勝手に小数点になるを解決するには

ファイル→オプション→詳細設定→編集設定→「小数点位置の自動的に挿入する」のチェックが入っていると、入力した数値が勝手に小数点になるようになります。

この機能は、小数点を加えた数値を入力する際、いちいち小数点を入れながらの入力が面倒なときに、小数点位置を固定すれば数値を入力するだけで小数点が入った状態で入力できる、というものらしいです。

小数点の入力が多い人ならこの小数点位置の固定は有効ですが、そうでない場合は困りますよね。

というわけで、Excel2016で数値が勝手に小数点表示になるときの解除法について書いてみました。

パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします




スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする