Wordで作成した表をExcelに貼り付けるには

高齢者のためのエクセル教室
Pixaline / Pixabay

Wordで作成した表をExcelに移したいと相談がありました。

Wordで作成してある表をコピーしてExcelに貼り付ける方法と、きれいに貼り付けるためのコツをご紹介します。

スポンサーリンク

Wordで作成した表をコピーしてExcelに貼り付ける方法

Wordで作成してある表を選択し「ホーム」タブの中にある「コピー」ボタンをクリックします。

次にExcelを起動し、貼り付けたい位置(のセル)をクリックしてから、「ホーム」タブの中にある「貼り付け」ボタンをクリックします。

Wordで作成した表に設定してある書式を反映せずにデータだけをExcelに貼り付ける方法

Wordで作成した表をExcelに貼り付けることができました。が、見た目がいまひとつですよね。これはWordで表を作った時に設定してあった書式も一緒にExcelに貼り付いてしまうからです。

では、Wordで作成した表に設定してある書式を反映させないでExcelに貼り付けるにはどうすればいいのかというと、Excel2016で利用できる「貼り付けのオプション」を使います。

Wordで表をコピーしてExcelに貼り付けた後、貼り付けたセルのそばに「貼り付けのオプション」が表示されているのを確認してください。

「貼り付けのオプション」にマウスポインタを合わせてクリックするとアイコンが2つ見えると思います。左側のアイコンが「元の書式を保持」、右側のアイコンが「貼り付け先の書式に合わせる」です。

今回の場合、Wordに設定した書式は不要ですので、右側のアイコン「貼り付け先の書式に合わせる」をクリックします。

罫線などの情報も反映されなくはなってしまいますが、Wordの書式は外した状態のデータがExcel上に貼り付いたのが確認できます。

今回はWord2016→Excel2016への表の貼り付け方法をご紹介しましたが、それ以下のバージョンの場合だと「貼り付けオプション」が表示されない、使用できないことがあります。

そんなときは右クリックを使って、貼り付けの種類を「値のみ」にしてもらうと上の結果と同じ効果が得られます。

Wordで作成した表をExcelに貼り付ける方法のまとめ。

今回はWordで作成してある表をコピーし、Excelに貼り付ける方法をご紹介しましたが、逆にExcelで作成した表をWordに貼り付けることもできます。

Excelで作成した表をWordに貼り付ける方法は別の記事にまとめました。

Excelで作成した表をコピーしてWordに貼り付ける方法
Excelで作成した表をWordに貼り付けたいときはExcelでコピーし、Wordに貼り付ければ可能です。 そのまま貼り付けてもいいですが、Wordの「貼り付けオプション」を使うと書式設定を変更する必要がありません。

Word→Excel、Excel→Wordに表をコピーして貼り付ける方法を知っていれば、作成した表を活かすデータの活用ができると思いますので、ぜひ練習してみてくださいね。

お問い合わせ・ご質問はこちらから
投稿に関するお問い合わせやご質問はメールフォームからお願いいたします。
スポンサーリンク
高齢者のためのエクセル教室
スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました