Word2016で作成してある表をExcel2016にコピーするポイント

高齢者のためのエクセル教室
この記事は約3分で読めます。

Word2016で作成してある表をExcel2016にコピーしたいと相談がありました。コピーして貼り付けるだけじゃないの?と言われそうですが、コピーして貼り付けるときにちょっとしたポイントを押させておくと、かかる手間を減らすことができ、きれいに貼り付けることができます。

スポンサーリンク

Word2016で作成してある表をコピーしてExcel2016に貼り付ける方法とポイント

Word2016上の操作
作成してある表を選択し、「ホーム」タブをクリック→「コピー」ボタンをクリック

Excel上の操作
Wordでコピーした表を貼り付けたいところ(始点となるセル)を選択し、「ホーム」タブをクリック→「貼り付け」ボタン下の▼をクリック→「貼り付け先の書式に合わせる」ボタンをクリック
通常の「貼り付け」ボタンをクリックすると、Wordの書式を維持したままExcelに貼り付けられます。

「貼り付けオプション」の「貼り付け先の書式に合わせる」とは

ExcelとWordで使用している書式は別の書式が初期設定になっています。特に、表のコピー貼り付けとなると罫線の情報だけでも使っている書式が異なっており、コピーした表をそのまま貼り付けてしまうと、元々持っている書式をそのまま使用してしまうため、表以外の書式と違ってしまいます。

表以外の書式と合わせるために書式を解除したりする手間を省くには、「貼り付けオプション」の「貼り付け先の書式に合わせる」を選択します。今回のようにWordで作成した表に設定されている書式を解除し、Excelの書式に合わせることが可能です。

貼り付けオプションが使えないときは、「値のみ」を貼り付ける

Word2016からExcel2016間の表の貼り付けは上の方法でうまくいくのですが、それ以下のバージョンの場合、「貼り付けオプション」がないことがあります。

Excel2016以外のバージョンで貼り付けオプションがない場合は、貼り付けたいセルを選択した状態で右クリック→貼り付けの種類から「値のみ」を選択してください。

スポンサーリンク

Word2016で作成してある表をExcel2016にコピーするポイント

Word2016で作成してあった表をコピーし、Excel2016に貼り付けるときは、通常の貼り付けではなく、「貼り付けオプション」の「貼り付け先の書式に合わせる」を使うと、Wordで設定してあった書式を解除してExcelの書式に合わせて貼り付けられます。

また、逆にExcel2016で作成してある表をWord2016に貼り付ける方法もあります。

これとは別に、Word上でExcelを使った操作(Excelワークシート)ができる方法もあります。

タイトルとURLをコピーしました